生理が止まる原因!高プロラクチン血症とは?

生理が来なくなる原因の一つに、高プロラクチン血症という病気がある様です。
高プロラクチン血症について、原因と症状、治療方法をまとめました。参考にしてください。

view658

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理が止まる原因の高プロラクチン血症とは?

  • 授乳期間中はプロラクチンの分泌は増します。それは子供の授乳期間は妊娠をさせないという体の判断によるものです。しかし、通常の時でもこのプロラクチンが多く分泌されて、血中濃度があがる場合があります。その状態のことを高プロラクチン血症といいます。
    出典 :高プロラクチン血症ってなあに? [不妊症] All About
  •  

    高プロラクチン血症になると、生理が不順になったり、生理がなくなったりします。不妊症や流産を繰り返す原因にもなります。

  • 高プロラクチン血症の症状とは?

  • 稀初月経(年に数回しか生理が起こらない)、無排卵月経・無月経・無排卵、乳汁が出る 。頭痛・視野が狭くなる視野狭窄・視力異常・・・このような自覚症状がある場合は、脳神経外科を受診しましょう。
    出典 :高プロラクチン血症
  • 高プロラクチン血症の原因とは?

  • (1) 脳腫瘍(プロラクチノーマ) (2) 流産・中絶後
    (3) 薬剤によるもの (4) 原因不明
    出典 :高プロラクチン血症ってなあに? [不妊症] All About
  • 診断方法は?

  • 血液検査でプロラクチンの濃度を測定します。またプロラクチンの濃度がとても高い時には頭のレントゲン写真と、MRIという画像検査を行います。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-高プロラクチン血症
  • 治療方法は?

  • 高プロラクチン血症に対しては脳腫瘍を除くとパーロデル、パロラクチン、テルロンなどの投薬を行うのが普通で、不妊症の方に対してはプロラクチンの値が正常であってもこれらの投薬を行うことにより妊娠する率が高くなることも知られています。
    出典 :高プロラクチン血症とは?
  • 通常一日二回の内服で一週間以上投薬すれば正常値になることが多いと思います。しかし、投薬を中止すると再上昇することもまれではないため、服用を中止したあとでも何度か測定してみた方が良いでしょう。
    出典 :高プロラクチン血症とは?
  • 薬の副作用について

  • 副作用として、吐き気、便秘、嘔吐、ふらつき、血圧下降、眠気などの症状が起こることがあります。数年前より不妊治療の臨床で、カバサールという薬が使用されることが多くなってきました。この薬は消化器症状の副作用がほとんど認められず、薬の服用は一週間に一度でよいのです。
    出典 :高プロラクチン血症|妊娠の基礎知識|こまえクリニック【不妊ルーム】
  • 副作用については、たとえば1錠の4分の1から始めるなど、ゆっくりと増やしていくことで、からだが慣れていくものなのです。
    出典 :【からだの相談室】花王 ロリエ
     

    副作用がつらく勝手に治療をやめてしまったという口コミもありましたが、こういった方法でからだを慣らすというのもある様です。

  • 思い当たる原因がない方はストレスが影響していることも。。

  •  

    ストレスは自律神経のバランスを崩し、あらゆる不調のもととなります。
    なるべくストレスのたまらない生活をしましょう。

  • 身体を温めて精神を安定させる!

  • 身体を温めることは、精神を安定させストレスに強くなるばかりでなく、自律神経も調えます。また、身体を温めることによって血流がよくなりますので、血流にのって運ばれるホルモンンの働きもよくなるといえるでしょう。
    出典 :高プロラクチン血症