ついつい氷を食べてしまうアナタは氷食症かも?

気が付くと氷をバリバリかじっていたりしていませんか?それは氷食症という病気である可能性があります。

  • LLWO 更新日:2014/03/28

view559

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 氷食症とは

  •  

    気が付くとゴリゴリ・・・それは危険のシグナルかもしれません。

  • これは、読んで字のごとく、無性に氷が食べたくなるという症状です。
    ただ、本当に氷が好きで食べたくなるというのではなく、
    別に氷が好きでもないのに無性に食べたくなるというものです。
    出典 :氷を食べたくなる人は貧血に要注意!
     

    一般的に製氷皿1つ分を1日で食べるようになると、氷食症とされます。

  • その原因とは

  • この氷食症の原因は、体内の鉄分不足!

    赤血球が不足することで脳に十分な酸素が行き届かず、自律神経に狂いが生じて、体温調節がうまく出来なくなることが氷が恋しくなる理由と考えられています。

    女性は毎月生理が来るので、鉄分を失って貧血になりやすいですよね? 近年は約2割の女性がこの“氷食症”を発症しているというので他人事ではないのです!
    出典 :「氷をバリバリ食べる」人は危険!実は恐ろしい氷食症の実態
     

    鉄分不足は鉄欠乏性貧血によるもので、氷食症はその症状の一つと言えます。
    しかしながら何故鉄欠乏性貧血が氷食症につながるのか、その明確な理由は不明です。

  • ちなみに、鉄分不足だけでは無く、一部では強迫性障害において強迫観念を打ち消す為の行為として氷食が見られる事もあります。特に男性の場合は鉄分不足に陥りづらいので、精神的な問題を抱えている可能性が強くなるそうです。
    出典 :氷を食べる病気!?妊婦に多い氷食症に要注意! | インフォブインフォ
     

    このように精神の均衡を図るために氷を食べるケースもあるのです。

  • 精神に起因するのか、それとも貧血の一症状なのかが自分では判断がつかないケースが多いようです。 しかしながら、貧血による氷食症が強迫性障害に近い精神状態に人を追いやる可能性は十分に考えられるので、鉄分の不足をまず心配しましょう。

  •  

    氷食症は冷蔵庫が普及してから生まれた病気です。
    現代とは言わずとも近代病とは言えそうです。

  • 誘発されるその他の症状

  • 鉄欠乏症状
    記憶力の低下
    持久力の低下
    食欲低下
    寝起き・寝つきの悪さ

    貧血症状
    息切れ
    顔色不良
    動悸(どうき)
    出典 :氷食症(氷食病 氷食い)
     

    貧血を伴わない鉄欠乏症もあるので、注意が必要です。

  •  

    氷を食べていると、血の味がすることってありませんか?
    人体が鉄分を求めるあまりに氷を食べるようになったとも言われているのです。

  • 治療方法

  • 一般には,鉄剤を服用する方法で治療します。しかし,経口的に摂取できない場合などは,注射で補充することもあります。
    貧血の程度によっても治療期間が違いますが,大体6ケ月間薬を服用する必要があります。薬を服用して1,2ケ月で赤血球量は正常になります。 ここで,治療を止めるのではなく,体の中に鉄分を蓄える必要があります。これに,3,4ケ月かかります。それで,大体6ケ月ぐらいかかります。

    治療1,2ケ月で体調が回復しても,鉄は体の中に蓄えられていません。きちんと日々の食事に鉄分を含む食品を取り入れることが大切です。
    出典 :記事: 貧血氷
     

    まずは内科へ行きましょう。女性の方は産婦人科へ行くのも良いでしょう。妊娠中、胎児に鉄分を送ることで鉄欠乏症や氷食症にかかる方は多いのです。

  • まずは鉄分をしっかり摂り、貧血かな?と思ったらすぐに内科へ行きましょう。
    精神が原因ならば鉄分が足りているはずなので、検査すれば分かります。
    氷食症の場合は、貧血だけでなく単純に体を冷やしてしまうことで、体調を崩すことになりかねません。
    氷食症は立派な病気ですが、治せる病気です。このまとめを読んでいる氷好きのあなたも、一度病院へ行って検査を受けてみて下さい。