陶器肌になるスキンケア。毛穴のない素肌とメイク

陶器肌という言葉を見聞きしたことのある方は多いのではないかと思います。陶器肌とは、毛穴がほとんど目立たない、まさに陶器を思わせるようなマットなお肌を指します。一見すっぴんのように見えるこのお肌、実はテクニックを駆使すれば誰にでも作り出すことができるんですよ!

view83

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 洗顔前にまずすべき事それは…
    「毛穴を開かせる事」
    これに尽きます。

    しっかり毛穴を開かせてから洗顔する事で毛穴に詰まった汚れやポツポツ毛穴となる原因の角栓が除去しやすくなります。
    出典 :正しい毛穴ケア 毛穴の洗顔方法-洗顔する前に- | キレイな毛穴になりたい
     

    確かに、毛穴が閉じている状態では効率のよい洗顔は行えないかもしれません。せっかく洗顔を行うのであれば、プレ洗顔として毛穴を開かせておきたいものです。

  • 効率のよい、毛穴の開かせ方とは?

  • 電子レンジを使った簡単蒸しタオルの作り方

    1.水で濡らしたタオルをゆるめに絞る。
    2.ラップに包む、もしくは、ビニール袋に入れる
    3.電子レンジで40秒〜1分程度もしくは、温度設定で45度ぐらいほど温める
    4.肌にのせて少し熱いなと思う程度で効果がでます。熱すぎる場合はちょうど良くなるまで冷まし てから使いましょう。
    出典 :正しい毛穴ケア 毛穴の洗顔方法-洗顔する前に- | キレイな毛穴になりたい
     

    この方法であれば、手間もかからず簡単に毛穴を開かせることができますね。陶器肌になるスキンケアは、洗顔前の毛穴を開かせることにアリ!

  • 次に、洗顔に関する注意事項のお話です。

  • せっかく良い洗顔料に巡り合っても、使い方、洗う際の動作というポイントを落としてはいけません。普段の洗顔で、毛穴の気になる小鼻周りなどを、ゴシゴシこすってはいないでしょうか。小鼻周りは毛穴が多く、角栓や黒ずみができやすい場所ですが、こすることはキメを壊す事にはなっても、洗浄効果を上げることにはなりません。
    出典 :毛穴の黒ずみ・汚れを洗顔料でキレイにする5つのポイント
     

    特に脂性肌の方の場合、どうしても皮脂が気になりついつい力が入ってしまったり、何度でも洗顔を繰り返したりしてしまったりすることがあるのではないでしょうか?ですが、これは逆効果。洗顔のし過ぎはさらなる皮脂分泌を招くことにもなります。洗顔はあくまでも優しく。これが基本であるということですね。

  • さて、それではいよいよメイクです。

  • 下地
    顔の中心から外側へ、じょじょに薄くなるように塗ります。
    通常下を向いている毛穴をしっかりカバーできるよう、軽く頬を持ち上げ下から上に向けて塗りましょう。
    目や小鼻の周りなど、塗りにくい箇所は指先で押さえるようにして塗り込みます。
    全体に塗り終わったら、手のひらで押さえてしっかり馴染ませましょう。
    最後に軽くティッシュを当て、余分な油分をオフします。
    出典 :お人形のスベスベ陶器肌を作る♪ベースメイクのやり方
     

    油分をきちんとオフしておくことが、陶器肌メイクの基本なんですね!

  • ファンデーション
    ファンデーションは、パフやスポンジを上から押し込むようにして付けます。
    リキッドタイプだと肌への定着もよく、マットで透明感のある仕上がりになるのでおすすめです。 肌に合わない場合は、クリームタイプを使っても良いでしょう。
    出典 :お人形のスベスベ陶器肌を作る♪ベースメイクのやり方
  • フェイスパウダー
    フェイスパウダーは、ブラシを使って付けましょう。
    クルクルと円を描くように、内側から外側に向かって動かすとムラにならず、キレイに仕上がります。
    出典 :お人形のスベスベ陶器肌を作る♪ベースメイクのやり方
  • 仕上げ
    ベースメイクをすべて終えたら、顔全体に精製水か化粧水をスプレーします。Aveneなどのスプレー化粧水でもOKです。
    額、頬、あごを中心にティッシュで押さえ、軽く水気を取ります。
    最後に、顔全体を手で覆ってしっかり馴染ませて完了です。
    出典 :お人形のスベスベ陶器肌を作る♪ベースメイクのやり方
  • 陶器肌になるスキンケアとメイク。慣れないと少し面倒に感じる部分もあるかも知れませんが、やはり毛穴のない美しいお肌は、なんとしてでも手に入れたいですよね。
    毎日のちょっとした習慣とメイク方法で、毛穴のない陶器肌を目指しましょう。
    また、美しいお肌を手に入れるためには身体の内部からのケアも大切です。
    さまざまな栄養素をバランスよく摂取することを心がけ、十分な睡眠時間を確保しましょうね。