3歳までは虫歯菌に要注意!

虫歯菌に感染させないようにするためには、乳幼児期、特に3歳までが大切な時期です。

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生まれたときはみんな虫歯菌はゼロ!

  • 歯並びや骨格が遺伝することはあっても、虫歯が遺伝することはありえません。なぜなら、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯の原因菌であるミュータンス菌は存在しないからです
    出典 :赤ちゃんの虫歯の原因は、親の虫歯?/babycom
  •  

    最初はみんな、虫歯菌を持っていません!

  • ミュータンス菌はなくならない!

  • 現在、虫歯の人はもちろん、過去に虫歯になったことがある人は必ずミュータンス菌を持っており、その割合は日本人の9割にのぼると言われています。
    出典 :赤ちゃんの虫歯の原因は、親の虫歯?/babycom
  •  

    ミュータンス菌は、虫歯になった経験のある人は多かれ少なかれみんな持っています。

  • 親のミュータンス菌が感染源の場合も

  • お父さんが口をつけた箸やスプーンで赤ちゃんにごはんを食べさせる、固い食べ物をお母さんが自分の歯で噛んでそれを与えてしまうなどの行為によって、そこから両親のミュータンス菌が赤ちゃんの口の中に入ってしまうことが考えられます。
    出典 :赤ちゃんの虫歯の原因は、親の虫歯?/babycom
  • 感染源の50~70%は赤ちゃんのお母さんとされ、「虫歯菌の母子感染」と言われています。
    出典 :虫歯母子感染リスク検査_幼児 授乳の虫歯、赤ちゃんの歯磨きについて虫歯予防.com
  • 3歳までは特に気をつけよう!

  • 3歳までが勝負です。一生虫歯で苦労する人は3歳までに虫歯菌が感染して、そしてお口の中に定着してしまった人です。 虫歯菌は感染しても、だいたい3歳くらいまでに糖分を多くとらない環境になければ口の中に定着はしません。ということは、虫歯菌を感染させず、定着させなければそれが一番の虫歯予防になるのです。
    出典 :虫歯予防はいつからするの?
  • 歯を磨かなくても虫歯にならない人のだ液を調べると、ミュータンス菌が口の中に全くいないか、いてもごくわずかです。これは、生後3歳までに親の口からミュータンス菌の感染を受けなかった結果です。
    出典 :虫歯菌除去・3DS|名古屋市 中川区 歯科 医院|助光デンタルクリニック
  • ミュータンス菌を定着させないように

     

    スプーンやお箸、飲み物の共有、スキンシップなど、日常してしまう危ない行動はたくさん・・子供の口にミュータンス菌を入れないことってなかなか難しいですよね。
    でも、口の中を清潔にし、ミュータンス菌を定着させないようにすれば、かなりの確率で虫歯を予防できます。

  • キシリトールを利用しましょう

  • キシリトールは、砂糖とは異なる分子構造の糖類なので、ミュータンス菌がいくら取り込んでも、酸やグルカン(ネバネバ物質)を作ることができません。キシリトールを利用することでミュータンス菌の量を減らすことができるのです。キシリトールは親子で利用しましょう。
    出典 :もっと強力なむし歯菌「ミュータンス菌」の感染を防ごう。【赤ちゃん・子供の歯磨き情報 118kids】ベネッセ子育てインフォ
  • キシリトールを食べ続けると、歯垢の中の微生物、いわば虫歯菌の一種が、2週間ほどで、キシリトール耐性菌と呼ばれるものに変化する。このキシリトール耐性菌が、他の虫歯菌に比べて粘着度が低くさらさらしているため、歯垢ができても容易に取れやすくなるようである。
    出典 :houkoku
  • キシリトールは2週間連続で

     

    2週間ほどで歯菌がキシリトール耐性菌に変化するそうです。連続して2週間食べ続けることが効果的です!