妊娠後期の尿糖の原因になるもの、妊娠性糖尿病について

妊娠中には、妊娠性糖尿病という症状が出る可能性があります。妊娠性糖尿病の原因などを解説していきます。

view124

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期は大きな変化の時

  • 妊娠・出産は嬉しい出来事で、我が子や孫の誕生を心待ちにするものですね。そんな喜びの時である妊娠ですが、女性にとっては大きな大きな体調の変化を経験する時期でもありますね。
    出典 :妊娠糖尿病について取り上げています【糖尿コラム】
  • 妊娠性糖尿病とは?

  • 妊娠性糖尿病は、妊娠によって血糖値が高くなった状態のこと。最初は尿検査で尿中にブドウ糖が見つかることでわかります。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • 妊娠中は、妊娠していない時よりも陽性の反応が出やすくなります。 一度だけ+の反応が出てしまったという事であれば、受診前に口にした食べ物の影響かもしれません。
    出典 :尿糖とは-赤ちゃんの部屋
  • 健診前の食事に気をつけよう

  •  

    尿糖は、検査の3時間以内に取った食事も影響してきます。血糖値が上げてしまうような食事をした後に検査をすると陽性を示しやすくなります。「血糖値が上がりやすい食べ物=カロリーが高い物」というわけではありません。一番血糖値を上げてしまう食べ物は、すぐにエネルギーに変わる食材です。パンやごはん、麺類といった主食系と、果物・糖類などです。次に肉や魚、卵・乳製品と続きます。

  • 生活習慣病の糖尿病との違いは?

  • 糖尿病は、血液中のブドウ糖を細胞に持ち帰るインスリンというホルモンの働きが悪くなり、血糖値の高い状態が続く病気。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  •  

    肥満や高カロリー食が原因などとよくいいますが、実際には肥満の人は患者のごく一部で、ストレスや運動不足が発症のきっかけとなることが多く、遺伝的な影響も指摘されています。

  • 原因は?

  • 妊娠性糖尿病のいちばんの原因は糖分のとりすぎです。間食のお菓子だけでなく、果物も食べすぎていないかチェックしてみましょう。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • 対策法

  •  

    どうしても甘い物が食べたいときは、まずごはんをきちんと食べ、そのあとデザートとして果物を少しとるといいでしょう。食事は栄養バランスのいい和食がベスト。

  • ・体を動かすのがいちばん

  • 運動を生活の中にじょうずに取り入れることもたいせつです。体を動かすと筋肉の細胞がブドウ糖をどんどん使ってくれるので、あっというまに血糖値が下がります。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー