涙はどんな働きをしているの?涙目になる病気について

目の病気には様々なものがありますが、涙目になる病気がいくつかあります。
具体的にどんな病気があるのか、まとめました。
また、涙にはどんな役割があるのでしょうか?
目の健康に必要不可欠な、涙の働きについてもまとめています。

view32

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 涙の働きとは?

  •  

    涙と聞くと、感動した時や悲しいときなど、感情が高ぶった時に流れるイメージがありますよね。
    しかし、このように感情が高ぶった時はもちろんですが、目は常に涙が出ている状態なのです。
    目から溢れるほど涙の量は多くありませんが、これを基礎分泌と言います。
    涙には、3つの大きな働きがあります。
    まず1つ目は、目の渇きを潤す働きです。
    目は常に潤った状態ですよね。
    目が乾いてしまうと、痛みやかゆみ、見えずらいなど様々な症状を感じるようになります。
    症状が酷くなると、目だけでなく頭痛や肩こりなどの症状も表れます。
    このような状態はドライアイと呼ばれ、現代では多くの人がこのドライアイに悩まされています。

  • 酸素や栄養分を目に伝える役割をもちます。
    出典 :涙の役割と目の乾燥対策 | 快適視生活応援団
     

    2つ目が、目の健康を維持する働きです。
    体の中には血管があり、この血管が酸素や栄養分を運ぶ働きをしています。
    しかし、目の中の角膜という部分には血管が通っておらず酸素や栄養分が届かない状態なのです。
    そこで涙が大活躍します。
    涙には酸素や栄養分が含まれているため、角膜が酸素不足や栄養不足になることはありません。
    このようなとても大切な働きを担っているのです。

  •  

    目は、常に空気に触れています。
    空気中には、目には見えませんがたくさんの菌が浮遊しているため、目に菌が入りやすい状態なのです。
    このような菌から目を守っているのが、涙です。
    これが涙の3つ目の働きです。
    万が一菌が目に付着しても、涙が洗い流してくれるため感染症にかかることはほとんどありません。
    しかし、前述したドライアイになってしまうと涙が目を守る働きも弱まってしまうため、細菌に感染しやすくなってしまいます。

  • 涙目になる病気

  •  

    涙目になる病気として最も一般的なのが結膜炎です。
    結膜炎と言っても、種類は大きく3つに分けられます。
    その3つとは、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎です。
    感染原因としては、細菌性の場合は黄色ブドウ球菌、ウイルス性の場合はアデノウイルスが挙げられます。
    また、アレルギー性の場合は花粉やハウスダストが原因となります。
    どの結膜炎でも、涙目以外に目の充血、異物感、目やになどの症状が表れます。

  • 鼻涙管(びるいかん)閉塞、鼻涙管狭窄(きょうさく)
    出典 :涙目 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    これらも涙目になる病気に含まれています。
    通常、涙は鼻涙管というところを通って鼻に抜ける仕組みになっています。
    前述したように涙は常に出ていますが、鼻涙管が正常であれば溢れることはありません。
    しかし、何らかの原因によって鼻涙管が詰まってしまうと、涙がスムーズに流れなくなり結果的に涙目になるのです。
    これらの病気では、目の腫れや痛みといった症状が表れることもあります。
    多くの人は自然治癒するようですが、場合によっては眼科での治療が必要になる病気です。

  • 角膜が炎症を起こしている場合、涙目の症状が表れます。
    涙目になる角膜の病気には、角膜腫瘍、角膜ヘルペス、角膜真菌症があります。
    角膜腫瘍は、基本的には左右どちらかだけに起こることが多い病気です。
    万が一片方の目だけが涙目になっている場合、この病気が疑われます。
    角膜ヘルペスは、ヘルペスウイルスが感染することで発症します。
    角膜真菌症は、症状が酷くなると視力低下の危険性がある病気です。
    コンタクトの汚れが原因となることが多いようです。
    このように、涙目になる病気は様々です。
    自分の症状がどの病気に当てはまるのか、チェックしてみましょう。