生後1歳までの祝い事行事について

生後1歳までには、いろんな祝い行事があることを知っていますか?
赤ちゃんが健康ですくすくと成長できるように!と願って
家族とそのご両親が一緒に祝います。
そういった意味がある行事についてまとめていました。



view245

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ①赤ちゃん誕生

  • ハッピーバースデー、赤ちゃん!

    ママ、よく頑張ったわね、おめでとう!
    ほら助産師さんが、あなたの胸に生まれたばかりの赤ちゃんをのせてくれました。
    感動でしょう?出産に立会ったパパも、その感動を一緒に味わっているわ。
    出典 :出産:おめでとう!Congratulations!赤ちゃんと会えた喜びを忘れないでね!
  • あかちゃん誕生といえば、どこの家庭にとっても一大イベント。
    お宮参りや節句などいろんなお祝い事があるだろうし、
    お祝いをいただいた方へのお返しなども必要だ。
    前もって準備しておいた方がいいこともあるかもしれないし、
    せめて赤ちゃんの誕生から1歳の誕生日までには、いったいどんなお祝い事があって、
    それはいつ頃のタイミングなのかとか、
    今のうちに抑えておくべきポイントがあるのではないだろうか……?!
    出典 :赤ちゃん誕生から1歳までのお祝い事
  • ②お七夜・命名(誕生後7日目)

  • お七夜とは出産後、お母さんと赤ちゃんが病院を退院し、我が家に帰ってきた頃に行う赤ちゃんに名づけをし、お母さんの退院祝いを兼ねて、身内で行うお祝いとなり、赤ちゃんにとっても、生まれて初めてのお祝いの儀式になります。
    出典 :お七夜・命名式とは | お祝い情報.com
  • 書き方

     

    名前がきまったら、命名書を書きます。
    ■中央に赤ちゃんの名前を大きく記し、
    右肩に両親の名前、左側に命名の年月日を書いて
    三方(さんぽう)にのせ、神棚や床の間に供えます。
    神棚にはお神酒(おみき)、赤飯を供えてわが子の無事出生を報告し、前途の幸福を祈ります。
    神棚や床の間のないときは、飾り棚や机の上に飾ってもかまいませんし、ベッドの頭など赤ちゃんの枕もとにあたる壁の見やすい位置に飾るのもよいでしょう。
    はずす時期は別にきまっていませんが、せめて出生届を終わるころまでは飾っておきたいものです。

  • ③お宮参り(生後31日目)

  • お宮参りは、生まれた子どもの長寿と健康を祈る行事で、
    男子は31日目、女子は33日目にその土地の守り神である産土神に参詣し、
    わが子の幸せを祈る儀式を行います。

    しかし現在では、30日目くらいが参詣の日として選ばれ、
    地元の神社ではなく有名神社に参詣する人も多いようです
    出典 :お宮参り|日本文化
  • 服装

     

    子どもに祝い着を着せ、生まれたこどもを夫の母(姑)が抱くことが習慣になっています。

    またこの時の正式な祝着(産着)は、
    男児が黒地の紋付きで、
    女児は友禅の晴れ着です。

  • ④お食い初め(生後100日目)

  • 赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に
    『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、
    食べさせるまねをします。
    赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。
    出典 :お食い初めとは やり方順番
  • 献立

     

    一般に赤飯、焼き物、汁物など一汁三菜です。
    また、リーダー(頭)になれるようにと、金頭(ホウボウ)という魚を添えることもあります。

  • ⑤初節句(初めての節句)

  • 初節句は、子どもが生まれて初めて迎える節句のことで、
    女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)のことをいいます。
    この時は、雛人形や武者人形などが贈られどちらも盛大なお祝いをします。
    出典 :初節句は盛大にお祝いを! [赤ちゃんの行事・お祝い] All About
  • 男の子

     

    男の子のすこやかな成長を願う風習です。
    子どもの守り神となる五月人形やこいのぼりを飾り、
    お祝いのお膳を用意して、赤ちゃんの誕生をお祝いをします。

  • 女の子

     

    初節句(ひな祭り)は、災いや病などから女の子を守ってくれますようにと、女の子のすこやかな成長を願う風習です。
    子どもの守り神となる雛人形を飾り、お祝いのお膳を用意して、
    赤ちゃんの誕生をお祝いをします。

  • ⑥初誕生(1歳)

  • 赤ちゃんの満1才の誕生日をお祝いする行事。

    昔の日本では、新しい年と共に年齢を重ねる「数え年」の考え方でしたので、
    毎年誕生日を祝う習慣はありませんでしたが、
    赤ちゃんの満1才だけは特別。親戚などを家に招いて盛大にお祝いをしました
    出典 :初誕生〜お祝い事(出産・子供) 日本の行事・暦
  •  

    赤飯を炊いたり餅をついたりして、
    その後の成長を祈る大切なお祝いとされてきました。

  • 1歳までにいろんな行事がありますね。
    それ以降も、幼稚園入学、七五三・・・といった行事もあります。

    育児は大変だけど、成長していく子供を見ていくと嬉しく思いますね。

    これからもずっと幸せにいれらますように(^O^)