前期破水の予防と原因。前期に起こる破水は実はとても危険なのです

妊娠中の臨月期にはいると胎児のいる子宮の中には羊水で満たされます。
この羊水はお腹の胎児にとってはまさに命の水といえます。
この羊水がなんらかのトラブルで体外に流れ出てします事を破水といいます。
この破水はごく前期の段階で起こるととても危険な場合が多いようです。
前期破水の予防方法とは?

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 前期に起こる破水はどのような病気なのか?

  • 羊水が流出する時期が早すぎるといろいろと問題が起こってきます。
    分娩が開始する前(陣痛発来前)に破水することを前期破水(premature rupture of the membrane:PROM)といいます。 産婦人科医は「プロム」とよんでます。
    出典 :前期破水|1/2
     

    羊水が体外に流出してします事を破水と呼びますが、これが比較的早い時期に起きてしまうと何かと大きなトラブルにつながるケースが多いので注意です。
    陣痛が始まってしまう前に破水が起きてしまう事を一般的に前期破水と呼びます。
    これを医学的な通称で「プロム」と呼びます。

  • プロムの中でも37週未満に破水してしまうものを特にpreterm PROMといいます。 正期産で破水する場合と早産の時期に破水するのでは管理面で違いが出てくるので区別をしています。
    出典 :前期破水|1/2
     

    前期破水とよくに呼び名で間違えやすいものに早期破水があります。
    この早期破水とは、陣痛後に子宮が開き切る前に破水してしまい状況を指します。
    あくまで陣痛後の事なので、陣痛前に破水する前期破水とは別物です。

  • 陣痛がまだ起こっていない段階で卵膜(らんまく)が破れ、羊水が子宮外に流れ出ることを前期破水といいます。 破水は普通は分娩の途中で起こることが多いのですが、正期産(妊娠37週〜41週末まで)の場合でも陣痛が始まる前に破水してしまうことが約30%の例でみられます。したがって前期破水自体はそれほど病的なこととはいえません。
    出典 :前期破水の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    妊娠中に陣痛前になんらかの要因で卵膜が破損してしまい羊水が流れてでてしまう症状を破水と呼びます。
    この破水は妊娠後期の臨月期に起こりやすいというイメージが強いですが、実は妊娠中ならどの機関にでも起こり得る可能性はあるのです。
    特に、まだお腹が目立たない妊娠前期だと多少の無理をしても大丈夫と考えて身体に負担をかけてしまい破水してしまう事は意外と多いようです。

  • 胎児が子宮外で自立して生存する能力を獲得する以前の早産時期に破水が起こると、胎児は、子宮頸管(けいかん)と腟を介して外界と直接に接することになり、感染の危険が生じることになります。
    出典 :前期破水の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    胎児がまだ育ち切っていない状況での破水はとても危険です。
    未成熟の胎児にとっては羊水はまさに命の水!
    ごく前期の場合は破水してしまった時に手早く処置を施したとしても感染症などが要因でとても危険な状況に陥ってしまう可能性は高いのです。
    妊娠前期といえども楽観は禁物です。妊婦さんは妊娠中は身重な身体であることを充分自覚してなるべく安静を心がけるべきでしょう

  • 破水は妊娠中でもっとも気を付けたいトラブルです

     

    羊水はお腹の中のベビーにとってはまさに命の水です。
    その羊水が流れ出てします破水はとても危険な症状なのです!
    妊娠中にもっとも気を付けるべき事といえるトラブルです。

  • 前期に起こる破水の原因とはなにか?

  • 正期産の時期の破水はとくに原因がない場合もあります。早産時期の破水は、産道感染やそれに続く子宮内感染、卵膜や胎盤の感染(絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん))のために、炎症が起こり卵膜が弱くなることが、原因として最も多く考えられています。
    出典 :前期破水の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    比較的早い時期に起こる破水にはとくに大きな原因となるようなものが無い場合も多いようです。
    そして一度破水してしまうと感染症による炎症などの恐れもあり、破水しやすくなってしまう場合も多いようです。
    妊娠中はとにかく、なるべく安静にしていることが第一といえます。

  •  

    前期破水はこれといった原因が無い場合も多く、突発的に起こり、胎児にとっては危険な状況になり得る可能性が高いトラブルです。
    前期破水の予防方法としては、妊娠中、とくに臨月期には安静を第一として、もし何かトラブルが起こっても慌てずにすみやかに診察を受ける事が第一です。
    外出する時はたとえ近場でも携帯電話を持っていくなどの気配りなどが大切です。

  • 破水というと羊水が大量に流出してしまうイメージだと思いますが、実際には破水で出てしまう羊水の量は、子宮内の羊水のうちのごく一部です。バシャっと出るイメージよりは、ちょろちょろと流れ出てしまう感じのイメージでしょうか。
    そのため尿漏れと勘違いしてしまう可能性も高いのです。
    実際に破水と尿漏れを判断するのは専門の医師もでもなければ難しいことだと思いますので、自分で判断に困った時には迷わずかかりつけのお医者さんに診察を受けるべきです!

  • なお、破水にはいくつか種類があります。

    適時破水
    陣痛が始まって、子宮口が最大に開いた時に、強い陣痛が起きてその後に破水します。子宮口が最大に開いてる時に起きる、ごく正常な破水といえます。

    早期破水
    陣痛が始まってから子宮口が最大になる前に破水してしまうこと。

    前期破水
    陣痛が始まる以前に起こる破水の事を総じて前期破水といいます

    高位破水
    子宮の上の部分が損傷して破水する事です。
    この高位破水は流れ出る羊水の量が少ないために自覚症状が乏しく、気づきにくいという特徴があります。