女性の4人に1人!子宮筋腫は手術すべき?

女性の4人に1人!子宮筋腫は手術すべき?

良性の腫瘍の子宮筋腫。
多くの女性にできてしまうちょっとやっかいなもの。
放っておくと、とても大きくなっちゃうことも。

でも・・・実際、手術すべきものなのでしょうか?
ちょっと調べてみました

view490

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮筋腫とは

  •  

    子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、それ自体が生命を脅かすものではありません。しかし放置しておきますと10kgを超えるような大きさまでになることもあります。女性ホルモンによって筋腫が大きくなりますが、逆に閉経後には小さくなります。複数個できることが多く、数や大きさはさまざまです。大きさやできた場所によって症状が違ってきます。できた場所によって、子宮の内側(粘膜下筋腫)、子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)、子宮の外側(漿膜下筋腫)に分けられています。

    引用)http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/kinshu.html

  • 子宮筋腫は女性の病気の中でも、とくに多い病気です。成熟期の女性に多く、40歳の女性の4人に1人は子宮筋腫をもつといわれています。実際には、ごく小さな米粒ぐらいの筋腫まで含めれば、ほとんどの人がもっているといってもいいほどです。つまり、子宮筋腫があることに気付かないまま、過ごしている人も少なくないのです。
    出典 :子宮筋腫
     

    殆どの人が持っていて、気づかない人も多いらしいです。

  •  




     手術した方がいい?
     それとも他に方法があるの?

  • 子宮筋腫はすべて治療が必要になるわけではなく、治療の対象になるのは全症例の10%程度とされています。症状が強い場合、悪性が否定できない場合、不妊の原因になっていると考えられる場合、分娩障害が予測される場合などが手術の対象になります。実際には、年齢、症状の程度、妊娠の希望の有無など、さまざまな条件を考慮して治療の必要性や方法を決めます。
    出典 :子宮筋腫 - goo ヘルスケア
     

    まずは治療が必要なものなのかどうかが問題。殆どは治療が必要ではないようですね。

  • 「様子見」で大丈夫な場合

  •  

    子宮筋腫が発見されたからといって、必ずしも治療が必要とは限りません。症状も全くなく、大きさも10cm以下で妊娠も望んでいない場合、通常は半年~1年に1回超音波検査で大きさの変化を見るだけで済みます。どんどん大きくなっている場合や、急激に大きくなった場合は、途中で手術を勧められることもありますが、閉経までただ定期検査を受けるだけという人も少なくありません。筋腫は女性ホルモンを餌にして大きくなっていくので、閉経までは大きくなる可能性があります。しかし閉経後は大きくなることはなく、むしろ徐々に縮んでいくので、閉経まで持ち越せれば、それ以降治療が必要になることはめったにありません。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/301956/

  • 閉経後は小さくなるので、それまで様子見ってケースもあるそうです。

  • 「薬物療法」

  • 薬物療法では、子宮筋腫がそれほど大きくなく症状も強くない場合、痛みがあれば鎮痛剤、貧血であれば増血剤などの、いわゆる対症療法で治療します。このような対応で不十分な場合には、ホルモン療法を行います。その一つは偽閉経療法です。これは、閉経後は子宮筋腫が縮小していくことから、薬物によって人工的に閉経状態にする治療法です。先ほど子宮筋腫はエストロゲンの分泌によって大きくなると書きましたが、そのエストロゲンの分泌を薬で抑えるのです。そうすると筋腫は縮みますし、生理がとまるので生理に随伴する症状である貧血がやみます。ただしこの治療法の弱点は、骨量低下や更年期症状などの副作用があるため、薬を連用できるのは6ヵ月が限度であること。6ヵ月間は調子がよいが、やめると再び生理が始まり筋腫も元に戻ることです。そのため、この治療で閉経まで逃げ込んだり、手術までの一時的な療法として活用します。
    出典 :子宮筋腫の治療・手術|四谷メディカルキューブ
     

    人工的に閉経状態に・・・そんな治療法もあるそうです。

  •  




     
     「手術」が必要なケースとは?
     

  • 筋腫で治療が必要になるのは、主に次のようなケースです。

    1.過多月経や月経痛の症状がひどい場合
    2.大きさが大きい。またはどんどん大きくなっている場合
    3.大きさが大きく、圧迫による症状がひどい場合
    4.妊娠を望んでいて筋腫が妊娠の妨げ、または流産や早産のリスクになる場合
    出典 :子宮筋腫の治療判断・薬物治療 [子宮筋腫] All About
     

    2~4が当てはまる女性は手術が必要とのこと。

  • 「子宮肉腫」の場合は摘出手術が必要