視力矯正のための手術、ICLは手術の費用にどれくらいかかる?

ここ数年、ICLという視力矯正手術が注目されていますが、手術の費用はどれくらいなのでしょうか?
多くの人が受けている視力矯正手術、レーシックにかかる手術の費用と比較してみました。
ICLとレーシックでは、どちらの方が高い手術費用がかかるのでしょうか?

view60

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ICLとレーシックの違い

  •  

    現在、視力矯正手術の主流となっているのがレーシックです。
    レーシックとは、簡単に言うと目の角膜部分に特殊なレーザーを当てることで角膜を削り、視力を上げる方法です。
    軽い近視程度であれば、レーシックで十分な視力改善効果が見られると言われており、芸能人やスポーツ選手だけでなく一般の人の間でも人気となっています。
    しかし、その一方で近視の程度が重症であったり角膜がもともと薄い人にはレーシックができないというデメリットもあるようです。
    そのため、誰でも受けられる視力矯正手術ではないのが現状です。

  •  

    それに対して、ICLは目の内部にある虹彩の裏側にソフトコンタクトレンズを挿入する手術のことを指します。
    目の中にレンズを入れると聞くと危険を伴うイメージが大きいですが、実際はレーシックよりもリスクが少ないと言われています。
    目の表面に装着するコンタクトレンズと違って、違和感もありません。
    また、レーシックでは手術ができないとされている重度の近視や角膜が薄い人でもICLの手術ができます。
    そのため、レーシックができないと診断された人でも視力を回復することが可能になったのです。
    このようなことから、ICLは今とても注目を集めている視力矯正手術と言えるでしょう。

  • また、レーシックの場合は手術後にドライアイや知覚過敏になる可能性があると言われています。
    しかし、ICLの場合はこのような手術後の後遺症もありません。
    更に、レーシックは角膜を直接削るため万が一手術前の状態に戻したい場合には対応することができません。
    その点ICLはソフトコンタクトレンズを入れているだけなので、取り出せば手術前の状態に戻すことも可能です。
    同じ視力矯正のための手術でも、レーシックとICLにはこのような大きな違いがあるのです。

  • ICLの手術の費用はレーシックの倍以上!?

  • ICLとレーシックを比較すると、ICLの方が魅力的に感じますよね。
    しかし、ICLの唯一のマイナスポイントとして手術の費用が高いことが挙げられています。
    レーシックの手術の費用は決して安いとは言えません。
    しかし、ICLの手術の費用はレーシックの倍以上かかってしまうのです。
    そのため、魅力的なICL手術ではありますが、手が出せない人も多いのではないでしょうか。
    では、具体的にレーシックとICLのそれぞれの手術の費用はいくらくらいなのでしょうか?

  • 「レーシック」手術は10万円程度から30万円前後で両目の手術が行われていますが、「ICL」では70万円程度の費用が必要になります。
    出典 :「レーシック」に代わる近視矯正手術として注目が高まる「ICL」 - ライブドアニュース
     

    このように、ICLの手術の費用はレーシックの倍以上と言われています。
    最低でも60万円から70万円、人によっては100万円ほどの費用が必要になってしまうこともあります。
    このような高額な手術の費用がネックとなっていることは確かでしょう。
    しかし、高額な費用がかかる分、レーシックよりも安全で確かな手術が受けられることも事実です。
    ICLやレーシックなどの視力矯正手術を検討している人は、このような手術の費用を参考にして下さい。

  • しかし、民間の生命保険会社の給付金が支給されるケースもあり、加入されている患者は保険会社に確認してみると良いでしょう。
    出典 :ポスト・レーシック?ICL手術のメリット・デメリット | JIJICO [ジジコ] - 毎朝3分の知恵チャージ
     

    ICLには、健康保険が適用されません。
    そのため、手術の費用は全額自己負担となります。
    しかし、場合によっては屈折矯正術として生命保険から保険金が出ることがあるようです。
    保険金が出るかどうかについては、直接生命保険会社に相談してみて下さい。
    費用の一部ではありますが、保険金が出るのであればICLの費用負担も軽くなりますね。