これって陣痛!? 初めてのお産で何がなんだか・・・陣痛の間隔まとめ

陣痛の間隔って1時間から始まって、だんだんと感覚がせばまってきて5分おきに陣痛がくるようになったら、助産師さんが「子宮口が10cmです!!」と、出産本ではよくありますが・・実際そうすぐにわかるものなのでしょうか?

view218

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 陣痛の間隔

  • 規則的な痛みがあり、ひどいときの生理痛に似ています。赤ちゃんも産まれる準備を始めるのですが、まだ子宮が開ききっていないため、生まれることはできません。この段階で破水がおきることもあります。この間に入院の準備をして病院に向かいましょう。鼻から息を吸って口から吐くと少しリラックスできます。「スー、フー」と呼吸しましょう。
    出典 :陣痛 -【赤ちゃんBOOK】
     

    まだまだ準備段階です、破水=病院へ これは妊婦界では常識なのですぐに病院もしくは産院にかけこまなきゃいけませんが、そうでない場合は、慌てて行っても戻される可能性もあります。ただ、戻って安心したところで、陣痛感覚が5分になってまた病院で、そのまま分娩室へという話もよく聞く話です。まずはリラックス、落ち着いて慌てないことが一番です。

  • 前駆陣痛は本当の陣痛とは違います。前駆陣痛と本当の陣痛を見分けるポイント
    ・前駆陣痛は不規則で時間が経過しても一定の間隔にならないのですが、本当の陣痛は時間が経つにつれて規則的になっていきます。
    出典 :陣痛の兆候や始まった時の間隔について-赤ちゃんの部屋
     

    臨月を向かえもう、いつ生まれてもおかしくないという時期にきて始まる陣痛ですが、ここでややこしいのが前駆陣痛、特に初産のママの場合はこれが本物か、前駆陣痛なのかなんて今まで経験したことがないからわかるわけがありません。前駆陣痛の場合だと急いで万端の準備をして産婦人科にやってきてもすぐに家に帰えされてしまいます。

  • 「ぐぅぅぅ、いたいぃぃぃ」と声に出さずにはやってられない痛み。段々と間隔が短くなってきて、そろそろ病院へ行かないと移動が出来なくなりそうだと判断。
    出典 :出産レポ 【予兆~本陣痛】 : りんごの時間。 ~ベビ待ちから母になるまで~
     

    こちらが本当の陣痛、とにかくどーもこーも「痛い!」というのが陣痛を経験した妊婦さん全員がおっしゃる言葉です。こちらはこれが陣痛?? というところから出産までの体験をレポしてくれたブログです。経験者は「そうそう」と言いながら、初めての人はこんな感じというのを読むことができます。分娩までがしっかりUPされていますので、是非参考に!!

  • 出産の進行

     

    陣痛と陣痛の間隔:が5~10分、この状態ほとんどの妊婦さんが「スイカが鼻から出る感じ」、「腰の中からドリルで内臓をかき回されている感じ」と相当の痛みを訴えていますが、この時点での子宮口の開大は0~2cm、赤ちゃんが生まれるには子宮口は10cmにならないと「いきむ」のは医師や助産師さんに止められています。5分~10分・・・まだまだ陣痛は始まったばかりです。

  • 陣痛の時間とタイミングをメモしましょう

     

    最初の陣痛は、やや重い生理痛!?な感じでやってきます。前駆陣痛という場合もありますが、とにかく慌てずに、連絡先、必要なもののチェックなど落ち着いて行うことが大切です。そしてこれからなによりも長丁場!どんなに安産といわれる人でも2時間以上はかかります。最近は陣痛促進剤をすぐに使う傾向がありますが、一昔前なら微弱陣痛で3日間かかったなんてよく聞く話です。陣痛がきたら、今まで我慢してきた塩分、糖分解禁になります(といっても常識の範囲内で)食べたいものを食べて、体力を温存しましょう。

  • 陣痛は「敵」ではなく「味方」です

     

    陣痛=こわい=敵 と思いがちな方が多いのですが、「陣痛」がつかないと正常な出産が行われない=陣痛はなくてはならない味方です。 赤ちゃんが出てきたいとがんばっているのをお母さんも痛みとして体感できる2人での共同作業と考えるとそんなに恐しいものでもありません。リラックス・・・というのは無理かもしれませんが、赤ちゃんを産んで育てる覚悟を神様だら試されている・・なくらいなキモチで挑んでもいいかもしれません。

  • 関連リンク集