妊娠中のお腹の痛みには、心配いらないものと受診が必要なものがあります

妊娠中のお腹の痛み、不安なものですよね。しかし、中には気にしなくても大丈夫な痛みもあります。

view494

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • このような痛みは妊娠の一般的な症状

  • 妊娠中のお腹の痛みには、いくつか考えられる原因があります。
    その中には、妊娠の一般的な症状があり、その場合は心配する必要はありません。

  • 妊娠初期の腹痛のうち、・下腹部が締め付けられる・引っ張られる・キュッとくる という症状の場合は、大きくなりはじめた子宮が、周囲を圧迫するために生じる痛みと考えられます。
    出典 :妊娠初期の腹痛 赤すぐ|妊娠初期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
  • 安定期に入るまでは、流産を心配する妊婦さんも多いでしょう。ちょっとした腹痛でも流産ではないか…と不安になってしまうかもしれません。
    しかし、妊娠初期の腹痛のほとんどは、妊娠の一般的な症状である子宮の収縮が原因です。

  • 妊娠中期に腹痛を感じることがあります。これは、妊娠すると、子宮が大きくなるときに、子宮を支えている靭帯が引っ張られ、お腹の張りや痛みとして感じるから。
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠中期の腹痛やお腹の張りも、一般的な症状です。

  • 後期になると、さらに腹痛を感じることが多くなります。

  • 出産に向けて体内での準備が始まり、下腹部に軽めの陣痛のような痛みが起こりはじめます。これは前駆陣痛と呼ばれます。
    出典 :妊娠中の腹痛 ガラガラガラ.com
  • 前駆陣痛は、本番の陣痛とは違うものなので、ほとんどの場合は区別がつきます。しかし、定期的な痛みがある、どんどん強まるといった場合は、出産予定日まで日にちがあったとしても受診しましょう。

  • 出血がある場合はすぐに受診を!!

  • 数分おきに定期的に腹痛が繰り返し起こったり、痛みとともに出血があったりした時にはたとえ深夜であっても救急で受診することが必要です。
    出典 :子宮の収縮 | 妊娠初期の腹痛の原因
  • 初期の場合、出血を伴う腹痛の原因として考えられることは子宮外妊娠と流産です。
    どちらにしても一刻も早く受診することが大切です。

  • 鮮血(鮮やかに赤い血液のこと)の時は新しい出血=今起きている出血です。多量な出血(目安として生理2日目程度の出血)、腹痛をともなう場合は夜間でも早急に受診が必要です。
    出典 :Yu&Me□■必読!妊娠中のトラブル■□
  • 出血の色もポイントです。
    中期から後期になると、常位胎盤早期剥離の恐れもあります。

  • 早く受診することで、赤ちゃんの命を守ることができるケースがほとんどです。
    この程度で受診していいのかな…などと思わずに、気になることがあったらすぐに受診しましょう!!