こんなことありませんか?寝てる時にビクッとなる現象。

高いところから落ちたり、怖いものに遭遇したりする夢を見た時に、身体がビクっとなることってありませんか?そのような時に同時に汗をかくことも珍しくはありません。実はこの現象は誰にでも起こりうることであり、特に重大な病気を発症していたり、またはその前兆ではないのだそうです。

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝てる時にビクッとなる現象をご経験されたことのある方は多いのではないかと思います。このような症状が続くと、なにかの病気では?と、心配になってしまうかもしれません。このような現象は、いったいなぜ起こるのでしょうか?

  • 高いところから落ちる夢とかを見ていると足がビクっとなって起きたりしたことないですか?
    これは実は誰にでも起こります。
    というのも、これは『ジャーキング』と言われる生理的な現象のひとつで、
    睡眠し始めの頃に脳が混乱して間違って筋肉を収縮させ、ビクッとなるんですね。
    出典 :睡眠中のビクっとなる原因は?疲労とストレスの睡眠的関係 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
     

    ということは、病気の心配はなさそうですね。

  • 主に、このジャーキングが発生しやすくなるのは・・・
    睡眠時の姿勢に無理がある場合
    疲労が溜まっている時
    睡眠環境が悪い時
    出典 :睡眠中のビクっとなる原因は?疲労とストレスの睡眠的関係 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
     

    このジャーキン゛クという現象が、眠りと深い関係にあることがわかりましたね。

  • ジャーキングとミオクローヌス
    寝入りばなに起こりやすいこうした現象は、ジャーキングと呼ばれています。ジャーキングとは、入眠時に起こりやすい筋肉の無意識におこるけいれんでの一種で、ミオクローヌスと呼ばれる筋肉の不随意運動の一種です。
    出典 :ジャーキング | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • ミオクローヌスは、自分の意志とは無関係に起こる、筋肉群に起こる素早い稲妻のような収縮です。ミオクローヌスはこむら返りに似ていますが、始まり方も終わり方も急速で瞬間的にしか起こりません。
    出典 :ジャーキング | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • シャーキング、ミオクローヌスが病気ではないことがわかりました。でも、電車の中など、人目につく場所で起こるのはやっぱり避けたいですよね。では、どうすればこのような現象を回避することができるのでしょうか?

  • (1)エネルギー源の不足を高タンパク、低脂質の食事により解消する

    とりささみ、低脂肪牛乳、豆腐、エビを摂取したり、肉、魚、乳、豆のタンパク質をバランスよく摂ることで、美容や健康にも良く必要なエネルギー源を補えます。
    出典 :これでもう安心!睡眠中に体がビクッとなるメカニズム解明
     

    特にダイエット時にはこのようなタンパク質を避けてしまいがちですが、不快な現象を防ぐためには、やはりタンパク質の力を借りる必要があるということですね。

  • (2)肉体的な疲労、精神的な疲労を取り除く

    エネルギーを十分に摂っていても、強度または長時間の負荷による酸化ストレスがあると、筋細胞あるいは神経細胞へのダメージが蓄積されていきます。そのため肉体的、精神的な疲労を取り除いてあげる必要があります。
    出典 :これでもう安心!睡眠中に体がビクッとなるメカニズム解明
     

    ストレスはあらゆる病気や不快な症状を引き起こす元凶となることも少なくはありません。日ごろの生活の中に存在するストレスは、なるべく早い段階で解消しておきたいものです。

  • ストレスがあるとなかなか眠れないものですが、やはり良質な睡眠は疲労の回復を早めますので、以下にご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

  • 音楽を聴く。

  • 【α(アルファ)波】
    心身ともにリラックス しているときに現れる。
    ゆったりと落ち着た気分、瞑想した状態。
    目を開けると 視覚野が活発に働き出すため、
    減少や消滅してβ波へ変わる。
    出典 :眠れるCDと音楽-快適な睡眠をとろう!
     

    α波で有名なものは、波の音や雨音です。このような自然が奏でる音は精神をリラックスさせ、質の良い睡眠に誘ってくれる効果が大。