女性の悩みの夏の肌トラブルを解消するには、どうすればいいの!?

女性の一番の悩みが肌トラブルですよね・・・・。特に夏場は、紫外線も強いし、汗もたくさんかくし、悩みがたくさん・・・。そんな肌トラブル解消術は!?

view134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ▼夏の肌トラブルは、怖い・・・。

  • わたしたちが目で見て「日焼けした」と分かるのは、紫外線の中でもB波とよばれる光の影響です。紫外線B波が肌に当たるとメラニンが働いて肌を守ろうとし、黒い色素を放出します。このメラニンによってシミができてしまうことは、皆さんもよくご存知のことかと思います。
    出典 :夏の肌ダメージの危険因子 | スキンケア大学
  • しかし、実は紫外線にはA波と呼ばれる光もあり、こちらは肌をつくるもととなるコラーゲンを破壊してしまう力を持っているのです。コラーゲンが破壊されると、つくられる肌も元気がなくなり、水分を十分に保てない肌になります。
    出典 :夏の肌ダメージの危険因子 | スキンケア大学
     

    紫外線って様々な悪影響を及ぼしますよね・・・・。
    早いうちから対策をしておきたいところですね・・・・。

  • 紫外線には、気をつけたいところ・・・・・。

  • 夏は高温多湿で、紫外線も強く、お肌にとってはとても過酷な状態が続きます。高温多湿のため、汗などでお肌は一見潤っているように感じますが、エアコンによる乾燥や紫外線によるダメージで実はとっても乾燥しているという、典型的な「隠れ乾燥」が目立つ季節です。
    出典 :隠れ乾燥、テカリ・・・「夏の肌トラブル」対処法!
  • さらに、お肌の表面が乾いていると、お肌の中の水分が逃げないようにとお肌は皮脂をたくさん出します。すると、皮脂の分泌が過剰になってしまい、お肌の表面はテカテカな状態になり、化粧くずれの原因にもなってしまいます。
    出典 :隠れ乾燥、テカリ・・・「夏の肌トラブル」対処法!
     

    肌が乾燥しがちなのは、冬場だけだと思っていましたが、夏にも乾燥してしまうんですね・・・。
    夏は、肌にとって辛い時期なんですね・・・・。

  • ▼夏の肌トラブル解消法は!?

  • 紫外線ダメージや保湿不足によるところが大きく、肌が弱っているのが原因です。肌のハリや弾力を取り戻すには、肌力やコラーゲン再生を高めるエイジングケアのコスメに注目すると良いでしょう。また、いつものスキンケアを長めにしたり、週1のパックを週2に増やすなどして工夫をし、しっかりと保湿し、内側からのみずみずしさを取り戻せばハリも出てきます。
    出典 :夏の肌トラブル事情。スキンケアで改善しよう! | 女子力アップCafe Googirl
     

    肌力やコラーゲン再生を高めるエイジングケアのコスメが夏の肌トラブルの救世主★

  • でも、夏の肌のベタつきやテカリ、毛穴の開きを防ぐためには、何より保湿が大切です。化粧水で肌に水分を与えた後には、きちんと乳液やクリームで蓋をするようにしましょう。
    出典 :夏の肌トラブルで注目される「隠れ乾燥」って?[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
  • 乳液やクリームで保湿を心がけましょう♥

  • ▼美肌には、野菜をたくさん食べよう♥

  • 緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンには抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的だといわれています。毎日摂取することでお肌のハリや潤いを保ち、シミやしわなどの老化現象を抑えるという、まさに美肌への効果が期待ができるのです!
    出典 :美肌のために意識したい野菜の摂取量 | 美肌レシピ
     

    緑黄色野菜は、美肌効果抜群★

  • 緑黄色野菜を食べると風邪予防など健康にもいい♥

  • ▼ダメージが現れ始めるのが8月なんです!

  • 紫外線は、お肌の表面だけではなく、お肌の内部を壊し、自己回復力を低下させてしまいます。お肌が傷ついたり、炎症が続くことで、必要以上のメラニンがつくられ続けてしまうのです。ですから、日頃からの紫外線対策が必要なのです。
    出典 :紫外線によるダメージとは?|大人の肌を素敵な肌へ|基礎化粧品ドモホルンリンクル
     

    怖い紫外線・・・・。曇りの日でもきちんと紫外線対策を★

  • 8月を過ぎるとようやく紫外線の量も落ち着きますが、今の時季は春先から蓄積した紫外線のダメージが一気に肌に表れてくるころ。右のグラフのように8・9月の肌色が一年でもっとも暗いのも、これまでの紫外線ダメージが蓄積しているためです。
    出典 :8月 季節と肌のお手入れ | インプレス
     

    紫外線の蓄積って怖いですね。

  • しっかり日焼け止めクリームを塗ろう★

  • ▼オススメアイテム

  • WTエッセンス

     

    40mL 15,000円(税抜)〈医薬部外品〉

  • 製造メーカーによりますと、メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎ、キメ細かく透き通るような明るい肌が得られるとの事です。試す価値ありあそうですね。

  • ▼紫外線の影響は、「目」にも!?

  • 4月~8月は一年のうちで最も紫外線量が多くなる時期と言われています。紫外線は皮膚だけでなく、眼にもダメージを与えます。眼に入った紫外線は角膜や結膜の細胞を傷つけて炎症を引き起こすだけではなく白内障の原因に関わっているとも言われています。
    出典 :サングラス 紫外線から大切な眼を守る3つの方法 | メガネドラッグ
     

    紫外線が目にも悪影響があったとは・・・・・。
    夏場のサングラスは、必需品ですね★

  • サングラスも紫外線対策グッズ★

     

    なんと紫外線は、白内障の原因に関わっているとも言われているんです・・・・。
    目の紫外線対策にも気をつけましょう★