予防接種で発生する副作用

副作用の内容をまとめています。
これから行う方は是非参考までに。

  • S 更新日:2014/03/15

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 副反応はあり?

  • 極稀にですが、副作用が発生することもあるようです。
    何か持病のある方は、特に要注意です。
    同時発生すると色々危険です。

  • ◆新・予防接種へ行く前に (ジャパンマシニスト育児新書)◆ http://t.co/PtGNgJeHTA 副作用のこと、効果の有無、解っていますか?本当に必要ですか?そのワクチン。
     

    事前に確認は必要ですね。

  • 副反応は軽く、10〜20%でワクチンを接種した場所が赤みを帯びたり、腫れたり、痛んだりする事がありますが、通常2〜3日で治ります。全身性の反応としては、5〜10%で 発熱、頭痛、さむけ、体のだるさ等がみられますが2〜3日のうちに治ります。ワクチンに対するアレルギー反応として、湿疹、じんましん、かゆみ等が数日見られる事もあります。
    出典 :インフルエンザ予防接種の副反応はありますか?
     

    接種後、数日~2週間以内に症状が現れる事もあります。

  • 稀ですが、ショックやじんましん、呼吸困難があらわれる事があります。インフルエンザ脳症という、インフルエンザをきっかけに生じた脳症で、意識障害や痙攣の症状を呈する事があります。 主に6歳以下の子が発症し、1歳をピークに幼児期に多く発症します。死亡率は15%で、後遺症も25%と重篤な疾患です。全国で年間100人~300人発症します。
    出典 :インフルエンザ予防接種の副反応はありますか?
  • 副作用報道について

  • 「子宮頸がん」の予防、HPVワクチンがあります。
    ネット上にて一部の方々の間で、副作用の件で話題になっていました。

  • 結論から言いますと、このワクチンの接種は現在でも世界中で行われていて、必要性や安全性などの問題で中止した国はありません。
    WHO(世界保健機関)も一貫して接種を推奨しております。
    出典 :子宮頸がんの予防ワクチン(HPVワクチン)の副作用報道について
  • RT @chicago_b: 【子宮頸がんワクチンは危険?】
    http://t.co/LUuOrCb1DW
    『副作用の弊害しかない子宮頸がんワクチン接種中止のWEB署名に御協力を!』
    【#子宮頸がんワクチン の接種中止を!】
    http://t.co/LM40cIyynp
  • 実際の副反応

  • ・赤み
    局所反応が多い三種混合というものがあります。
    接触した箇所に赤みが発生する程度の反応は、どのワクチンでもありえます。
    治療は不要ですのでご安心下さい。

  • 熱が出る

     

    こちらもありがちな副反応です。

  • 接種した所が赤くなったり熱が出たりする以外にも、病気の発症や合併症など、重大な副反応もあります。しかしこれらも、必ずしもワクチンが原因だとは断定できない場合が多いのです。むしろ、ワクチンを接種した後にたまたま起こった紛れ込みの事故である可能性が高いといわれています。
    出典 :ワクチンの副反応にはどんなものがあるの? - Know VPD!
  • 予防接種の副作用で微熱が(T ^ T)

    でもさっき熱下がってたからよかった
    (∗꒪̿〰꒪̿∗)
     

    実際の体験者

  • 2012年8月まで定期接種だった生ポリオワクチンは予防効果は非常に高いのですが、ワクチン接種によるポリオを発症する恐れがありました。2012年9月から人に発病させるおそれがない不活化ワクチンに切り替わりました。BCGの場合、重い免疫の病気でない子どもでもまれに全身にBCG菌が広がることがあります。
    出典 :ワクチンの副反応にはどんなものがあるの? - Know VPD!
     

    ポリオや結核の発症