妊娠中の体重管理のコツとは?

妊娠中の体重管理のコツが知りたい!という女性達は多いですよね。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦さんの体重管理のコツは?

     

    妊婦さんの体重管理の方法は?

  • まず絶対項目として挙げられるのが「体重測定」です。
    体重測定は、体重管理が必要とされるダイエットでは基本であり、毎日同じ条件で測定することが重要です。同じ条件下で測定することで、正しい体重の変化を知って管理することができるのです。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 妊娠中の体重管理のコツとしては、体重測定を行うことが大切なのですね。
    体重測定をしっかりと行うことで、体重管理がしやすくなります。
    しっかりと自分の体重の変動を知るということは、効果的に理想の体重を目指すために重要となります。
    また、「体重が増えた」とか「体重が減った」という部分にこだわるのではなく、健康的に体重を維持することができるのに工夫をすることが大切と言えるでしょう。

  • ストレスを溜めないことも大切?

  • 妊娠期間中は、体調の変化や胎児がお腹の中にいることでカラダを思うように動かせないこと、体型とともに変える必要のあるファッションなど、様々なことがストレスとなることがあります。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 妊婦が受けるストレスは胎児にも届いているため、ママ友と一緒に外出したり、子育ての情報交換をしたりして、ストレスを発散しましょう。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 無理な体重管理は赤ちゃんに悪影響?

     

    無理に体重管理をすると赤ちゃんに悪影響が出るようです。

  • 適度なダイエット意識は、健康にもお腹の胎児にも良い影響となります。
    高カロリーなど、栄養が偏った食事の食べ過ぎは妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を引き起こす原因になるからです。妊娠高血圧症候群は、高血圧や浮腫みを生じさせ、合併症を引き起こすなど、母子ともに悪影響を受ける可能性があるとされています。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 反対にダイエットを意識しすぎて、体重が増えないようにと痩せている妊娠女性は、胎児の体重が増えず、低体重で生まれてくるケースがあるそうです。赤ちゃんが成長してから、体に何らかの障害がでてくる可能性もあり、そのため妊娠時期の過剰なダイエットには注意が必要です。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • ダイエット意識を持つことは大切なのですが、過度に持ちすぎても赤ちゃんに悪い影響が出るようですね。
    無理な食事制限ももちろん、体にも赤ちゃんにも悪い影響を及ぼしてしまいます。
    ダイエットのし過ぎで痩せすぎたり、栄養不足になっても体に悪いですし、赤ちゃんにも悪い影響が出てきます。
    低カロリーで高タンパクの食べ物を食べているだけでも、十分に体重を落とすことはできるでしょう。
    無理なダイエットを行うよりも、低カロリーで栄養素の含まれている食べ物を食べると良いでしょう。

  • 食事管理も必要?

  • ダイエットを行う場合には、食事管理をしっかりとすることも大切です。
    栄養バランスがしっかりととれた食事を行うことも大切ですし、食事内容が変われば体重にも大きく影響してきます。
    食事管理をするということも、理想の体重になるために効果的な方法と言えるでしょう。

  • その時々で摂った食事を記録に残しておくことで、一日に食べた摂取カロリーを知ることができたり、残り何kcalまで大丈夫など、カロリー計算がラクになります。続けていく中でカロリー計算がしっかりできるようになると、体重管理だけでなく、体重をキープすることなどもできるようになると思います。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism
  • 塩分の摂り過ぎは良くない?

  • 塩分摂取量は妊婦にとって重要で、摂り過ぎると高血圧や浮腫みが見られるようになり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になることもあります。
    妊婦は塩分摂取量を約7.5g以下を目安に、妊娠高血圧症候群を予防しましょうと言われています。
    出典 :基本に学ぶ、妊婦の体重管理のコツ | ダイエットSlism