睡眠時無呼吸症候群【SAS】

私生活で何時間寝ていますか?
寝たのに寝た気にならない事はありませんか?
もしかしたらSASかもしれません

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • SASについて

  • 私たち人間は、1日におおよそ8時間眠るサイクルで生活しています。つまり人生の約1/3は眠っていることになります
    出典 :睡眠について | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    個人差はありますが、基本的なサイクルは8時間程度が理想です

  • 私たちの睡眠を妨げる要因のひとつとして最近注目されている病気に、睡眠時無呼吸症候群があります。文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。
    無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。
    出典 :SASについて | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    自分は気付いていないだけで、配偶者や恋人が見つけるケースも少なくありません

  •  

    山陽新幹線で起きた事故で
    SASが原因で居眠りをした事故がありました
    これで、世界に広まる結果になったのです

  • 原因は?

  • ・太っていてあごや首に脂肪がついている
    ・アデノイドなどの病気により、扁桃が肥大している
    ・花粉症やアレルギーなどで、鼻が詰まりやすい
    ・アゴが小さい
    ・アルコールの摂取により筋肉がゆるんで、のどがふさがりやすくなる
    出典 :SASになる原因 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
  • 無呼吸はどうして起こるのでしょうか。
    一般に以下のようなことが原因と言われています。
    肥満のため首が太く、気道を塞いでしまう。
    舌が大きく喉を塞いでしまう。
    軟口蓋と呼ばれる鼻と喉の境の部分が垂れ下がる。
    顎が小さい、後退しているため、気道の断面積がもともと小さい。
    鼻の空気の通り道が曲がっている。
    扁桃が大きかったり、アデノイドがある。
    寝ているときに喉がふさがりやすい体質


    出典 :快適な睡眠とは?睡眠時無呼吸症候群研究室:SASの原因・症状
  •  

    狭心症などの虚血性心疾患や心不全
    肺の病気などにかかっていると
    悪化する可能性があるのです

  • 合併症ってあるの?

  • SASの症状

    睡眠時無呼吸症候群になるとさまざまな症状が現れます。
    睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開するときに大きないびきを伴う。

    閉じている気道を胸を一生懸命に動かして一気に広げ、空気が通るときの音がいびきです。

    昼間眠くなる。熟睡感がない。

    目をつぶって寝ているように見えますが、実は脳は寝ていないのです。浅い睡眠を繰り返すために本来必要な睡眠がとれていないため、その分、昼間、睡眠を補おうとします。その実態が、昼間の眠気です。

    記憶力が低下する。

    睡眠は脳の情報整理やチャージの時間でもあります。眠れていないということは、この作業が出来ないわけですので、記憶力や作業効率の悪さにつながります。

    起床時、頭痛がする。

    無呼吸状態に陥るため、体に酸素が回りません。脳も酸欠を起こしています。これが頭痛の原因です。

    夜間、何回もトイレに行く。

    無呼吸状態は交感神経が興奮。交感神経が興奮しているとき、体は尿を作ります。それで、何回もトイレに行きたくなるのです。大人は寝ていても尿がたまったことに気が付き、トイレに行きますが、子供はお漏らしをしてしまうことがあります。 子供の夜尿症の原因には無呼吸があげられます。

    インポテンツ

    ED(Erectile Dysfunction:勃起不全)は睡眠と深くかかわりがあります。SAS特有の睡眠で見られるような途切れた眠り(覚醒反応)やレム睡眠の欠如によりEDが出現すると言われています。欧米の調査ではED患者さんの1/4に睡眠時無呼吸があったとの報告もあります。


    などがあげられます。思い当たる症状はありませんか?
    出典 :快適な睡眠とは?睡眠時無呼吸症候群研究室:SASの原因・症状
     

    基本的な症状です

  • SASによる睡眠中の低酸素血症や高炭酸ガス血症は、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があり、様々な合併症を高率に引き起こすことが報告されています。合併症は多岐にわたり、高血圧、多血症、不整脈、虚血性心疾患、心不全、脳血管障害、糖尿病、肺高血圧症、インポテンツなどが代表的なものとして上げられます。
    出典 :SASの合併症 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    立派な生活習慣病です

  • 高血圧は2倍
    虚血性心疾患は3倍
    脳血管疾患は4倍
    糖尿病は1.5倍
    発症の確率が上がります

  • 治療方法はないの?

  • ・減量
    ・生活習慣の指導
    ・CPAP
    ・口腔内装置
    ・手術治療
    出典 :SASの治療法 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    生活習慣の改善が必要な場合がほとんどです

  • CPAPとは

  • 睡眠時無呼吸症候群の治療器で、寝ているときに鼻にマスクを装着し、空気を送り込んで、気道を押し広げてのどの塞がりを防ぎ、睡眠時無呼吸を予防します。(Continuous Positive Airway Pressure)の略で、カタカナで「シーパップ」といわます。
    出典 :SASの用語辞典 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    これは結構オススメですが
    医師の指示がないとつかえません

  •  

    生活習慣病は文字通り
    私生活から来ます
    規則正しい生活を送っている人にはまず発症しないと思います
    過度なダイエットや、運動をしている人は
    要注意してくださいね

    この病気は自ら気付く事が難しいのも難点です
    気を付けましょう