顔面痙攣は何科を受診したらいいのですか?【瞼がぴくぴく】

瞼のピクピクがなかなか治まらない、むしろ広がってきてる。顔面痙攣かもしれません!顔面痙攣は何科を受診したら良いのでしょうか?

view355

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔面痙攣とは?

  • 日頃、顔が突然痛くなった、あるいは、顔がピクピクするようになったという経験をされた方があるかと思います。皆さんはこういった時、あれ?これは病気なのかなー?あるいは、何科のお医者さんに行けばいいんだろー?と思われたことがあるかも知れませんね。
    出典 :顔の痛み、顔のピクピク 太田総合病院
  • もし、あなたが我慢できる、あるいは気にならないのなら、そのまま放っておいてもかまいません。しかしこれらの症状は一旦出てくると、自然に良くなることは少なく、進行する場合が多いのです。
    出典 :顔の痛み、顔のピクピク 太田総合病院
  • 顔面けいれんは、片側顔面痙攣ともいいます。顔の半分が自分の意思とは関係なく痙攣するもので、ふつう目の周囲から始まりだんだん口元へと広がります。最初のうちの症状は疲れなどでまぶたのぴくぴくする症状との区別が困難です。
    出典 :Neuroinfo Japan:顔面けいれん
  • 徐々に進み、あごの下の筋肉も痙攣するようになります。頻度は、最初は緊張したときなど時々だけですが、徐々に痙攣している時間が長くなっていきます。やがて一日中、ときには寝ていてもおこるようになることもあります。
    出典 :Neuroinfo Japan:顔面けいれん
  • 顔面痙攣が起きた場合は何科にいけば?

     

    疲れ目なら一晩寝れば大体おさまりますが顔面痙攣は治まりません。
    眼科では異常なしと言われてしまうことが多いようです。

  • あまりにもしつこく痙攣するし『なんなんやろ( ̄。 ̄;)』と思って再び眼科へ行った。
    しっかり検査してもらったけど、目に異常はない。
    ここで気付いたのが、痙攣する方の目だけ視力が低下してた。
    出典 :片側顔面痙攣と言う診断を受けるまで…|akiだけに飽き症…
  • まず正しい診断です。この症状は他の似た疾患と大変紛らわしいことが多いのです。
    出典 :顔の痛み、顔のピクピク 太田総合病院
  • 顔面痙攣の診断は、なれた医師が診察すればすぐにわかります。しかし、ときに症状が初期で眼の周囲だけにしか出ていないと、疲れ目との区別はつかないこともあります。また一日中症状が出ている場合でないと、一回の診察では症状がつかまえられないこともあります。
    出典 :Neuroinfo Japan:顔面けいれん
  • この疾患の症状は特徴的ですので、脳神経外科や神経内科の専門医であれば診察しただけで大体分ります。補助的な検査として、頭部CTやMRI、脳血管撮影などの画像診断検査があります。現在ではMRIが体への負担が少なく、検査の精度も高いので、最も有用な検査方法です。
    出典 :顔面けいれん
  • 片側顔面痙攣は眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とよく似ていますが、片側顔面痙攣が片眼から症状が現れ始めて同じ側の顔面に広がるのに対し、眼瞼痙攣は両眼に症状が現れるだけで範囲が広がることはありません。
    出典 :顔の片側が引きつる・・・片側顔面痙攣
  • 問診や視診などにより診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開いたり、口を真一文字に引き伸ばしたりすることによって、まぶたの下の痙攣を誘発するテストを行います。
    出典 :顔の片側が引きつる・・・片側顔面痙攣
  • この病気に対する治療法は基本的には2つです。1つは病気の原因である神経への血管の接触に対する根本治療である手術で、もう1つは対症療法であるボツリヌス毒素治療です。
    出典 :Neuroinfo Japan:顔面けいれん
  • 顔面痙攣が続くようなら脳神経外科へ。

     

    疲れているときに瞼が一時的にピクピクする程度であれば、特に気にすることではないと思います。
    ですが顔面痙攣はそこから徐々に痙攣の範囲が顔の半分に及ぶようになります。
    命に関わるような症状ではないかもしれませんが、日常生活には大きなストレスです。なかなか瞼のぴくぴくが治まらない場合は脳神経外科を受診してみてください。

  • 顔の痙攣(けいれん)だけでは、日常生活に支障をきたすことではないけど、24時間(多分眠っている間も)止む事無くピクピクと顔面が引きつれ動いている現実は、本当にストレスが溜まります。
    出典 :片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)その後追記と最近の体調 : ずっとそばに
  • 持続する不快な症状は、外出や人に会うことさえ億劫にさせてしまい、生活の質を落とします。なるべく早く専門医(神経内科や脳神経外科)を受診することをおすすめします。
    出典 :顔面けいれん〜ティーペック健康ニュース