身長を伸ばす方法についてまとめ!

低身長に悩んでいる人は少なくないはず。今回はもしかしたら効果があるかもしれない身長を伸ばす方法についてまとめてみました!

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 低身長で悩んでいる人は少なくありません。遺伝だから仕方ない・・とあきらめている人も、後数センチであれば努力で伸ばすことが出来るかもしれません。

  • 身長を伸ばす方法

  • 一体どんな方法があるのでしょうか?

  • 食生活

  • 身長が低くて悩む方々やもう少し身長を伸ばしたい方々はやってみる価値あると思います。

    皆さんはご存知ですか?世界で1番平均身長が高い国があります。それはオランダです。身長が高くなると言われる運動をしないオランダの人達も高身長です。

    しかも、白人や黒人、移民の方々も多い国ですが人種関係なく大きいです。

    身長は遺伝すると言いますが、結構両親よりも高身長の方々は多いです。必ずしも遺伝するとは限らないです。身長を伸ばすのに大事なのは食事だと言うことです。

    その証拠に、世界で1番平均身長が高いオランダも戦争が起きていた時期などは、充分に栄養がとれず身長も低かったようです。

    貧困が深刻なフィリピンやカンボジアなど満足に食事が出来ない国々は低い身長の方々が多いです。

    食べる物によってカラダは絶対影響を受けます。例えば筋力トレーニングをしても筋肉の材料となるタンパク質を摂取しなければ筋肉はそれほど大きくなりませんが、充分なタンパク質を摂取すれば大きくなります。

    タンパク質を摂取すれば筋肉が大きくなることをボディービルダーなどのアスリートは知っているのでタンパク質が豊富なプロテインや食べ物を毎日摂取します。毎日の積み重ねが大事です。

    心筋梗塞や脳梗塞なども遺伝すると言われますが、遺伝と言うより病気になった親と同じ塩分の強い食べ物を食べ続けた結果親と同じ病気になります。

    骨というのは、骨のまわりはカルシウムで骨の内部はコラーゲンで出来ているそうです。骨の材料になるコラーゲンを積極的にとりましょう。
    出典 :気になる低身長、身長を伸ばす方法
  • 食生活の改善は健康にもつながります

  • 牛乳はよくない?

  • 牛乳は本当に身体に良いのか?
    これを疑ってみましょう。

    ここ数年で、牛乳による弊害を訴える人たちが多くなってきています。

    毎日のように子どもたちは牛乳を飲んでいます。
    学校給食でも出されています。

    一般的な栄養士はカルシウムをとるために牛乳を推奨しています。

    日本の敗戦後、GHQにより、
    国政のように取り入れられた牛乳や乳製品ですが、
    60年ほど経過すると、
    様々なデータが取れて来ました。


    牛乳は、タンパク質、脂質、炭水化物、
    各種ミネラルやビタミンを豊富に含み、
    他の食品に比べて、栄養バランスがとても
    良いといわれ、タンパク質の”必須アミノ酸価”が
    高いことから、他の食品との比較によっても
    「完全栄養食品」と長年言われ続けていましたが、

    確かに、いまの子どもたちは、戦後から徐々に、 体も大きくなっています。

    ところが骨折などは逆に増えているのです。
    骨粗しょう症になる人たちが増えているのです。

    近年の意見としては、牛乳はカルシウムが豊富だと
    いう人が多いが、
    牛乳をほぼ毎日飲む世代の子供のほうが、
    骨折が多い。

    牛乳単体ではいくら飲んでもカルシウムは
    リンによって排出され骨には変わらない。

    といわれるようになりました。

    牛乳は完全食品だと言いますが、
    それはあくまでも牛にとっての完全食品なのです。

    牛は短期間で大きく成長するが、人間は長い時間が必要なため、
    なのです。

    牛乳には成長を早める成分が含まれているが、
    人間は本来の成長速度と違うために骨がもろくなりやすい。

    また、
    販売されている牛乳は、加熱殺菌されているため
    有用な成分が欠落している。(乳酸菌)

    さらに、
    牛乳には乳糖が含まれているが、日本人にはこれを
    分解する酵素を持っていない人がいる。
    と言われています。

    しかし、過去60年間のデータを、
    調べれば調べるほど牛乳の害といものが
    指摘されているのです。

    まず、牛乳の蛋白は胃腸に非常に負担をかけるうえに、
    消化管でスムーズに処理されず、いろいろな毒素をだし、
    血液を汚していくと言われています。

    特に、牛乳の蛋白質カゼインは、粒子が小さいために、
    腸の機能が弱っている時には、腸壁を素通りして、
    血液の中に入っていってしまいます。

    その結果、異質の蛋白質を摂り入れた
    ためにアレルギー反応を引き寄せます。

    日本のアレルギー疾患、小児喘息、慢性湿疹が
    増えている原因として
    「除草剤の影響」と「牛乳の摂り過ぎ」を
    主張する研究者もいます。

    そして牛乳にはリンがたくさん含まれるため、
    骨のカルシウムは溶け出してしまいます。

    そのうえ体内にあった同量のカルシウムと
    結びついて、リン酸カルシウムとなって体外に
    排泄されるらしいのです。

    つまり、牛乳を飲めば飲むほど、
    カルシウムが減少していくことになります。

    アメリカで骨粗鬆症が多いのは牛乳の
    摂り過ぎからだと考えられます。

    また牛乳の飲み過ぎによってカルシウムが
    奪われて虫歯になり易くなっているのです。

    もともと日本人が牛乳を飲むようになった
    のは、戦後のアメリカの政策からでした。
    出典 :身長を伸ばす方法
  • 牛乳がよくないなんてなんだか以外ですよね

  • 最後に

  • いかがでしたか?身長を伸ばすためにはこの2点に注意することが必要です。少しでも身長が伸びるように日頃から食生活に気を付けていかなくてはいけませんね!