かゆくて仕方がない!「生理かぶれに効く薬」をご紹介!

生理かぶれに効く薬はこれ!なると人に言えない悩みにもなりますよね。

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • かぶれる原因・・・

  • 生理用ナプキンの接する部分である陰部は、女性の体の中でも非常にデリケートな場所です。そんなデリケートな部分に、肌に合わない生理用ナプキンを充てていたのでは、ナプキンでかぶれを起こして、痛くなったり痒くなったりしがちです。
    出典 :ナプキンのかぶれ対策の薬
     

    肌に合う合わないが顕著に出る部分ですね。

  • 本来は、自分の肌に合ったナプキンを見つけるのが一番良い方法なのですが、今は非常に種類の豊富な生理用ナプキンの中から、自分にあった製品を探すのも容易なことではありません。では、もしナプキンでかぶれてしまった場合にはどんな薬が効果があるのかについてお話していきます。
    出典 :ナプキンのかぶれ対策の薬
     

    薬を探す方が早かったりするものなのです。

  • いくら通気性の良いナプキンといっても

     

    使用している時と使用していないときでは湿度が全然違うそうです。やはり、少しでも湿度が上がると肌に影響が出るという場合も・・・

  • フェミニーナ軟膏

  • ▼ また、パッケージには【次のような症状にお使いください】と書いてあります。生理時のかゆみ、下着かぶれ、おりものによるかゆみ、 陰部周辺部のかゆみ、その他の炎症・かゆみ・かぶれに このように、いかにも女性向けに書かれていますが、男性でも使えます。
    出典 :陰部(デリケートゾーン,性器)のかゆみに効く市販薬−薬局の薬(OTC)情報-OTC Selfmedication net
     

    男性でも使えるのはびっくりですね。

  • ▼ パッケージには、【非ステロイド】と書いてあります。これは、「ステロイドは、入っていませんよ」という意味です。ナゼか?デリケートゾーンのかゆみには、カビの一種「カンジダ菌」が関係している場合があります。カンジダは、粘膜に常在(じょうざい)していて、ふだんは何ともないのですが、何らかの原因で増えると、かゆみを起こします。
    出典 :陰部(デリケートゾーン,性器)のかゆみに効く市販薬−薬局の薬(OTC)情報-OTC Selfmedication net
     

    カンジダが元気になって増えてしまう事があります。自己判断で使わないようにしましょう。

  • オロナインH軟膏

  • 家庭の常備薬として、やけどや傷の治療、かぶれやただれにも効果のある軟膏です。特に殺菌成分に優れているため、蒸れからおきる菌の繁殖を防ぎ、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。ただし、塗った後のべとつき感や、オロナインH軟膏独特のにおいがあまり気に入らないという人もいます。
    出典 :ブログ|生理用ナプキンによるかぶれに効果のある軟膏
  • これらの市販薬を塗ってもかぶれやかゆみが収まらない場合には、婦人科や皮膚科を受診することになりますが、診察する場所柄、婦人科のほうが診察してもらいやすいでしょう。婦人科や皮膚科では、症状にあわせたデリケートゾーンにも使える弱いステロイドの軟膏を処方されることが多いようです。
    出典 :ブログ|生理用ナプキンによるかぶれに効果のある軟膏
  • デリケアクリーム

  • ▼ このデリケアの池田模範堂は、ムヒで有名な製薬メーカーです。▼ フェミニーナとどこが違うのかというと、局所マスイ薬がないかわりに、荒れた皮フの治りを早める、「アラントイン」が配合されています。ナゼ、荒れているかというと、かゆくて掻くからですね。掻くとよけいかゆくなります。そこで、炎症をしずめる「グリチルレチン酸」が入っています。
    出典 :陰部(デリケートゾーン,性器)のかゆみに効く市販薬−薬局の薬(OTC)情報-OTC Selfmedication net
  • 石鹸でごしごしは避けて

  • かぶれているときのデリケートゾーンは、お湯で洗い流すのがいちばんです。石けんでゴシゴシ洗うのは、逆に症状を悪化させてしまいます。界面活性剤が含まれるボディソープなどは刺激が強く、炎症などのトラブルの原因になりやすいので注意しましょう。
    出典 :かぶれとかゆみ | ライブラリー | ソフィ-ユニ・チャーム
  • 外出した時は

     

    ウェットティッシュを使うと良いかもしれません。ノンアルコールで無香料のものを選ぶと刺激が少なくて安心です。