寝違えは病院に行くもの?行かないもの?どっち?

寝違えは病院に行ったほうがいいのか、それとも行く必要がないのかで迷ってしまう人は多いでしょう。
寝違いにはさまざまな種類があり、どの診療科に行けばいいのか分からない人はたくさんいます。
寝違えになった時のために役立つ情報を教えましょう。

  • rinko 更新日:2014/11/28

view4247

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝違えば病院?

  • 寝違えとはよく耳にする状態ですが、詳しい説明ができる人はほとんどいないでしょう。
    さまざまな原因によって、首に痛みを覚えて、首を動かすのが制限されてしまう状態のことです。
    睡眠中に無理な姿勢を取ってしまうと、それによって寝違えることはよくあります。
    また、首を無理やり動かしてしまうことによって、筋肉に大きな負担がかかってしまい、筋肉痛のような痛みが生じることがあります。
    寝違えには軽い症状の場合から重い症状の場合までさまざまであり、スポーツ選手が寝違えによって欠場することもあります。

  • 寝違えには色々な原因があります。
    睡眠時の姿勢が問題となっている場合や、リウマチや肩こりが慢性的に続いてしまうために起きてしまう場合、あるいは枕の高さが合っていないときに起きることもあります。
    寝違えてしまった時には無理に動かさずに安静にしていることが大切です。
    ストレッチをすることで解消される場合もありますが、逆にそれが原因となって症状が悪化するケースもあります。
    通常は数日程度で自然と回復するのですが、それ以上経っても治らない場合には病院へ行くべきでしょう。

  •  

    まずは検査をしてもらってからの治療の方がよいでしょう。

  • 寝違えた時のために、病院についての情報を事前に調べておきましょう。
    近所にある接骨院について調べておいて、万が一の時にはどこに行くのがいいのかを決めておいてください。
    寝違えてから慌てて病院を探そうと思っても、首が痛くて、集中力が続かず、いい加減に決めてしまうケースが多いです。

  •  

    街の整骨院で相談をしてじっくり治していきましょう。

  • 治療について

  • 寝違えの治療方法には色々なものがあります。
    たとえば、ハイボルテージ療法では、寝違えによって痛みが生じている部分に電気刺激を与えることによって、炎症を抑えて、痛みを和らげることができます。
    この治療方法では、早期治癒を実現することが可能です。
    炎症や腫れが見られる場合に有効な方法です。
    はりを患部に刺すことによって刺激を加えて筋肉を柔らかくして治す方法もあります。
    寝違えの症状は治ったけれども、違和感を感じる場合には特別なマッサージをすることがあります。

  • 寝違えを治療するために、何の根拠もないマッサージを自分の力で行うのはやめましょう。
    たとえば、痛みを感じるからといって、患部に強い力を加えようとする人がいるのですが、それは余計に痛みを増す結果となります。
    まずはできるだけ楽な姿勢となって、痛みを抑えるための努力をするべきです。
    できるだけ病院で治療をした方が早く症状を抑えることができて、完全に治すことができます。
    自然治癒に任せる場合は、できるだけ安静にしておかないと、長引いてしまいます。

  •  

    首の治療は専門家の指示を仰いでください。

  • 寝違えてしまい、痛みが生じている時には冷やすことが大切です。
    炎症を起こしているから痛みが出ているのであり、それを抑えるためには冷やすことが一番なのです。
    また、シップを貼るのも効果があります。

  • 寝違えは睡眠の病気である

  • 寝違えを起こさないためには正しい寝方を心がけましょう。
    まず、自分の首や肩の高さなどとよくあった枕を選ぶことが大切です。
    寝違えを頻繁に起こす場合はそもそも枕が自分の体に合っていないことが多いです。
    基本的な寝方は仰向けに寝ることです。
    手足の力を抜いて、できるだけリラックスした状態になりましょう。
    体のどこかに負担がかかってしまような寝方はやめましょう。