秋冬前に修復を!夏のダメージヘア放っておかないで。

今年の夏も毎日恐ろしいくらいの暑さでしたね。
紫外線がお肌に良くないのはみなさんご存知のようで、日焼け止めなどのケアをされたことでしょう。
では、髪の毛の日焼け対策はされましたか?
もし答えがNOなら、あなたの髪は傷んでいることでしょう。
夏のダメージヘア、放っておかないでください!

view73

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 何で髪の毛の対策をしないといけないの?

  • 夏場の強烈な紫外線。
    これがシミやしわや老化の原因になることが分かっているので、みなさん必死でお肌のケアはされましたよね?

    実は紫外線の恐怖は髪の毛にとっても同じ…あなたの髪もダメージを受けているかもしれません。
    夏のダメージヘアは放っておくと、秋冬にまで響きます。

    艶やかな美しい髪を取り戻すには、どうしたらよいのでしょうか。

  • ★紫外線は恐いものです★

     

    紫外線は人体にとって良くない…その考えはだいぶ浸透してきました。
    夏には完全防備で街を歩く女性や、男性用の日傘まで売れ行きが好調らしいです。

    肌への影響だけではなく、髪の毛にとっても紫外線は脅威です。
    では紫外線が髪の毛に与える影響について考えてみましょう。

    ①頭皮に注意…意外に忘れがちなのが頭皮です。
    頭皮も顔と同じ皮膚の一部ですから、紫外線による老化やシミも同じように起こります。
    帽子を被るなどして、直射日光を避けるように気をつけなくてはなりません。

    頭皮の状態が良くないと、良い髪の毛は生えてきません。
    今後注意してケアをしましょう。

    ②髪の毛のパサつき・切れ毛・枝毛…紫外線により毛髪のたんぱく質を構成するシスティンという結合部分にダメージが加わると、髪の毛のパサつき・切れ毛・枝毛の原因になります。

    また、毛髪内のメラニンが壊されてしまうので、髪の毛が焼けて赤茶色っぽいパサついた髪の毛になります。


    ダメージを受けた髪の毛は、独特の風合いになりますね。
    はたから見ても一目で傷んでいるとわかるので、これでは女子力ダウンです。

  • 夏のダメージヘア復活法

  • 近年の紫外線はより強力になっていると言わざるおえません。
    したがって十分に気をつけていても、やはり紫外線のダメージは完全には避けることが出来ません。

    ケアを頑張っていた方も全くケアしていなかった方も、夏が終わったらスペシャルケアの習慣をつけると良いでしょう。

  • ★夏のダメージヘアーのケア★

     

    夏に傷んだ髪の毛を放っておくと、秋冬の乾燥でより悲惨な状態になってしまうことがあります。
    乾燥がやってくる前に、きちんとケアをしておきましょう。

    《ケア方法》
    ①頭皮をきちんと洗う…洗髪とは髪の毛を洗うことではなく、頭皮を洗うことです。
    特に夏の紫外線を受けた古い頭皮が生まれ変わる時に、これをしっかりと取り除き保湿と栄養を与えてあげることが一番大切です。

    ②保湿と栄養がたっぷりのシャンプーを使いましょう…夏のダメージヘアは傷んでパサつき、水分量も減ってしまっています。
    そこで保湿と栄養を十分に与えて補ってあげることが一番の解決策です。

    ③ドライ方法にも気をつけて…傷んだ髪の毛は、切れやすくなっています。
    ドライヤーの温度を上げすぎないこと、自然乾燥はしないこと、タオルドライは叩くようにするなどに気をつけて下さい。
    傷みがひどい場合は、ドライヤーの前に流さないトリートメントなどをつけると良いでしょう。

  • 髪の毛は、お手入れすれば必ず元気を取り戻してくれます。
    また、ダメージがどうしても回復しない場合は一度髪の毛を切ってみるのも一つの方法です。

    艶のある美しい髪の毛は、女性の象徴であり男性の目にも留まるところです。
    いつでもサラサラうるうるの髪の毛でいたいですね。