うつ病やパニック障害など心の病気でも赤ちゃんを産むことって出来るの??心の病気を抱えるママとは??

うつ病やパニック障害などの心の病気を抱えていても妊娠することって出来るの???
気になる情報についてまとめてみました!!!

view323

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心の病気があっても妊娠できるの???

  • 出産は万が一に備え、大学病院で、自然分娩できました
    子供が生まれてから1度もパニック障害は起こっていません。たぶん子供に気を取られ、お腹が痛くなったらどうしようと考える暇もなくなったからです。
    パニック障害は発作が起こったらどうしようと考えないことです。待ち時間などつらかったら、携帯で何かをしたり気を紛らわせる何かを見付けることです。
    とういうことで、パニック障害でも妊娠出産ができるという事です。
    出典 :パニック障害 妊娠
     

    パニック障害などの心の病気があっても出産してる人はたくさん居ます!!!

  • 心の病気を抱えての妊娠の注意点とは???

  • 薬など特に初期は注意が必要です!!

     

    妊娠中や授乳期の薬物治療には特に注意が必要です。妊娠初期(2~4カ月頃)には薬剤による催奇形性(胎児に奇形を引き起こす作用)の可能性や、授乳期には母乳の中に薬剤の成分が入ってしまい、赤ちゃんに影響を与えることがあります。現在、うつ病治療中で妊娠を希望される方は主治医に相談してみましょう!!!

  • うつ病の薬物治療に使用される薬には、「抗うつ薬」「非定型抗精神病薬」「抗不安薬」「睡眠導入薬」「気分安定薬」などがあります(詳しくは「治療に用いられる薬」をご参照ください)。薬の使用上の注意などを記した添付文書によると、これらの薬の多くが妊娠中の服用は治療上の利益がリスクを上回る場合としており、服用中は授乳を避けることが記されています。薬物療法を選択するリスクや選択しない場合のリスクについて、うつ病の主治医や産婦人科医とよく相談するようにしましょう。
    出典 :うつ病|妊娠中や授乳期の薬物治療|7.女性のうつ病|うつ病ABC| うつ病について|こころの健康情報局 すまいるナビゲーター[すまいるナビ]
     

    主治医の先生とも相談して話し合ってみるようにしましょう!!!

  • 妊娠中や産後にうつなどの心の病気を発症する可能性もあります!!!

  • 妊娠のプレッシャーが、うつの引き金に・・・・

     

    かつて、「妊娠中、うつになる女性は少ない」と考えられていました。「赤ちゃんを授かるのはおめでたいことだから」という思い込みもありました から。
    しかし最近は、妊娠中の女性も、他の時期と同じようにうつ病になりやすい、ということがわかってきました。

  • 妊娠すると、エストロゲン、プロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されます。胎盤からは、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンも分泌。さまざまなホルモンの指令を受けて、からだは、出産に向けて動き出します。これまでと違う著しい変化に、体や心が戸惑い、バランスを失うことがあるのも、当然といえば当然でしょう。
    出典 :妊娠うつ、産後うつ|プレママタウン
     

    あまり酷い場合には家族や医師に相談するなどして解決しましょう!!!

  • こんなときは要注意です!!!

  • うつの症状が出てきたら要注意です!!!

     

    うつ特有の症状が出てきたり数日以上続くようなら注意が必要です!!!

  • 危険信号を無視して、なお我慢したり、ひとりで頑張ってしまっては、ますますつらくなるばかり。よくなるものもよくなりません。
    うつ病は周囲も気づきにくいので、「私だけがなぜ?」と孤独感が増して、ますます、うつ病を悪化させてしまうことがあります。
    睡眠と休息が必要なのです。
    我慢しないで、「ちょっとつらいの。助けてほしい」と、口に出して言ってみましょう。そして、家事や育児を回りの人たちに手助けしてもらいましょう。
    出典 :妊娠うつ、産後うつ|プレママタウン
     

    つらいと感じたなら無理をせずに休むようにしましょう!!!

  • つらいと感じたときが受診の目安です!!!

     

    そして、「つらく」なったら、心療内科、精神科を受診しましょう。カウンセリングを受けたり、薬を処方してもらいましょう。

  • 妊娠中や母乳育児中の薬には、多くの女性が強い拒否反応を示します。「薬の胎児への影響は?」「母乳に薬成分は出てこないの?」など、心配な気持ちはよくわかります。
    しかし、うつ病が長引けば、本人がつらいままです。うつ病が悪化すれば、赤ちゃんにとってもよくありません。
    薬は正しく、慎重に使わなければなりませんが、つらくなったら、医師の元を訪ね、妊娠中、産後であることを告げて、どうぞ適切な処方を受けてください。
    出典 :妊娠うつ、産後うつ|プレママタウン
     

    赤ちゃんのことを考えるといろいろと抵抗があるかもしれませんがママが精神的に不安定な方が胎児にも影響を与える可能性があるのです!!!

  • 家族や周囲も含めてどんなことに注意すればよいの???

  • 妊娠中や産褥期にかけては、なにかと女性は、精神的に不安定になりやすいものです。とくに、妊娠前から心の病気か脳に器質的な病気をもっている場合は、この時期の変化が誘因となって、症状が顕著に現われる場合が少なくありません。
     まわりの人(家族や夫など)も、妊婦の心の負担をなるべく少なくするように協力するなど、症状を安定化するような努力が必要です。
    出典 :慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意 とは - コトバンク
     

    周囲はやさしく見守ってあげましょう!!!
    時にはお手伝いしてあげることも大切です!!!