10代で妊娠することを軽く考えないで下さい

10代で妊娠・出産することが当たり前になりつつあります。
若いママに憧れを抱く人は少なくありませんが、妊娠を軽く考えることはおすすめできません。

view66

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 10代の妊娠は予想外がほとんど

  • 10代の妊娠の多くは、望んでいたものではありません。性行為の若年化で1番怖いことは、妊娠した後の知識を知らないまま「妊娠してしまう」ことです。
    出典 :10代の妊娠
     

    10代で妊娠した人は、「まだ妊娠を望んでいないのに妊娠した」もしくは、「妊娠したいという気持ちだけが先走った」場合がほとんどです。

  • それは「中だし=妊娠」という知識を、根底に強く持ちすぎているからかもしれません。自分や周りの友達が、1度や2度、避妊なしで妊娠しなかったら、すっかりと「自分は簡単に妊娠しない」と思い込んでしまうのでしょう。
    出典 :10代の妊娠
  • 避妊をしない多くの10代の人は「もし妊娠したら生もう」と、安易な気持ちで考えているケースもあります。
    出典 :10代の妊娠
  •  

    妊娠はそんなに簡単なことではありません。
    まだまだ子供である10代に、子供を育てることができるのでしょうか?

  • 10代の妊娠にはこんなリスクもある

  • リスク1:ホルモンバランスが整っていない
    10代では、まだホルモンバランスが整っていないといわれています。そのため、母体としての準備が不十分。
    出典 :若いママになりたい! 10代で妊娠・出産するリスク3つ | 恋愛jp
     

    辛い思いをするのはお腹の中にいる赤ちゃんです。
    自分が未熟なせいで赤ちゃんにつらい思いをさせて良いのでしょうか?

  • リスク2:骨盤の発達が不十分
    骨盤の発達が不十分だということは、出産時の母体・赤ちゃんに及ぼすリスクが高まることを意味します。
    出典 :若いママになりたい! 10代で妊娠・出産するリスク3つ | 恋愛jp
     

    もちろん、ママの体もボロボロになってしまいます。

  • リスク3:心の未発達
    「子どもが欲しい」と本気で思った大人たちですら、育ててみたら「思ったよりも大変だった」と挫折する人がいるくらい……育ててみないとわからない大変さがあるということです。
    出典 :若いママになりたい! 10代で妊娠・出産するリスク3つ | 恋愛jp
     

    10代の場合は、子供ができることによって我慢することが多いのです。
    もちろんその分ストレスも溜まってしまいます。

  • 出産?中絶?

  • 10代の妊娠(特に学生)は中絶した方がいいと、頭ごなしに決め付けて言う人もいます。しかし出産後に幸せな人生を送れるか、または苦しく辛い人生になるかは試してみなければわかりません。
    出典 :10代の妊娠
     

    10代で妊娠したら、出産するか中絶するかで悩むことが多いかと思います。
    どちらにしても辛い思いをするのは目に見えていますね。

  •  

    辛い思いをしないためには、将来のことを考えて避妊することが大切です。
    10代で妊娠すると、本人も彼も負担が大きくなってしまいます。

  • 中絶体験談

  • 医者に妊娠の診断をされるまで、心のどこかでは楽観視してた。
    まさか中絶を自分がするとは思ってなかった。
    妊娠検査薬の間違いだって思ってた。
    出典 :中絶の体験談|避妊中絶の基礎知識
  • 手術は麻酔が効いててあっという間に終わってしまいましたが、罪悪感だけがずっと残っています。できることなら産んでいっぱい愛情を注いで育てたかった。その後も、精神的に不安定な毎日で、仕事にも行きたいくない、誰にも会いたくない日が続きました。
    出典 :中絶の体験談|避妊中絶の基礎知識
  • 10代で妊娠・中絶をした場合、精神的なダメージがとっても大きいようです。
    このような思いをしないためにも、妊娠を軽く考えず、自分を大切にして下さい。