出産後赤ちゃんはどんな検査を受けるの?

出産直後、赤ちゃんはどんな検査を受けるのでしょう?まとめてみました。

  • MUMMY 更新日:2014/05/14

view491

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    赤ちゃんとようやくのご対面!
    赤ちゃんはこれからどんな検査を受けるのでしょう?

  • 入院中の赤ちゃんが受ける検査って?

  • 身長、体重、頭囲などを計測し、医師の診察を受けます。心音や呼吸音の異常はないかを調べたり、おなかの上から手でふれて内臓に異常がないかを調べたり、正常な反射がみられるか、姿勢はどうかなど、全身をチェックし ます。
    出典 :入院中の赤ちゃんが受ける検査など - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    全身の様子をしっかりチェック!

  • 皮膚色、心拍数、刺激に反応、筋緊張、呼吸の5項目を調べるのがアプガースコア。
    出典 :出生直後の計測と処置
  • 赤ちゃんの体温を測ります。
    生まれた直後の赤ちゃんの体温はお尻の穴に肛門計を入れて直腸の温度を測ります。これは直腸や肛門に奇形がないかの観察も兼ねているんです。
    生まれた直後は37~38度と高めですが、すぐに低くなってしまうので保温には気を付けています。
    出典 :出生直後の計測と処置
     

    肛門の奇形有無もきちんとチェックしてもらえる!

  • 生まれつきの難聴や新生児期に発生する聴覚障害は1000 人に1~2人といわれています。聴覚障害は早く発見し、早期に適切な療育指導を始めることで言葉の発達の遅れなども防ぐことが可能です。そのため、「新生児聴覚検査」が行なわれています。出生後すぐ(おおむね3日以内)、赤ちゃんが眠っている間に行なわれる検査です。
    出典 :入院中の赤ちゃんが受ける検査など - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    聴覚に異常がないかのチェックは大事です。

  • 赤ちゃんは生後5~6日ごろに先天性代謝異常と内分泌(ホルモン)の病気に関する検査を受けます。これは、からだの代謝を助ける酵素などの一部に異常がないかどうかを調べるためのもの。かかとからほんの少し採血します。
    これまでの検査ではフェニルケトン尿症など4種類の先天性代謝異常と先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)、先天性副腎過形成症の合計6種類の病気が対象でしたが、平成24年4月からは新しい方法(タンデムマス法)による検査が導入され、発見できる病気の種類は19種類となりました。早期発見して治療を早く開始することで、発症を予防または軽減が期待できます。
    出典 :入院中の赤ちゃんが受ける検査など - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    何事も早期発見は大切ですからね。

  • 黄疸の原因であるビリルビンの量が、生理的黄疸の範囲を超えていないかを、黄疸計で調べます。
    異常な値がでた場合は、採血して詳しく調べます。
    出典 :生後0日目〜産まれたばかりの赤ちゃんの検査と特徴
     

    黄疸にかからない赤ちゃんもいるようです。

  • 母子同室の場合、赤ちゃんは生まれて1日だけ新生児室で過ごし、体調その他に異常がないか、経過観察を受けます。問題がない場合には、2日目からママの病室に移されます。
    出典 :産後は赤ちゃんとこんなふうに過ごします - gooベビー
  •  

    母子ともに健康で退院できるといいですね。

  • その他

  • 母乳は赤ちゃんにとって理想的な栄養ですが、母乳だけの場合、 ビタミンKが不足することがあります。ビタミンKは肝臓で血液凝 固因子がつくられるときに必要なビタミンで、これが少ないと、脳を含めてからだのいろいろなところで出血しやすくなります。出生後、生後1 週間または産科( 産院) 退院時、1か月健診時の計3回、ビタミンK2 シロップを飲ませるようになっています。
    出典 :入院中の赤ちゃんが受ける検査など - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    ビタミンKが必要なんですね。

  • 赤ちゃんは生まれた直後に産声をあげることで肺呼吸をはじめます。その呼吸を助けるために、細い管を鼻や口から入れて気管内の羊水や粘液を吸い出してあげます。羊水や粘液が多く残っていると呼吸のたびにからまるので、ていねいに吸引します。
    出典 :出生直後の計測と処置
     

    初めて空気を吸う瞬間!!

  • お母さんは毎日赤ちゃんの顔色・眼・皮膚・便・体温・体重・乳の飲み方などを良く観察しておき、異常を早く発見できるように努めましょう。
    出典 :生後0日目〜産まれたばかりの赤ちゃんの検査と特徴
     

    よく観察してあげなければなりません。

  • 入院中に、実際の我が子を抱きしめながら色々と疑問は聞いておきましょう。