子供の肺炎症状に要注意!

お子さんのいる方は、健康状態を気に掛けることも多いかと思いますが、子供の肺炎症状にも気を配ってあげるようにしましょう。どういった危険があるのか、ご紹介します。

view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺炎ってどんな症状?

  • 子供がもし肺炎になったら…?そう考えたことのある方はいるでしょうか?
    親はまず症状について知っておき、子供がそれに侵されていないかどうかを見極める必要があります。

  • ほとんどの肺炎に、せき、発熱がみられます。そのうち、呼吸が速くなり、呼吸困難になると、鼻の穴が息を吸いこむときに大きくなる(鼻翼呼吸(びよくこきゅう))とか、肋骨の間やおなかと胸の境がへこむ(陥没呼吸(かんぼつこきゅう))といった状態になります。
    出典 :子どもの肺炎の症状・解説 - goo辞書
     

    風邪に似た症状ですが、呼吸速度等に変化も見られますから、その点をしっかりと見てあげるようにしましょう。

  • さらには、食欲の減退や嘔吐といった症状がみられる場合もあります。

  •  

    症状が悪化する前に、細かな変化に気づいてあげることが大切です。

  • 風邪と似た症状であることから、病院でも判断が難しいことがあります。
    翌日も症状が改善されないようでしたら、再度行ってみると良いかもしれません。

  • 一番症状が重いと言われている「細菌性肺炎」

  • 肺炎の中でも最も症状が重いといわれているのが細菌性肺炎です。
    その症状等を知っておきましょう。

  • 細菌性肺炎の症状の特徴は、
    いきなり40度前後の高熱や激しい咳が続きます。

    悪寒や呼吸困難、食欲不振など、
    重い病気の症状が出ます。
    出典 :肺炎の症状!子供がかかった時の特徴はこれ! | これが知りたい!気になる情報局
     

    突然の高熱が症状として挙げられます。
    もし、高熱にはさまざまな病気が考えられますが、細菌性肺炎も疑っておきましょう。

  • 子供が高熱を出している姿を見るのは親としても苦しいもの。
    早めに対策をとってあげたいですね。

  • 今なら1日で治すことも可能といわれています。
    それだけ医療が進化しているということですね。

  • マイコプラズマ肺炎

  • マイコプラズマ肺炎は一般的にもよく聞かれるものですが、具体的にどういった症状なのでしょうか。

  • しつこい咳と発熱が特徴で、 聴診器で胸の音を聞いても悪い音がしないことが落とし穴になります。
    出典 :マイコプラズマ
     

    病院でもなかなか診断しにくいというもののようです。

  • 集団感染の危険

     

    学校で集団感染をすることもありますから、
    早期に気づくことが大切です。

  • もしかしたら自分の子供が、気づかないうちに肺炎という病気に侵されているかもしれません。
    お母さんやお父さんは、その子の微妙な変化に気づいてあげるように心がけましょう。