歯周病の予防には、プラークコントロールがとても大切です

歯周病の予防の第一はプラークコントロールです。正しい歯磨きの方法を知るようにしましょう。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病の予防をするには

  • 歯周病は感染症であるとともに、生活習慣が発症のきっかけになることから生活習慣病ともいわれています。感染の原因となる歯垢を取り除く歯みがきや、食生活などの生活習慣を見直して、全身の病気にもつながるおそれのある歯周病を予防しましょう。
    出典 :歯周病の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • プラーク(歯垢)はただの食べカスではなく、細菌の塊です!
    この細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、プラークコントロールをしっかりと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させることができるという訳です。
    出典 :プラークコントロール
  • 正しく歯みがきする

  • 歯ブラシが歯と歯ぐきの間に届くように気をつけながら、細かく動かして歯垢を落とします。強く当てる必要はありません。自分の歯に合わせてブラシの先やわきなども使いながら、すみずみまで毛先を当ててブラッシングしましょう。
    出典 :歯周病の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 正しく歯みがきする

     

    正しい歯磨きの方法を覚えて、習慣化しましょう。寝る前の寝ぼけ状態でも出来るまで、習慣化させましょう。

  • プラークが残りやすい場所

  • 歯垢が残りやすい場所をチェックして、歯垢を取り除くようにしましょう。
    •歯と歯の間 •奥歯のかみ合わせ •歯と歯ぐきの境目
    •歯並びがでこぼこしている所 •生えている途中の歯
    などは、より丁寧にみがきましょう。
    出典 :正しい歯の磨き方|歯の健康基礎知識|ライオン
  • 歯垢が残りやすい場所をチェック

     

    どうしても歯垢が溜まりやすい場所が限定されやすいです。

  • 歯ブラシの選び方

  • すみずみまで毛先が当たるようヘッドが小さめのもの、毛先は歯垢を落としやすいようある程度の固さがあるもの(歯ぐきを傷付けない程度)のものを選ぶとよいでしょう。
    出典 :歯周病の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • ハブラシは毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなり、効果的に歯垢(プラーク)を落とせません。
    ハブラシは1か月に1本を目安に交換しましょう!
    出典 :正しい歯の磨き方|歯の健康基礎知識|ライオン
  • ハブラシ植毛部の開き具合と歯垢除去率

     

    歯ブラシの状態が悪いと、思考の除去率が40%も下がります。歯ブラシくらいは贅沢しましょう。

  • デンタルフロスも使って

  • デンタルフロス

     

    デンタルフロスにも色々な種類があります。自分に合ったものを探しましょう。

  • ハブラシでのブラッシングの後に、デンタルフロスを使うと、歯垢(プラーク)の除去率が約30%アップします。デンタルフロスで、歯と歯の間の歯垢(プラーク)もしっかりかき出しましょう。
    出典 :正しい歯の磨き方|歯の健康基礎知識|ライオン
  • 寝る前の歯磨きは特に大切

  • 寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、口の中の自浄作用が低下するため、細菌が繁殖しやすい状態になります。寝る前は、特に丁寧に歯磨きしましょう。細菌の増殖を防ぐためには、デンタルリンスで殺菌することも有効です。
    出典 :正しい歯の磨き方|歯の健康基礎知識|ライオン
  • 1日の唾液分泌量の変化

     

    唾液には殺菌能力があります。唾液がすくなることは細菌の繁殖が盛んになるので、夜の歯磨きが大切です。