ストレス性腰痛が増加!

腰が痛いのがずっと続く!整形外科に行ってレントゲンを取っても異常がない。そんなときは、ストレス性の腰痛かもしれないらしいんです。

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    いたっ!

  • 腰痛の主な原因は…

  • いわゆる腰痛症と呼ばれるものはこれにあたり、長時間中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、運動不足で腰を支える筋力が弱っているときなどに起こります。寒さで筋肉が硬直する冬も神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。
    急性腰痛症(ぎっくり腰)も非特異的腰痛に含まれます。急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがであり、ねんざや、筋肉を包む筋膜の損傷が原因といわれていますが、厳密にどの部分が傷んでいるのかは断定しきれないためです。ほとんどが数日で治りますが、くり返す場合もあります。
    出典 :腰痛の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 腰痛症の原因は様々ですが、原因が特定できる腰痛は、約15%といわれています。その代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などです。その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛をひき起こすこともあります。
    出典 :腰痛症の原因|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 腰痛の実に85%が原因を特定できないなんて…人間の身体は不思議です。

  • 最近増えているストレスが原因の腰痛

  • 若者から中高年まで、男女を問わず、 多くの人が苦しんでいる腰痛。
    病院で検査をしても、 その80%以上は痛みの原因が特定できないといわれています。
    中でも原因が見つかりにくいのは、慢性腰痛です。
    その痛みには、精神的なストレスが深くかかわっていることが近年わかってきました。
    出典 :現代人に増えている慢性腰痛 ストレスが大きな原因だった|HEALTH UP THE SEASON
  •  

    ストレスは、身体のいろいろな場所に影響を及ぼすんですね。
    まさか腰痛までとは気づきにくいものですが、油断大敵です。

  • 慢性腰痛をストレスが悪化させる!

  • スイス・チューリッヒ大学が椎間板ヘルニアの患者さんを調査したところ、神経への圧迫が強いため痛みを感じているのは全体の約1/3で、約2/3は心の問題により痛みが引き起こされていることがわかりました。
    出典 :現代人に増えている慢性腰痛 ストレスが大きな原因だった|HEALTH UP THE SEASON
  • 慢性腰痛と抑うつ

  • 慢性的な腰痛を訴えながら、原因が不明とされてきたケースには、心因性腰痛がかなりの部分で含まれていると考えられています。慢性腰痛を訴える患者さんの、およそ8割には抑うつ状態が見られるとも言われており、精神的な外傷やストレスなどの心の問題が腰痛に大きく関係していることは事実でしょう。人間関係のストレスや自分の仕事に対する評価、家庭内の不和など、さまざまな問題がストレスとなって腰痛を増悪させていると考えられています。
    出典 :心因性腰痛:精神的なショックや過度のストレスが起こす原因不明の腰痛・関節痛 - 腰痛い.COM
  • 精神的なストレスが腰痛という形であらわれることは珍しくなく、背景にうつや心身症が隠れているケースがよくあります。この場合、骨や関節を丁寧に調べても、はっきりした原因がわかりません。
    出典 :腰痛オンライン ストレスと腰痛
  • ストレスを減らせば痛みも減るの?

  • 腰に痛みが出たときには精神的な理由がある可能性も考え、休養や睡眠をとる、気分転換を心がける、適度に運動するなどで対処したいものです。腰痛だけでなく、気分の落ち込み、気分が変わりやすい、気力が出ないといった症状に気づいたら、心療内科や精神科で診察を受けます。
    肉体的なストレスは、重い物を長く持った、長時間立ちっぱなし、長い距離を歩いたなどによって起こります。対処法としては、姿勢・動作に関する予防方法、腰痛体操がおすすめです。
    出典 :腰痛オンライン ストレスと腰痛
  •  

    休養や睡眠、適度な運動、どれも健康の基本です。
    腰痛が起きたらからだもこころも疲れているのもしれません。
    まずは休養。そして、ストレスを発散しましょう。

  • 環境によるストレスは、気温や気圧の変化、冷えなどがあります。冷えたとき、低気圧が近づいているときには腰痛が出やすくなります。雨や嵐の前、寒い時期、冷房にあたりすぎたときにかつて傷めたところがまた痛くなる経験をする人も多いのです。腰痛持ちの人は天気や気候の変化にも気をつけ、体を冷やさないようにしましょう。
    出典 :腰痛オンライン ストレスと腰痛
  • 腰痛対策

  • 腰に痛みを感じたら、まずは休ませましょう。軽度の腰痛ならば腰サポーターも有効です。痛みがひどい場合は自己判断せずに医師の診察を受けてください。

    腰を休ませる

    腰に負担のかかる姿勢や動きを避けることが大切です。

     腰をくの字にして、横向きに寝る

     お腹の下に座布団を入れてうつぶせに寝る

     足の下に座布団を入れてあおむけに寝る


    急性の腰痛は冷やす

     ぎっくり腰など急に生じた腰痛は、冷やすことで痛みを和らげることができます。ただし、痛みが増すような場合は中止してください。また、長時間の冷やし過ぎは回復を遅らせるおそれがあるので、注意してください。

    【氷と塩で腰を冷やす】
    【氷と水で腰を冷やす】
     ビニール袋に氷と水を少々入れて空気を抜いてしばる。タオルをはさんで腰にあてる。


    慢性の腰痛は温めたり、マッサージをするのが効果的

     徐々に痛くなってくる慢性の腰痛や、急性の腰痛の痛みが軽くなった場合などは、温めると効果的です。ただし、患部に打撲や外傷があったり、または熱を持っているときは、温めないでください。
    出典 :腰痛大百科-腰痛の対策|日本シグマックス
  • 急性腰痛は冷やす

  • 慢性腰痛はあたためる

  • 腰痛にならないために

  • 腰痛体操・ストレッチング

    毎日の腰痛体操で腰をケアすれば、腰痛の軽減にも予防にも効果的です。
    出典 :腰痛大百科-腰痛の対策:腰痛体操・ストレッチング|日本シグマックス