広汎性発達障害について勉強しましょう

今回は広汎性発達障害についてまとめてみました。一緒に勉強しませんか?

view214

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 広汎性発達障害とは?

  •  

    まずは定義です。

  • 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性(しょうにきほうかいせい)障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> - goo ヘルスケア
     

    あくまで発達障害の総称です。

  • 原因

  • 遺伝的要因(多因子遺伝との説が有力であり、欠陥ではありません)のみが関係しているなら、爆発的に増えている説明にはなりません。

    やはり何等かの複合的原因があると考えられますが、全ては仮説でしかありません。
    出典 :広汎性発達障害が増加の原因は何ですか? - Yahoo!知恵袋
     

    遺伝が原因という説が有力ですが、まだはっきりとは分かっていません。

  • 広汎性発達障害とは、脳の器質的な異常により、生まれつき持った発達障害のことをいいます。ですので、広汎性発達障害だと診断されたとしても、生まれてから今までの育て方などに何か問題があったために起こったわけではありません。
     

    これは大事です。育て方は関係無いのです。

  • 一般に「男性には広汎性発達障害が多く、女性には境界性パーソナリティー障害が多い」ようですが、単純にテストステロンとエストロゲンという性ホルモンの分泌の違いが影響大かも。他には「ギフテッド・チャイルド(例えば、IQが130以上)の人はテストステロンの値が高い」というのもありました。
     

    ホルモンの影響があるかもしれないのですね。

  • 症状

  • (1) 対人関係の異常
    ⇒視線が合わない、友達関係が作れない、他者に気持ちを伝える事が苦手、

    (2) ことばやコミュニケーションの異常
    ⇒ことばの発達が遅れている、単語だけで話す事が多い、会話のやりとりができず一方的に話す、オウム返しをする、遊びのルールや役割を理解できない、みんなと助け合いながら共同作業をすることが困難
    出典 :PDD(広汎性発達障害) - 特徴 - 発達障害について学ぶ|発達障害・自閉症・ADHD・学習障害などの情報共有サイト - ふぁみえーる
     

    周りに合わせることができないということです。ただし病気が原因ですので、育て方が悪かった訳ではありません。

  •  

    トラブルにならないように子供を見守りましょう。

  • (3) 特徴的なこだわり
    ⇒興味を持っているものが限られている、周りからみて意味のない習慣にこだわる、くるくるとまわったり手のひらをひらひらさせたりする


    (1)、(2)、(3)いずれの特徴にも当てはまるものを自閉症、(1)と(3)のみに当てはまるものをアスペルガー障害と呼びます。ほかにも他に分類されない広汎性発達障害(PDD-NOS)などが含まれます。
    出典 :PDD(広汎性発達障害) - 特徴 - 発達障害について学ぶ|発達障害・自閉症・ADHD・学習障害などの情報共有サイト - ふぁみえーる
     

    どういう症状が出るかで、広汎性発達障害の中のどの病気になのかがわかります。

  •  

    こだわりなどを頭から否定してはいけません。

  • 広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder:PDD)対人関係が薄く、社会性の発達がわるい、コミュニケ-ションの障害がある。興味・活動が限られ、強いこだわりがある。反復的な行動(常同行動)がみられることがある。
     

    それが特徴なんですね。

  • 改善法

  • 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。
     発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> - goo ヘルスケア
     

    特効薬の開発が待たれます。

  •  

    症状別に対処していくのが基本となります。

  • 「治らない」のは脳の状態であって、他人とのコミュニケーション能力などは

    学習することによって改善することはできます。



    発達障害といっても、「周囲との折り合いがつけにくい状態」に過ぎないのです。
    出典 :発達障害の治療 | 広汎性発達障害
     

    あくまで根本治療ができないだけであって、個別の症状については改善できる可能性があるのです。

  • 発達障害の子どもは、発達障害を持ちながらも日々成長しています。

    発達に偏りはあるものの、誰もが素晴らしい可能性を秘めています。

    適切な支援と治療教育(療育)を受けることによって、

    大きく成長、発達することができるでしょう。
    出典 :発達障害の治療 | 広汎性発達障害
     

    悲観して行けないということです。

  •  

    適切な療育で症状の改善は可能です。