子宮内膜症の治し方......薬と手術どちらにするか

子宮内膜症の治し方についてご紹介します。薬と手術の2つの治療法について詳しくみていきましょう。

  • green 更新日:2014/03/25

view258

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは、子宮内膜症について知ろう

  • そもそも、子宮内膜症ってどんな病気なの?

  • 子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患
    出典 :子宮内膜症| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、子宮内膜と同じようにはがれて出血します。卵巣内で増殖すると、毎月、卵巣にチョコレート状になった古い血液がたまって大きくふくれ、いわゆるチョコレート嚢胞(のうほう)を形成
    出典 :子宮内膜症 - goo ヘルスケア
  • 子宮内膜症の治し方、薬と手術どちらで治療する?

  • いろいろとある、薬を使っての治療法

  • 治療期間が限られる「偽閉経療法」
    偽閉経療法は女性ホルモンの働きを抑え、閉経と同じ状態を作る治療法。
    出典 :薬による子宮内膜症の治療法 [子宮の病気] All About
  • 子宮内膜症治療にも有効な「低用量ピル」
    低用量ピルは飲み続けることで月経の出血量が減り、月経痛も軽くなるので、内膜症による月経痛や過多月経の改善のためによく使います。
    出典 :薬による子宮内膜症の治療法 [子宮の病気] All About
  • 「黄体ホルモン療法」
    黄体ホルモン療法は、ピルに含まれる2種類の女性ホルモンのうち「黄体ホルモン」という1種類のホルモンだけを飲み続ける治療法。偽閉経療法と同じく、卵巣から出る女性ホルモンを抑える効果があります。
    出典 :薬による子宮内膜症の治療法 [子宮の病気] All About
  • 薬の治療法

     

    薬を使う治療法は、いろいろとありますね。
    どの治療法がベストなのかということは、個人の症状やこれから妊娠を希望するかどうかにも関わるので慎重に決めたいところです。

  • 手術での治療法とは?

  • 内膜症手術を行うケース
    お腹に小さな穴を開けて腹腔鏡下で卵巣のう腫だけを取り除く方法から、開腹手術で子宮や卵巣を全部取ってしまう方法まで様々。
    出典 :手術による子宮内膜症の治療法 [子宮の病気] All About
     

    個人の症状に合わせて手術の方法を選ぶようです。

  • 腹腔鏡手術

     

    不妊症で子宮内膜症がある方は、手術をして出産の可能性を高めることもあるそうです。

  • 内膜症の病変を切り取る必要があります。こういったケースに対して行うのが、子宮の壁の中で腺筋症の部分だけを削り取る「腺筋症核出術(せんきんしょうかくしゅつじゅつ)」。開腹手術で行います。
    出典 :手術による子宮内膜症の治療法 [子宮の病気] All About
  • 手術をした方がいいケースってあるの?

  • 40歳以上で大きなチョコレートのう腫がある方は、悪性化してしまう前に手術しておくことをお勧めします。
    出典 :手術による子宮内膜症の治療法 [子宮の病気] All About
  • 子宮内膜症を薬と手術のどちらかを選んで治療をする場合、個人の病状をみながら担当の医師と相談して決めることが大切ですね。