自律神経失調症の腹痛

下痢・腹痛。冷えからくる腹痛。湯たんぽ・カイロでお腹をあたためる。

  • S 更新日:2014/04/14

view536

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腹痛

     

    生理痛ならすぐわかりますが、原因がわからない場合が殆どです。

  • 自律神経失調症による腹痛の経験者

  • 私が、うつ病で最初に経験したのが、原因不明と思われた腹痛でした。これが1年以上続いたのです。この腹痛が治ったあとで、本格的なうつ病の症状が出てきたのです。自律神経失調による腹痛は、精神的ストレスによるもので、今なら、簡単に治せます。
    出典 :自律神経失調症による腹痛 / 床鍋診療所
  • 抗うつ剤を服用するのもいいが、薬によらなくても、寝て、中山式快癒器のように、スプリングのついた4個の指圧器で、背骨の両側を押すのです。適当にずらして、痛いが、一番気持ちのいいところを10分ほど押せば、自律神経失調による腹痛だったら治ります。自律神経節が背骨の両側にあるからです。
    出典 :自律神経失調症による腹痛 / 床鍋診療所
     

    これでも治らない場合は、自律神経失調による腹痛ではないとの事でした。

  • 抗うつ剤

     

    メカニズムについての図。

  • 自律神経失調症には様々な症状が出ますが、「冷え」も自律神経失調症の中では代表的な症状の一つです。

  • この頃どうもからだの調子悪い。なんだかイライラする。頭痛が続く。でも、病院で診てもらっても原因がはっきりしない。そんな状態のことを自律神経失調症と言います。
    出典 :かわたペインクリニック | 症例5 自律神経失調症・冷え性
     

    自律神経失調症について。

  • 自律神経失調症とは、精神的なストレスや気温変化等の外的刺激が長時間続くと、全ての器官を調整している自律神経がそれらを排除しようと頑張るあまり、体を守ろうと防御反応を起こして、自律神経自体のバランスを崩してしまい、全身の機能に支障をきたす病気です。
    出典 :かわたペインクリニック | 症例5 自律神経失調症・冷え性
     

    症状は全身からあらわれるという事です。

  • 自律神経失調症には様々な症状が出ますが、「冷え」も自律神経失調症の中では代表的な症状の一つです。「冷え性」と聞いて真っ先にイメージされるのは手先や足先の冷えだと思いますが、実は 冷え性の症状はそれだけではありません。体が冷えると共に腹部が冷えて、腹痛や下痢を起こしやすくなってしまいます。
    出典 :かわたペインクリニック | 症例5 自律神経失調症・冷え性
     

    腹痛・下痢という症状。

  • 湯たんぽやカイロなどで、腹部を暖めてみる。

  • 湯たんぽやカイロなどで、腹部を暖めてみてください。 私が自律神経失調からくる腹痛の時は、痛くなり始めに暖めうつぶせの状態で安静にします。トランコロンは過敏性腸炎の症状を抑える薬ですが、過敏性腸炎を治す薬ではありません。それと安定剤、抗うつ薬と併用すると、副作用が強く出ることがあるようです。
    出典 :過敏性腸症候群について 現在、激しい腹痛が続いています。 自律神経失調症と言わ... - Yahoo!知恵袋
     

    安定剤(フェノチアジン系、ブチロフェノン系)、抗うつ薬(三環系)

  • 病院で検査をしてもどこにも異常はないのに、下痢や腹痛を感じる

  • この病気の原因として考えられているのは、 ストレス、生活リズムの乱れ、環境の変化、女性ホルモンの影響などです。過敏性腸症候群と原因が似ています。自律神経というのは、交感神経と副交感神経の2つの神経からなります。交感神経というのは、例えば走る。息をする。勉強する。など、 活発に行動するときに強く働きます。
    出典 :過敏性腸症候群と自律神経失調症【過敏性腸症候群(IBS)に勝つ!】
  • 副交感神経は交感神経と逆で、睡眠中やリラックス状態など、 静かな活動をするときに強く働きます。では胃や腸は交感神経が優位状態のときに働くのか?と思いきや、 実は副交感神経が優位状態のときに強く働きます。 ということは、胃や腸が活発になるのは、睡眠中など安静にしているときということになります。
    出典 :過敏性腸症候群と自律神経失調症【過敏性腸症候群(IBS)に勝つ!】
  • 過敏性腸症候群の人の場合は、交感神経が優位状態にないといけないのに、 ストレスなどにより、副交感神経が優位状態になることがあります。 交感神経と副交感神経がおかしな動きをするんですね電車の中で急な排便に襲われたりします。 このように過敏性腸症候群という病気は、自律神経失調症の1種と考えられております。
    出典 :過敏性腸症候群と自律神経失調症【過敏性腸症候群(IBS)に勝つ!】