野球肩はインナーマッスルを鍛えるべき!その理由とトレーニングまとめ

野球肩で悩んでいるなら、まずは野球肩はインナーマッスルを鍛えることをしてみませんか?
なぜそれがいいの?どういうトレーニングをすればいいの?などをまとめました

view1108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 野球肩とは?

  • 野球肩とは?

  • 肩の回旋運動の際に違和感を感じる、肩の運動を行う際につっぱり感を強く感じる、などの症状を感じる場合は
    ●野球肩 を発症している可能性があります。 野球肩は、同一動作の繰り返しによって、少しずつ肩関節に傷害をもたらす軽視出来ない傷害である点を把握する必要があります
    出典 :野球肩の治療法・治し方
  • 野球肩とは、基本的に慢性的な投球などの動作の繰り返しによって継続的に肩に負担が加わり ●肩の組織に炎症  を発症する障害のことを指します。 野球の投手やアスリートに多いことから「野球肩」と呼ばれております
    出典 :野球肩の治療法・治し方【野球肩とは?】
     

    野球肩は、野球以外でも投げることが多く必要となるスポーツ全般で起こりうる症状なんですね。

  • 野球肩とは、滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、肩甲上神経麻痺による棘下筋萎縮、インピンジメント(impingement)症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)などの投球動作によって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称です
    出典 :野球肩 | ザムスト(ZAMST)
     

    野球以外でも、バレーのアタック、テニスのサーブ、水泳のクロールなどが原因で起こることもあります。

  • 野球肩はインナーマッスルを鍛える方が良い理由

  • インナーマッスルトレーニング

     

    ダルビッシュだってやってます

  • 肩のインナーマッスルと呼ばれる筋肉にはいくつかありますが、その中でも特に重要な筋肉が3つあります。棘下筋、棘上筋、肩甲下筋、の3つです。肩のチューブトレーニングをする場合は、この3種類のトレーニングはすべてした方がいいですねそれぞれが、肩の関節を安定させるのに非常に重要な筋肉となります。
    出典 :3つの重要なインナーマッスル(野球の肩の痛み対策)|野球肘、野球肩の対策とトレーニング・大阪生野区の整骨院
     

    インナーマッスルがしっかり働かないと、肩は不安定になり痛めやすくなってしまうそうです。

  • そして、野球肘や野球肩の予防につながるのが、 投球時に使用する筋肉を鍛える事です。インナーマッスルという言葉は聞いたことあるかと思いますが、 肩や肘にもインナーマッスルというのは当然ながら存在しています。 アウターマッスル(外側の目視できるような筋肉)に比べインナーマッスルは衰えやすいと言われています。
    出典 :野球肘・野球肩を予防・治療するための4つの重要なポイント | JAPABALL~野球理論をもう一度勉強する方法~
     

    鍛えやすい筋肉を鍛え、さらに野球肩に効果があるならやりたいですね。

  • 投げるときに大きな力を発揮する三角筋や上腕二頭筋、上腕三頭筋などと違って、インナーマッスルは非常に小さい筋肉です。これらをトレーニングするときはできるだけ軽い負荷のもので行います。
    出典 :正しくインナーマッスルを鍛える (2/3) | セルフコンディショニングのススメ | 高校野球ドットコム
  • インナーマッスルのトレーニング方法

  • インナーマッスルを鍛えよう

  • 肩甲上腕関節のセルフストレッチングのほかには、トレーナーが肩甲骨を固定した状態でペアストレッチングを行います。肩甲骨を固定することで、肩甲骨と上腕骨の間を走行する筋を効果的にストレッチできます。
    出典 :野球肩 | ザムスト(ZAMST)
     

    ストレッチも重要です。

  • インナーマッスルを鍛えよう!

     

    どうがであれば分かりやすい!

  • インナーマッスルトレーニング方法

     

    実際のある大学の野球部で行われているインナーマッスルのトレーニング方法です

  • 野球肩はまずは、症状が軽いうちに、治療することで重症化が防げます。また、その軽症の家に、インナーマッスルを鍛えることで、将来的にも怪我になりないくいでしょう。