子供のしつけ!叩かれる事による心への影響とは?

子供が全然言うことを聞かない時、言っても聞かないので叩く!叩くしつけによって子供の心に影響はないのでしょうか?調べてみました。

view425

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供のしつけ!叩かれる事による心への影響とは?

  • 体だけではなく心も痛む。攻撃性が強くなることが多く、お友達に暴力をふるうことが多い。人に甘えることができなくなり、心を閉ざし、大人になってからも、人の愛情を疑ってしまい、人を好きになれない場合もある。大人になったとき、自分の子どもに対しても暴力的に育ててしまうことが多い。
    出典 :叩くことの影響と叩かない子育て [子供のしつけ] All About
  • 子どもを叩く、平手打ちする、つかみかかるという体罰は子どもに不安、うつ、酒や麻薬などの常用癖、人格障害にかかる可能性を高めてしまうとのこと。研究者は、精神的な病気の7%以上は子どもの頃の体罰と深く関わりがあると発表しています。
    出典 :躾で子どもを叩くのはアリ? | ブログ | 日本アンガーマネジメント協会
  • 10代でうつ病を患うリスクが高くなる!

     

    叩かれた行為がトラウマになり、10代になってうつ病を患うリスクが高くなることも明らかに。

    母親が叩かず、怒鳴って叱る(言葉の暴力も含む)場合、ティーンに心理的な問題リスクはみられないというのです。

    一方で父親が同じことをした場合、ティーンの精神病リスクは高まることが分かりました。

  • 子供に誤ったメッセージを送ってしまう!

  • 他人を叩くことで怒りやフラストレーションを発散しても良い。強い者は弱い者に対して力を行使しても良い。
    更に悪影響として、子供は叩かれる痛みや恥ずかしさから逃れるために嘘をつくようになると言う。
    出典 :子供を叩いてはいけない理由 |
  • 叩いたら言うことを聞くは間違い!

  • たたくことで子どもを黙らせたり、従わせることができたとしても、子どもが本当に納得して行動を変えたわけではありません。一時的に怖かったり、痛いから、その場はやめただけです。子どもは理由を知り、納得しながら育つものであり、力で押さえてもだめなのです。
    出典 :赤ちゃん&子育てインフォ|子どものこころを育てる
  • 叩く事は子供の発育にも悪影響が!

  • しつけで叩かれることの多かった1歳児は、2歳になると他の子供よりも攻撃的な態度を見せることが多く、3歳になると認知力のテスト結果が他の子供よりも低いという結果が出ている。
    出典 :子供を叩いてはいけない理由 |
  • 脳細胞が壊れてしまう!

  • 頭をぶつけたり、大きな衝撃を受けると、脳細胞は10万単位で減っていきます。叱るときも、頭を叩くのはあまり良いしつけ方法とは言えません。どうしても手を上げてしまうという方は、自分のゲンコツが大切なこどもの脳細胞を壊してしまっているという認識を持ちましょう。
    出典 :頭の良い子を育てるために3歳から7歳までに必要な子育て方法とは | 美容ブログ [女性の美学]
  • 叩かないしつけをするためには?

  • 叩きそうになったら、深呼吸をする。常に、心の中で、「叩かない」と唱えておく。「叩かない」と、紙に書いて、部屋に貼っておく。叩きそうになったら、別の部屋に行くなど、少し、子どもと距離を置く。
    出典 :2/2 叩くことの影響と叩かない子育て [子供のしつけ] All About
  • 叩いてしまったら?

  • もし感情的に叱った場合は、すぐに仲直りをすること。逃げ場を作ってあげて追い詰めないこと。懲りるまで叱らないことです。叱られたことをずっとひきずってしまうことが核家族の最大の問題点。救いの手をさしのべてあげて下さい。家庭は救われる場所。安心できる心の基地、不安を解消する所なのです。
    出典 :ママ、叩かないで!
  • 言葉を使って伝えようという気持ちを大切に

  • 子どもは自分では話すことができない時期でも、聴く能力、感じる能力が高いのです。つまり「言葉で言ってもわからないから、たたく」という考え方はまちがっています。幼くても、言葉を使って伝えようという気持ちを大切にしましょう。
    出典 :赤ちゃん&子育てインフォ|子どものこころを育てる