しっかりしよう「日焼け対処法」に関するまとめ

日焼け対処法に関するまとめを作ってみました。参考にしてみてくださいね。

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ケアの基本は冷やす事

  • リゾート地では、開放的な気分になって遊んでいるうちに、ふと気づくと皮膚が真っ赤になっていることもよくあります。 日焼けは「やけど」と同じです。 皮膚が赤くかゆくなるのは、日焼けの軽い状態。そんなときには、日焼けした部分をまず冷やすのが基本です。皮膚を保護するためにワセリンを塗って、保冷剤などで冷やしてください
    出典 :どうする? 日焼けの対処法 | 皮膚科 | +Wellness プラスウェルネス
  • 軽い日焼けは、皮膚の角質が炎症を起こしている状態。皮膚は大きなダメージを受けていますから、2~3日は石けんを使って洗わないようにしましょう。また日焼けをすると、あわてて、いろいろなローションを塗ってケアをしがちですが、急性期はそれがかえって刺激になるので気をつけて。
    出典 :どうする? 日焼けの対処法 | 皮膚科 | +Wellness プラスウェルネス
     

    スーッとするタイプのものは刺激が強いので避けた方が良いでしょう。

  • ちょっとした事でも

     

    日焼けが起きてしまう状況って出来ますよね。そうなってくると色々と問題が出てきます。なのでこの対処方法をつかって自分にあった対処を覚えておきましょう。基本も大切ですよ。

  • 日焼けをした当日の夕方から夜にかけてヒリヒリと痛み、ジンジンとする時は、とにかく氷で焼けた箇所全部を冷やします。ガーゼなどを当ててから氷袋を置くようにします。これは火傷だな、夜も眠れなさそうだという時は早めに皮膚科を受診します。
    出典 :火傷みたいな日焼け対処法
  • (でも、休みだったり診療時間が過ぎる頃に痛みが増すことがほとんどですので、最悪は上記のような対処をします)ただ氷でしばら冷やしたら少しはずして、また冷やすというようにしないと、冷やしっ放しも肌に良くないので、氷を当てる場所を変え、注意しながらケアします。
    出典 :火傷みたいな日焼け対処法
     

    このあたりも大切ですよね。

  • 痛くてどうにかしたい人は

  • 今、肌が赤くて、痛くて、「どうにかしたい」という人へ、とにかく、『冷やして ⇒ 保湿』をしましょう。“冷やす”ことで、炎症の拡大を抑えられるわけではありませんが、「痛み」は和らぎます。
    出典 :【日焼け】"赤み"と"痛み"を治すには その対策は? | 知っトク ナビたん
  • 濡れタオルや冷水のシャワーで、赤く痛む部分を冷やして下さい。個人的には保湿性のいいコットンや濡れタオルがオススメで、冷やす目安は “肌がひんやりして、触っても熱を感じなくなる” くらいまで。それから、普段つかっている化粧水をコットンにつけ、患部をパックしましょう。
    出典 :【日焼け】"赤み"と"痛み"を治すには その対策は? | 知っトク ナビたん
  • 皮むきは無理にしない

  • ムリに剥かない方が良いですね。(自然にむけるのは良いですが)剥いた痕が、全て黒いシミになります。特に、首や背中にニキビができる人は要注意で、皮の剥けた部分の全てで、ニキビができると考えて下さい。
    出典 :【日焼け】"赤み"と"痛み"を治すには その対策は? | 知っトク ナビたん
  • 仕上げにあるものを

  • 化粧水で肌がうるおったら、水分が逃げないよう、仕上げに馬油やオリーブオイル、ワセリンを使いましょう。これらは肌を保護し、やけどの痛みを軽減する作用があります。日焼けした部分に塗り、上からラップをまけば、肌が空気にふれなくなり、刺激の遮断と保湿にいっそう役立ちます。
    出典 :日焼けによるしみを残さない!実は怖い「うっかり日焼け」の対処法 | 読む美容の処方箋
  • 紫外線を浴びると、大量の活性酸素が発生します。増えすぎた活性酸素は、肌細胞にダメージを与えてしまうため、それを防ぐために今度はメラニン色素が増え出します。メラニン色素はしみのもとになりますから、新陳代謝を活発にして、うまく排出する必要があります。
    出典 :日焼けによるしみを残さない!実は怖い「うっかり日焼け」の対処法 | 読む美容の処方箋
  • そこで、日焼けの後こそ、抗酸化力の高い食べ物を摂り入れ、体の中からケアしましょう。抗酸化力が高い栄養素は、ビタミンCやビタミンE、リコピン、アスタキサンチンといったもの。食品としては、レモン、アボカド、トマトなどの野菜や、鮭などがオススメです。
    出典 :日焼けによるしみを残さない!実は怖い「うっかり日焼け」の対処法 | 読む美容の処方箋
  • 睡眠をしっかり

     

    眠っている間に新陳代謝が活発になり、新しい肌がうまれるそうです。紫外線を浴びた後は肌も体も疲れがたまっているので早めに就寝するようにしましょうね。