頬が赤みがひどくなる原因は?赤ら顔などと呼ばれますが治療・対策・予防はどうすればいい?

頬が赤くなっている状態とは一般的に伸び縮みを繰り返している毛細血管が正常な機能を果たさず、常に敏感になっている皮膚から毛細血管の色が表面に見えやすくなっているみえる様子です。

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 原因 1

  • 頬が赤くなっている状態とは一般的に伸び縮みを繰り返している毛細血管が正常な機能を果たさず、常に敏感になっている皮膚から毛細血管の色が表面に見えやすくなっているみえる様子です。

    温暖差の激しい場所を行き来したときに頬が赤くなる状態はこのことの影響が多く、寒い地域に住んでいる方に特に多くみられます。

    体が冷たくなると頬の赤みにも影響します。体が冷たくならないようにする方法は冬は厚めの靴下を履いたり、お風呂へ入る時に入浴剤を使用します。


    アレルギーや日焼けの原因の時もあります。その時だけ肌が炎症を起こして赤くなることも。この状態の時は原因が改善されるまで様子を見るか対策をこうじます。


    温暖差が激しい場所への移動、精神的なストレスを感じる、ステロイド剤の長い使用期間などが考えられます。
    頬が赤くなるのは人によっても変わってきます。顔全体が赤くなる人、頬だけの人、ほてり長くなる人、鼻だけ赤くなる人など。

  • 原因 2

  • 頬の赤みが気になる方は、ご自身で皮膚を薄くされているケースがありますので気を付けたほうがいいかもしれません。普段、顔を洗ったりマッサージしたりすることで行われています。

    仮に肌を強めに刺激していなくてもピーリング剤などを使い、刺激が強い場合もかんがえられますので化粧品のことも気をつけないといけません。

    頬などは顔の中では少し前へ出ている箇所なので紫外線による影響もあります。
    そして赤みが悪化すると、水分を奪われて乾燥肌になることも。


    頬の赤みが濃くなると毛細血管が見えやすくなるのと、免疫が落ち込みニキビや肌あれなどの症状が出て、赤くなってきます。

    頬が赤くなるということは、皮膚の外側で外からの刺激を防ぐことや刺激の影響を緩和する働きをしている角質層に負担がかかっています。

    外から刺激を受けやすくなると「炎症増悪たんぱく質」という物質が作られます。
    サイトカインという物質が、こちらのたんぱく質の侵入を防ぐために攻撃を開始します。サイトカインが皮膚の内側で増えると炎症が起こる仕組みになっています。

  • 頬の赤みの予防・対策

  • 角質層を改善するために気をつけることです。
    刺激が強くない石鹸、スキンケア商品を使う。
    頬の赤みがひどい場合、化粧を薄くし、落とす時にクレンジングオイルの使用を控える。
    顔を洗う時は肌を強く刺激しない。
    紫外線対策を行う。

    炎症や肌に問題をなるべく起こさせないように予防するには皮膚の厚みをより良く保つことが必要です。

    薄い皮膚を改善するには、角質層が重要になります。角質層が正常になれば、水分を保つ能力が高まり、外からの影響を受けにくくなります。

    毛細血管が広がり状態が悪くなることがなくなるので正常な角質層になり赤みが良くなります。

  • スキンケア方法

  • 毎朝顔を洗う時は洗面所で行い、夕方ににはクレンジングで化粧を落とします。
    毎日、夜に顔を洗う時はお風呂で行う。

    朝は水だけと使って顔を洗います。石鹸や洗顔料は控えます。
    クレンジングはふき取り専用の水クレンジングを使用します。

    クレンジングはオイル→クリーム→ゲル→ミルク→ローションの順番で行うとクレンジングの効果がより良く働きます。ようするに肌への影響が強いものから順番にということです。ゲルが肌に合わない方はミルクなどを使用しましょう。

  • 正しいクレンジング方法 ―スキンケアの新常識―

     

    スキンケアで赤み改善

  • スキンケアのアドバイス

  • オールインワンゲルしようするタイミングは顔を洗った後です。肌が乾きはじめてからしようします。水分が残っていると浸透力が弱くなりるので使用するタイミングを考慮します。

    洗顔料を使用しないのは、乾燥肌の方は皮脂の分泌があまり活発ではありません。なので水で汚れを落とす意味があります。

    就寝前の保湿は寝ている時も肌は乾燥します。起床まで潤いを保持するためにきちんと保湿する必要があります。

    費用もあまりかかりませんので一度お試しされることをお勧めします。

  • まとめ

  • 頬の赤みは温度差、スキンケアの方法、アレルギーなどの原因が考えられ普段気をつけることを意識し改善すると良くなる傾向だということですね。すぐ良くなって欲しい気持ちが強くなりますが焦らなりことを心がけるといいかもしれません。