お酒好きなのに!!妊娠中のアルコールは控えるべき?

お酒好きの方は多いと思います。妊娠中のアルコールはどのような影響があるのでしょうか?

  • kei 更新日:2014/09/03

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中にアルコール

  • 妊娠中にアルコールを飲むとどのような影響がでるのでしょうか?

  •  

    毎晩お酒を飲む方も多いと思います。妊娠発覚したらアルコールは控えるべきでしょうか??

  • 妊娠中はアルコールを制限しなければなりません。お酒が好きなママには耳が痛い話ですが、妊娠中に摂取するママのアルコールは、そのまま赤ちゃんに届いてしまいます。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    そのまま赤ちゃんに届いてしまうなんて恐ろしいですね・・・

  •  

    実際にアルコールを飲んでしまった・・・またはやめられない場合どのように胎児に影響がでてしまうのでしょうか?

  • 胎児性アルコール症候群

  • 胎児性アルコール症候群(たいじせいアルコールしょうこうぐん、英Fetal alcohol syndrome:FAS)とは、妊娠中の母親の習慣的なアルコール摂取によって生じていると考えられている先天性疾患の一つ。
    出典 :胎児性アルコール症候群 - Wikipedia
     

    習慣的に摂取すると胎児性アルコール症候群になってしまうのですね・・・

  • 神経系脳障害の一種である。妊婦のアルコール摂取量とその摂取頻度により、生まれてくる子供に軽度から重度に及ぶあらゆる知能障害が顕れることがある。
    出典 :胎児性アルコール症候群 - Wikipedia
     

    赤ちゃんに負担がかかってしまうのですね・・・

  • 日本だけではなくて世界中で妊娠中に注意すべきことに取り上げられています。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    世界中で注意すべきことということは、やはりアルコール摂取をやめれない方がおおいということでしょうか・・・

  • 東京都の調査でも、20代の女性の飲酒はほぼ74.8%(2000年)。また、18.1%の妊婦さんが飲酒していて、1.4%は週3回以上飲酒していたという報告もあります(乳幼児身体発育調査 2000年)。
    出典 :妊娠中の飲酒注意、胎児性アルコール症候群 [飲酒・アルコール] All About
     

    10年以上前の調査なので、今は情報が拡散されてもっと少ないと思いますが・・・不安ですね。

  •  

    胎児性アルコール症候群によって生まれてきた赤ちゃんの特徴は?

  • 中枢神経系の異常があると、学習障害や多動になりやすいと言われています。それだけではなく、出生前から発育不全に陥りやすく低体重が目立ちます。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    身体的なものも、神経的な問題も防ぎたいですね・・・

  • ・鼻は低く小さくなりがち。・目が小さく、黒目しか開かない。・通常よりも頭が小さい小頭症。・鼻と唇の間が長かったり、溝がなくなる。・耳の位置が低かったり、反り返りが目立つ。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    このような特徴がでるそうです。

  • どうやって胎児性アルコール症候群を予防していけばよいのでしょうか。先ずはアルコールを摂取しないことが1番です。胎児性アルコール症候群に陥るアルコール摂取量は明確には発表されていません。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
  • 今のところ『安全のため、妊娠中は飲酒しないようにしましょう』としか言えないのですね。もちろん妊娠中に飲酒したら、絶対障害が出るわけでもないですが、『例えば1回目の妊娠で飲んでも大丈夫だったから、次の妊娠でも大丈夫かな?』というわけではないのです。
    出典 :妊娠中の飲酒注意、胎児性アルコール症候群 [飲酒・アルコール] All About
     

    妊娠が発覚したらアルコールは気をつけましょう!!!