目頭の腫れは翼状片の疑いアリ!原因と症状は?

目頭の腫れがあり、痛みが無い場合には翼状片という病気の可能性があります。
目頭の腫れと言っても翼状片の場合は特徴的な腫れ方をするようです。
特に症状が表れやすいのは50代以上と言われていますが、どんなことが原因なのでしょうか?

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 翼状片ってどんな病気?

  • 翼状片は、結膜の「慢性炎症性腫瘍」であると定義されています。
    出典 :翼状片の症状・原因・メカニズム [目の病気] All About
     

    目頭から黒目に向かって、結膜が伸びた状態を翼状片と言います。
    通常、目頭の腫れと聞くと赤く腫れた状態をイメージする人も多いかと思いますが、翼状片の場合は赤みがかった透明の腫れです。
    症状が発見しやすく病気が判明しやすいという特徴があります。
    このような目頭の腫れは中高年に多いようですが、その原因には一体何が関係しているのでしょうか?

  •  

    こちらが翼状片による目頭の腫れです。
    翼状片という病名通り、翼のような形で結膜が腫れ広がっていきます。
    その多くは目頭側に起きますが、人によっては目尻側が腫れることもあるようです。
    翼状片の症状として、初期の頃はほとんど症状が無いようです。
    病気が進行してくると、目頭の腫れによる異物感や疲れ目、充血などの症状が表れます。
    このような症状が表れてから病気に気付く人が多いようです。
    しかし、このような症状があるものの痛みがないため、放置されることも少なくありません。
    翼状片は放置すると視力低下や失明することもある病気です。
    そのため、進行する前に眼科医の診察を受け適切な処置を受けることをおすすめします。

  • 若年者の再発率は30~50%、60歳代以降では数%以下です。
    出典 :翼状片(よくじょうへん)の症状と治療法
     

    翼状片は、症状の進行が見られない場合には特に治療を行いません。
    経過を観察することが主な治療法となります。
    しかし、翼状片が悪化している場合には手術による治療が必要になります。
    手術はそれほど難しいものではありませんが、再発しやすいというデメリットがあることも事実なのです。
    特に年齢が若い人は再発しやすいようです。
    このようなことから、現在では放射線治療や結膜移植、薬剤治療など再発しにくい治療法が行われています。

  • 翼状片の原因は?

  • まず、紫外線はものすごく悪いです。
    出典 :翼状片の症状・原因・メカニズム [目の病気] All About
     

    翼状片の原因として考えられてるのが、紫外線です。
    そのため、紫外線が特に強い沖縄県は翼状片の患者が多いようです。
    また、紫外線をよく浴びる職業についている人も注意が必要です。
    屋外でのスポーツを行う人も、しっかりと紫外線対策を行いたいですね。
    有効な紫外線対策としては、サングラスやつば付きの帽子が挙げられます。
    紫外線が直接目に当たることがないように、外での作業の際にはこれらのアイテムを使って対策を行いましょう。

  •  

    また、紫外線対策にはビタミンCの摂取も効果的です。
    ビタミンCが多く含まれている食材には、レモンや苺、アセロラ、ゆず、トマト、ピーマン、ブロッコリーなどがあります。
    食事の際には、これらの食材を積極的に取り入れてみましょう。

  • 翼状片の原因として考えられるのが、目への刺激です。
    目への刺激とは、具体的にはコンタクトレンズの使用を指します。
    現代では、コンタクトレンズを使用している人が増えています。
    メガネの煩わしさがなく、とても便利ですよね。
    また、若者の場合はファッションアイテムとしてカラーコンタクトレンズを使用している人が多数います。
    コンタクトレンズはとても便利な反面、使用を長期間続けてしまうと翼状片のリスクが上がるというデメリットもあるのです。

  •  

    翼状片の原因には、紫外線だけでなく潮風も関係していると言われています。
    そのため、海の上で紫外線を浴びることが多い漁師やプロサーファーの人はより一層注意が必要と言えるでしょう。
    しかし、漁師やプロサーファーなら必ずなる病気ではありません。
    翼状片の原因には、体質も大きく関係しています。
    翼状片になりやすい体質で、尚且つ紫外線や潮風を多く浴びている人は発症しやすくなります。
    このように翼状片の原因には体質も関わるため、まだまだ分からない部分が多いのが現状です。