これであなたも片づけ上手!「片づけ脳」になる方法

「片づけ脳」って知っていますか。片づけられないとお悩みの方も、片づけ脳になることで、片づけ上手になれるかもしれません。

view312

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 片付け脳を作るための第一歩 「からっぽ→分類→戻す」を実践してみよう!
    出典 :2/2 片付け脳を作るための第一歩 [時短生活] All About
     

    さあ、はじめましょう。

  • 脳のくせを作るためには、

    ・プロセスが簡単で毎日続けられる
    ・そのたびに応用をあれこれ考えずに済み、機械的に続けられる
    ・達成したかどうかが一目でわかる
    ・達成したときに「できた」「すっきりした」感を得られる
    出典 :片付け脳養成ギブスで脳力を伸ばせ! [時短生活] All About
     

    これ、大事です。

  • 小さな空間から片づけよう

     

    ・ 片づけが苦手な人は、「物の分類」「物の位置の三次元把握」「物の大きさや量の推測」などを頭の中で処理することが苦手という脳の性質を持っている。

    こうした人の場合は
    ・ 「片づけが苦手」棚全体、部屋全体、家全体を片付けようと思っても、物が多すぎて脳の本来の能力をキャパシティオーバーしてしまう。

  • ・ 人の脳は、ある日突然飛躍的に変化することはなく、小さな課題の繰り返しで、1mmづつ成長していく

    という脳の性質を理解しましょう。その上で、片付け脳を作るための小さなドリルに取り組んでみましょう。
    出典 :脳に無理をさせない片付けドリル [時短生活] All About
     

    コツコツと簡単な片づけを繰り返すことが大事

  • ・ 毎日5分で済む簡単なことを、小さく繰り返すことで、脳の「片付ける」能力を1mmづつ伸ばしていく

    ちょっと、気が遠くなるような課題と思えるかもしれませんね。
    でも、物が溢れすぎている現代では「片づけが苦手なのは自分の能力不足ではない」ことを知って自分を責めないこと。そして、その上で高度な場所に目標を置かず、毎日の小さな課題に目をむけてこれを繰り返すこと。
    出典 :2/3 脳に無理をさせない片付けドリル [時短生活] All About
     

    毎日、たったの5分だけ片づけてみよう。

  • ・ 小さなエリアにある、少ないものだけを元あった場所に戻す
    出典 :2/3 脳に無理をさせない片付けドリル [時短生活] All About
     

    これをただ毎日繰り返す。

  • 片付けには大きく「脳」が関係している

     

    1、 散らかったものを見て、脳の中で識別、分類する
    2、 分類されたものを、どこに戻すかを判断する
    3、 戻す場所がないものは、その形態に合わせて新たに収納場所を作る
    4、 ものの形、使う頻度などに合わせてものの配置を決める

  • 世の中には、先天的にADHD(注意欠陥多動障害)という脳の性質を持つ人がいます。
    こうした人の中には、片付けが非常に苦手という人も多く見られるとされています。あなたが、どう頑張っても部屋がゴミ屋敷のようになってしまうという場合は、こうしたケースにあてはまるかどうか、確認してみるのもよいかもしれません。
    出典 :2/2 あなたが「片付けられる人」になれないワケ [時短生活] All About
     

    気になる方は受診をしましょう。

  • 生き方上手になるための「片づけ脳」の育て方

     

    『片づけられない』のは、脳の『気質』の問題をテーマに、どうしたら『片づけ上手』になれるか、『イメージトレーニング』はじめ、『脳の活性化』のプログラムを徹底解説。

  • 「利き脳」を調べるには、指組み・腕組みをした時に、下になる親指・腕に注目します。指組みでは、自分がどのようにものごとをインプットするのかがわかり、腕組みでは、どのようにアウトプットするのかがわかります。





    《右右脳タイプ》(下になる親指:右/下になる腕:右)
    直感で行動する感覚派。思い入れが強く、捨てられないタイプ。

    《右左脳タイプ》(下になる親指:右/下になる腕:左)
    お店のようなビジュアル重視。一度つまずくと、やる気ゼロに...。

    《左左脳タイプ》(下になる親指:左/下になる腕:左)
    もっとも片づけに向いているタイプ。片づけの優先順位が低い場合も。

    《左右脳タイプ》(下になる親指:左/下になる腕:右)
    発想や行動がユニーク。イメージどおりにできないと時間がかかる。
    出典 :片づけ方も脳次第! タイプ別「利き脳」片づけ術 : ライフハッカー[日本版]
     

    利き脳を知って、効果的な片づけができるようになりましょう。

  • Aタイプ(右右脳)

    Aタイプの人は、右脳が強いマニュアル嫌いの感覚派タイプです。

    何でも出しっぱなしで、モノが山積みになりがち。

    その上、モノに対する思い入れが強く、捨てられません。

    このタイプの人は、目で見てぱっとわかるような整理の仕方が向いていますので、まずはそのような環境を作ることが大切です。

    例えば、たたむのが面倒な洗濯物は、クローゼットブランコや二段組みのハンガーなどを使って、見えるように掛けておく、といった感じです^^
    出典 :自分らしい片付け方法がわかる利き脳の見つけ方 | 節約 貯金 で お金をためる!
     

    右右の人はチャレンジしてみてね。

  • Bタイプ(右左脳)

    Bタイプの人は、細かいところまでこだわり過ぎてしまうタイプです。

    きちっと揃っていないと嫌なタイプで、最初は収納ケースもきっちり並べて、ラベル貼ったりします。

    でもそのうち時間が無くなったり、モチベーションが続かなくなったりしてつまずき、途端にやる気がゼロになって放り出してしまいます。

    細かくやろうとして途中で挫折するこのタイプの人はざっくり感がポイントになってきます。

    分類の仕方は、例えば食料品などは

    1.1週間以内
    2.1ヶ月以内
    3.1年以内
    4.消費期限切れ
    食器類は使用頻度順に、

    1.毎日使うもの
    2.あまり使わないもの
    3.大人用
    4.子供用
    といった感じで、カゴ等に大まかに3~4種類に分類して収納すると良いでしょう。
    バンカーズボックスにどんどん入れていくのも良いですね♪
    逆に、細かく分類すると失敗します^^;
    出典 :自分らしい片付け方法がわかる利き脳の見つけ方 | 節約 貯金 で お金をためる!
     

    このタイプの人は、小さなことからコツコツとですね。

  • Cタイプ(左左脳)

    Cタイプの人は、左脳が強い論理派で、最も従来の"片付け"に向いているタイプです。

    片付けられるタイプのはずのに片付けられない人は、片付けの優先順位が低くて、片付けの時間を取っていないケースがほとんどです。

    なので、片付けの時間を取ることさえできればきちんと片付けられます^^
    やり方も、細かく分類したりラベルなどでデータ化して整理すると良いでしょう。
    出典 :自分らしい片付け方法がわかる利き脳の見つけ方 | 節約 貯金 で お金をためる!
     

    このタイプになりたいですね。

  • Dタイプ(左右脳)

    Dタイプの人は、頭の中で考え過ぎてしまうあまり、作業に取り掛かれず、イメージ通りにできません。

    きちっとしたいのに細かい作業が苦手なタイプです。

    このタイプの人は、まずは自分のルールを作ります。

    細かく整理しても良いですし、ジップロックなどのジッパー付き保存袋などにざっくりまとめても構いません。

    自分がこれで良いのだと思えばそれで良いので、とにかく始めることが大事です。

    あれこれ考え過ぎず、優先順位は直感でOKです。
    出典 :自分らしい片付け方法がわかる利き脳の見つけ方 | 節約 貯金 で お金をためる!
     

    あまり考え過ぎずにね。

  • <右左脳タイプ>
    理想をしっかり持っているので、まずはそのイメージにあわせて収納グッズを揃えるなど形から入るのがおすすめ! 見えるところはビジュアル重視、見えないところは機能的にするのが向いてます。
    出典 :苦手な人ほどうまくいく! 利き脳タイプ別・片づけ術 - 「生き方キレイ」をコーディネート|MYLOHAS
     

    右左脳の方へのおススメ方法です。