女性に必須なビタミン【葉酸(ようさん)】って何?まとめ

葉酸ってなんなのでしょうか
妊婦さんに良いという事しか知らなかったので
まとめてみました

view304

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 葉酸って?

  • 葉酸は、CMなどで取り上げられ、最近注目を浴びている栄養素ですが、葉酸がどのような働きをするか、知っている方は意外と少ないのではないでしょうか
    出典 :女性に必須なビタミン「葉酸」|ヘルスケア情報|eo健康
     

    産婦人科で売られている事くらいしかしりませんでした・・・

  •  

    「女性に必須のビタミン」といわれる葉酸は、ビタミンB群のひとつ。DNAを形成するのに必要なので、妊娠中の胎児の成長には欠かせないほか、貧血や生活習慣病の予防にも重要な役割を占める大切なビタミンなのです。

  • 「葉酸」って知ってる?

     

    「葉酸」という言葉を聞いたことがある?実は、葉酸はビタミンの一種。ビタミンというと、ビタミンAやビタミンCを思い浮かべるが、葉酸は水溶性のビタミンB群の一種だ。
    最初に抽出されたのはほうれん草からで、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から名づけられたもの。その名の通り、植物に多く含まれている。

  • 妊婦には欠かせない栄養素

  • 葉酸はほうれん草から発見されたビタミンBの一種で、化学名はプテロイルグルタミン酸と言います。DNAの形成や細胞分裂に必要で、とくに妊婦には胎児の成長のためにも欠かせない栄養素なので、別名“妊婦のビタミン”ともよばれています。

    妊娠初期には胎児の神経系統が成長しますが、この時期に葉酸が不足すると、脳神経に異常をきたし、神経管閉鎖障害などを引き起こす場合があります。重症なケースでは、二分脊椎(にぶんせきついしょう ※1)や無脳症(むのうしょう ※2)になる可能性があります。
    出典 :女性に必須なビタミン「葉酸」|ヘルスケア情報|eo健康
  • <葉酸のはたらき>
    ◎その1 遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠
    ◎その2 赤血球の合成
    ◎その3 アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成やたんぱく質の生成・促進作用がある
    ◎その4 皮膚の粘膜の強化
    ◎その5 口内粘膜の強化
    出典 :葉酸って何?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 妊娠するとほとんどのビタミンが多く必要になりますが、特にビタミンB群のひとつである葉酸が必要です。厚生労働省では、神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊娠を計画している女性は食品に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取するよう呼びかけています。妊娠を計画している女性に対しては、日頃から栄養バランスなどに気を付けるとともに、葉酸を含有している製品の摂取をおすすめします。
    出典 :葉酸|大塚製薬
  • 赤血球を作って貧血の予防にも

  • 葉酸が不足すると、体調にどのような変化が現れるのだろうか。
    葉酸不足は、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血=DNAの合成障害が原因で起こる貧血)、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢、顔色が悪い、などの症状が現れる。
    出典 :葉酸って何?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 葉酸は、妊婦と胎児に必要なだけではありません。ビタミンB12とともに赤血球を作る働きを助ける役目ももっているのです。

    葉酸が不足すると体内の赤血球が正常に作られず、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血)を引き起こします。そればかりか、ホモシステインという物質が分解できずに増えてしまい、血管を狭くしたり、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす原因となります。
    ただし、葉酸はビタミンB6やB12がないと充分に働かないため、一緒に摂取する必要があります。
    出典 :女性に必須なビタミン「葉酸」|ヘルスケア情報|eo健康
  • 1日の必要摂取量はどのくらい?

  • 成人男女の所要量 1日200μg
    妊婦の所要量 1日400μg
    授乳婦の所要量 1日280μg
    許容上限摂取量 1日1,000μg
    出典 :葉酸って何?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    必要量以上摂取しても
    尿の中に溶けて出るので問題ないという
    研究報告もあがっているようです

  • 葉酸をきちんと取っているかどうか確かめてみましょう。
    以下の項目に半分以上あてはまらない場合は葉酸不足を心配しましょう。
    •ほうれん草や小松菜などの葉野菜をよく食べる
    •ブロッコリーなどの緑色が濃い野菜を毎日欠かさず食べている
    •イチゴやマンゴー、柑橘系(オレンジやグレープフルーツ)などの果物を毎日食べている
    •レバーを食べるように心がけている
    •昆布や海苔などの海藻類をよく食べる
    •卵を1日1個、食べている
    •豆腐や納豆などの大豆製品を毎日食べている
    出典 :女性に必須なビタミン「葉酸」|ヘルスケア情報|eo健康
  • からし菜 1本(50g) 155μg
    なば菜 2本(40g) 136μg
    ほうれん草 2株(60g) 126μg
    アスパラガス 3本(60g) 114μg
    春菊 3株(60g) 114μg
    ブロッコリー 2房(50g) 105μg
    日本かぼちゃ 4cm角2切(60g) 48μg
    ぜんまい 5本(50g) 105μg
    わらび 5本(75g) 98μg
    アボカド 1/2個(100g) 84μg
    マンゴー 1/2個(90g) 76μg
    イチゴ 中5個(75g) 68μg
    パパイヤ(完熟) 1/2個(130g) 57μg
    オレンジ(ネーブル) 中1個(130g) 44μg
    さつまいも 中1/2本(100g) 49μg
    ささげ豆(乾燥) 1/5カップ(30g) 90μg
    大豆(乾燥) 1/5カップ(26g) 60μg
    そらまめ(乾燥) 1/5カップ(22g) 57μg
    納豆 中1パック(50g) 60μg
    栗 大3個(60g) 44μg
    鶏レバー※ 50g 650μg
    牛レバー※ 50g 500μg
    豚レバー※ 50g 405μg
    あま海苔(乾燥) 5枚入(2g) 38μg
    出典 :女性に必須なビタミン「葉酸」|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    食品にも沢山含まれています
    しっかり葉酸をとってくださいね
    葉酸は必要な栄養素ですよ

  • いつごろから必要か

  • 先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生します。妊娠の兆候があって産婦人科を受診してからの対応では遅いこともありますので、「妊娠1ヶ月以上前から3ヶ月までの間」の摂取が勧められます。

    実際にはいつ妊娠するかがなかなかわかりませんので、妊娠を計画している女性は普段からバランスの良い食事を心がけるとともに、葉酸を食品やサプリメント400μg(0.4mg)から積極的に摂取することが大切です。
    出典 :葉酸|大塚製薬