効果を生かす為にも・・・【フランキンセンスのブレンド】を覚えて!

フランキンセンスのブレンドを覚えてアンチエイジングなどの効果を生かせるようにしよう。

view78

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フランキンセンスは

  • フランキンセンスのエッセンシャルオイル(精油)は、定着性の高い木製の甘い香りの中にも、かすかにレモンに近い染み透るような芳香を含んでいます。古くから祭壇や寺院で薫香としても使われてきた香りで、雑念を追い払って心を安らかに鎮めたいときに役立ってくれます。
    出典 :フランキンセンス エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)
  • アロマテラピーではキャリアオイルに希釈して行うフェイシャルマッサージに良く使用されるエッセンシャルオイル(精油)の一つでもあります。特にネロリとのブレンドは非常に高い相乗効果が得られるといわれています。サンダルウッドと同じように、年月を経るに従って香りと質が向上する数少ないエッセンシャルオイル(精油)の一つです。
    出典 :フランキンセンス エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)
  • フランキンセンスは

     

    アンチエイジングに鎮静効果や病気に対する効能があるとして昔からしようされてきたものです。だからこそ、しっかりとしたブレンドをする事で楽しみながら使う事が出来るのですよ。

  • アロマ保湿ローションに

  • ■ 材料と道具(材料)・ ミネラルウォーター 50ml(精製水でも可)・ ドライハーブ浸出液 小さじ1・ グリセリン 小さじ1・ お好みの精油 5滴 (道具)  ・ ローション容器 50ml・ ラベルシール ・ ビーカー 1個(50ml 以上の大きさのものが良い)・ ガラス棒
    出典 :2/4 アロマ保湿ローションの作り方 [アロマテラピー] All About
  • 1) ビーカーにハーブ浸出液小さじ1を入れて、お好みの精油を5滴加えます。(2) 続いてグリセリンを加え、ガラス棒で優しくかき混ぜ、馴染ませます (3) そこにミネラルウォーター50ml を数回に分けて注ぎます。ガラス棒でやさしくかき混ぜれば出来上がり! 約半日置くと、中味の成分が馴染んで使用感が良くなります。
    出典 :2/4 アロマ保湿ローションの作り方 [アロマテラピー] All About
     

    これで出来上がりですね。しかし、ブレンドを知っていないと上手くいきません。

  • 相性の良いブレンドは

  • ラベンダー、オレンジ、ローズゼラニウム、ネロリ、サンダルウッド、バジル、パチュリ
    出典 :フランキンセンス オイル (アロマオイル/精油)
     

    これらがフランキンセンスのブレンドに相性が良いとされています

  • また、別の話ですが

     

    妊娠中にはあまり良くないとされているので、出来れば避けた方が良いでしょう。それ以外では安心してつかうことが出来るので、常用に置いておきたいですね。

  • ※禁忌事項:妊娠4ヶ月までの方は使用を控える方がいいでしょう。低血圧の方は気分が悪くなる場合があるので注意が必要です。 精油の組み合わせを変えることで、自分の肌状態に合わせたアロマ保湿ローション作りを楽しめます。その他に適している精油として、ローズ、ネロリ、ゼラニウム、パルマローザなどがおすすめです。
    出典 :2/4 アロマ保湿ローションの作り方 [アロマテラピー] All About
  • 私は安眠用のブレンドオイルを枕元に置いて寝ることが多いのですが、その中にもこの精油を使っています(ちなみにこれはフランキンセンスとラベンダー、オレンジのブレンドです)。ゆったりとした雰囲気を持つ香りなので、この香りを使うと、リラックスして深呼吸することの大切さを思い出します。
    出典 :フランキンセンス オイル (アロマオイル/精油)
  • パワーを感じる

  • 精油は香りが似ていて共通の成分が多くても、含有量や他の成分とのバランスによりその精油にしかないパワーや働きを生み出します。だから「ジャスミンやローズの代わり」なんて言わずに、その精油の香りやパワーを感じ取ってみて下さい。
    出典 :精油(フランキンセンス): 森のしずく
  • 精油はブレンドされることによってシナジー効果(相乗効果)をもたらし、お互いに作用を高め合う性質を持っています。上のレシピも季節や肌の調子によって、いろんな精油のブレンドを試してみて下さい。
    出典 :精油(フランキンセンス): 森のしずく
     

    自分だけのベストブレンドを見つけてみてくださいね。