今話題のオギノ式避妊率ってどのくらいなの?

今話題のオギノ式避妊率って、具体的にどれくらいなのか知ってますか?

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オギノ式避妊って何?

  • 良く聞くけど、結局どういう避妊法なの? なんて思っている方も多いのでは。

  • オギノ式とは、荻野久作博士の学説を利用した避妊法です。

    「女性の排卵期は、月経周期の長短や順不順に関係なく、次回の月経の12~16日前の5日間である。」
    出典 :�I�M�m��
     

    よーく読んでみてくださいね。

  • 簡単に言うと「次の生理日の12~16日前は妊娠可能な日である。」です。

    しかしこれだけでは避妊法としては不十分なわけで、次のことをこれにさらにプラスしていきます。

    精子は女性の卵管の中で少なくとも3日間は生きるので、16~19日前も妊娠可能な日です。

    卵子は排卵後24時間生存するので、11日~12日前も妊娠可能な日です。
    出典 :�I�M�m��
     

    あれあれ? 避妊については触れられていませんよね。

  • オギノ式は避妊をするために考案されたのではなく、不妊に悩む人たちの為に研究を積み重ねたもの
    出典 :オギノ式!本当に避妊効果はあるの? - ココロスキップ
     

    実は、もともとオギノ式というのは不妊に悩む人を助けるために生み出されたものなんです。それを踏まえておきましょう。

  • この論文を読んだオーストリア人のヘルマン・クナウスは荻野さんの学説を逆説的にとらえて、こう唱えてしまうのです。


    「この時期に性行為をしなければ妊娠しないんだね(o^。^o)  ありがとう、荻野さん\(≧∀≦\)」
    出典 :オギノ式!本当に避妊効果はあるの? - ココロスキップ
     

    始めに理論を組み立てたのが荻野さんだったので、そこからオギノ式なんて呼ばれるように。不妊の悩みを解決するための方法なので、100%絶対に避妊できる! なんてものではないのです。

  • オギノ式避妊率は?

  • パール指数という考え方があります。
    「1年間にそれぞれの避妊方法を行った100人の女性のうち何人が妊娠するか(避妊を失敗する)」をパーセントで表します。 パール指数が5である避妊法は1年間で100人の女性のうち5人が妊娠するという意味になります。 パール指数が少なければ少ないほど避妊効果があるということ
    出典 :避妊
     

    このパール指数をもとに比較してみましょう。

  • 荻野式は厳密に行えば5%くらいも可能ですが、一般的には25%くらいになってしまいます。
    出典 :避妊
     

    どうしてこんなに数字が変動するのでしょうか?

  • オギノ式は月経予定日から算出されていますので、体調の微妙な変化により、月経の予定日が狂う事も考えられるから
    出典 :オギノ式!本当に避妊効果はあるの? - ココロスキップ
     

    生理の周期は人によって、または体調によって変わります。そのため、完璧にずーっと生理周期が安定している方でもない限り、なかなか正確に妊娠しにくい日を捉えられないのです。

  • 他の方法ではどうなるの?

  • コンドームは正しく使用すればパール指数は3%ですが、途中でつけたり、膣内ではずれたり破けたりすることもあるのでその場合はパール指数は15%くらいになってしまいます。
    出典 :避妊
     

    オギノ式は避妊率75%でしたよね。コンドームの方が避妊率は高いです。

  • 飲み忘れなどがなければ、ピルはほぼ確実に避妊することができます。きちんと内服してパール指数は0.1%といわれます。
    出典 :避妊
     

    ほぼ確実に近い避妊法、ピルをきちんと飲んでいれば99%避妊できるということです。さて、皆さんはオギノ式避妊法だけで安心して避妊できる! と思いますか?