妊婦さん、妊娠中に「避けるべき薬」とその影響ってどんなものがあるの?

妊娠すると、自分のことだけではなく、お腹の赤ちゃんへの影響が気になりますよね。では、妊婦さんが「避けるべきお薬」ってあるのでしょうか?「妊婦禁忌薬」について調べてみましょう。

view2207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の妊婦さんの「お薬」服用でおなかの赤ちゃんに重大な影響が!?

  • 妊娠初期の、2~4か月目は、胎内で赤ちゃんのからだがつくられる時期だけに、その影響には繊細な注意が必要です。

  • 妊婦の薬服用 胎児への深刻な影響

    2年前に娘を出産した、中部地方の30代の女性です。
    妊娠中、娘の命を失いかねない危険にさらされました。
    妊娠7か月の時、女性は体調の異変を感じ、急きょ産婦人科で診察を受けました。
    出典 :妊婦の薬服用“処方された薬”で胎児死亡も - NHK 特集まるごと
     

    医師から処方された薬で発生

  •  

    お医者さまから処方されているからといって安心できない?

  • 診察した産婦人科の医師が注目したのは、女性が飲んでいた、ある高血圧の薬でした。

    30代の女性
    「1日1回、この量を飲んでいた。」

    薬を飲むのをやめたところ、羊水はもとの状態に戻り、無事、出産できました。
    実は、この薬、持病の治療のため、別の医師から処方され、飲み続けていたものでした
    出典 :妊婦の薬服用“処方された薬”で胎児死亡も - NHK 特集まるごと
     

    娘さんの成長が胎内で阻害されていたのだそうです。

  • では、他の医師が処方していた、原因となったお薬とはどんなものだったのでしょうか?

  • 女性が服用していたのは、ARBと呼ばれるタイプの血圧を下げる薬です。
    よく似た効果があるACE阻害剤という薬とともに、医療現場で広く使われています。
    ところが、妊娠の中期以降、こうした薬を服用すると、大きな危険を伴います。

    胎児は、自分の尿からできた羊水で保護されています。
    母親が服用した薬は、胎盤を通じて胎児の腎臓に作用し、尿を出にくくします。
    出典 :妊婦の薬服用“処方された薬”で胎児死亡も - NHK 特集まるごと
     

    とっても一般的な血圧のお薬。

  •  

    血圧を下げるお薬としてポピュラー

  • すると羊水が減って、胎児は圧迫され、腎臓や肺、それに骨などへの発育が妨げられてしまうのです。
    こうした副作用の危険性は、以前から薬の添付文書に明記されていました。
    さらに5年前には、国が改めて、この薬の危険性に注意を促す通知も出していました
    出典 :妊婦の薬服用“処方された薬”で胎児死亡も - NHK 特集まるごと
     

    お医者さんが注意を見過ごしたことも・・

  • 妊娠の初期は、薬の影響に胎児がとっても過敏って本当?

  • 妊婦中の薬の危険度には、いくつかの要因が関係してくることを最初に述べました。それらのうちで、とくに重要なのが「薬危険度」と「使用時期」です。同じ薬でも、時期によって危険度がまったく違ってくるのです。ここでは、妊娠時期に着目して薬の影響について考えてみることにします。

    おおまかにいえば、要注意なのは妊娠初期です。赤ちゃんの体が作られる時期だからです。一部の薬の使用により奇形の発現率が少し高まるかもしれません。一方、妊娠後期に入れば催奇形性の心配はなくなります。ただ、薬によっては、赤ちゃんの発育や機能に悪い影響をすることがありますので、油断はできません。
    出典 :妊娠と薬_02-03
     

    赤ちゃんの身体を作っている妊娠初期は要注意。

  • 市販薬などでの胎児への影響はあまりリスクがない?怖いのは持病薬

  •  

    東京女子医大の横尾郁子先生が下記のような見解を示されています

  • これまで、この外来に相談に来た人は1万人以上。そのうち、問題のある可能性がある薬を使っていて、「赤ちゃんに障害が出るリスクが10%以上ある」とお話したのは、数人です。つまり99.9%は、薬によるリスクがなかった。基本的に、妊娠初期にうっかり飲んで赤ちゃんに影響の出る可能性のある薬は、ほとんどないといっていいのです。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    意外に実際には低い、薬のリスク?

  • いまやコンビニでも薬が買える時代です。うっかり飲んだ薬で、そのたびに赤ちゃんに異常が起こっていたら、社会的な大問題になってしまいます。
    町の薬局で簡単に手に入る風邪薬や頭痛薬、胃腸薬などの中に、催奇形性(胎児に奇形を起こす性質)の心配がある薬は、まずありません。市販の目薬や貼り薬、塗り薬なども同様で、これらは体にほとんど吸収されません。説明書に「速やかに成分が血中に吸収され…」とあったりしますが、たとえば肩こりでシップ薬を貼って、それが腰痛や頭痛にまで効くことはないわけで、これらは部分的に作用するだけです。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    市販薬は、程度を間違えなければ大丈夫そうですね

  • 市販薬などに胎児へのリスクが高くなる薬は少ないのですが、持病のある人が使う薬は、注意が必要です。抗がん剤、リウマチ、高血圧、てんかんなどの薬の中には、リスクの高くなるものがあります。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    先述の「血圧の薬」など、持病薬、慢性的に摂取する薬には注意