「ギラン・バレー症候群」聞いた事ありますか???

「ギラン・バレー症候群」って聞いた事ありますか??
この病気は難病なのです!!

view188

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ギラン・バレー症候群

  • ギラン・バレー症候群とは

     

    神経機能を麻痺させてしまう
    恐ろしい病気なのです
    詳しい説明についてご紹介いたしますね

  • ギラン・バレー症候群は急性多発性神経炎とも呼ばれ、自己免疫異常によって末梢神経に麻痺が起こる状態をいいます。ギラン・バレー症候群で麻痺が起こる仕組みは、末梢神経に対するアレルギー反応で抗体が作られ、これが神経機能を麻痺させるといわれています。
    出典 :ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)
  • 筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気です。約3分の2の患者さんが、発病の1-2週前に風邪をひいたり下痢をしたりしています。手足のマヒの程度は発病してから1-2週以内にもっともひどくなり、重症の場合には呼吸もできなくなります。
    出典 :ギラン・バレー症候群とは ?
     

    呼吸が出来なくなってしまうまでに至るととても大変なのです

  • ギラン・バレー症候群は男性の方がかかりやすいようです。
    出典 :ギラン・バレー症候群とは ?
     

    全ての男性の方!確率はあるので気をつけてくださいね
    奥様が見られている場合は旦那様に注意喚起を!

  • 原因

  • 原因

     

    この病気の原因はいまだ研究中ですが
    どこまでわかっているのでしょうか?
    色々な原因の説が上がっているのです

  • ウイルスや細菌が、わたしたち人間の運動神経と似た構造を持っていることが最近、明らかにされました。風邪をひいたり下痢をしたりしたときに、そのもととなったウイルスや細菌を排除しようとして、わたしたちの血液中には「抗体」という物質ができます。
    出典 :ギラン・バレー症候群とは ?
     

    この場合に抗体があやまって攻撃してきてしまうそうです!

  • 症状

  • 麻痺症状がみられますが、治りやすいです。麻痺が起きる前は、約1週間前から風邪や下痢症状が起こり、足が重く感じたり、痺れを感じたりしていることが多いです。その後突然、手足の麻痺症状があらわれ、ひどい場合は顔面神経麻痺、呼吸筋の麻痺、脳神経麻痺を伴うことがあります。
    出典 :ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)
     

    1週間前から前兆が起こるのですね

  • 両手両足に力が入らなくなり、動かせなくなります。また多くの場合に手足の先にしびれ感を感じます。顔面の筋肉や目を動かす筋肉に力が入らなくなったり、呂律がまわらなくなったり食事をのみこみにくくなったりすることもあります。場合によっては呼吸ができなくなることもあります。
    出典 :難病情報センター | ギラン・バレー症候群
  • 検査方法

  • 髄液検査、検便、抗体値検査、筋電図など。
    出典 :ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)
     

    シンプルですが、これらの方法で検査する事が出来るようです
    早めに気づけると良いですね

  • 治療方法

  • 一般的に麻痺は時間が経過すると回復していくため、麻痺の回復を促す運動訓練を行います。呼吸麻痺を引き起こしている場合は人工呼吸で回復を待ちます。
    出典 :ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)
  • 病気がはじまってからなるべく早く、血漿交換療法あるいは免疫グロブリン大量療法を行うと、ピークの時の症状の程度が軽くなり早く回復することがわかっています。また症状のピークの時には人工呼吸器を用いたり血圧の管理を行ったりといった全身管理が重要であり、回復する時期にはリハビリテーションも大切となります。
    出典 :難病情報センター | ギラン・バレー症候群
  • 症状は遅くとも1ヶ月以内にピークとなり、その後徐々に回復にむかい、6~12ヶ月で多くの患者さんがほぼ完全によくなります。しかし後遺症が残る場合もあり、欧米からの報告では、後遺症で自力歩行ができない方が約15%、経過中に亡くなられる方が約5%と報告されています。
    出典 :難病情報センター | ギラン・バレー症候群