冬のお出かけも暖かく♪着ぶくれしない防寒対策

イルミネーションにウィンタースポーツ・・・寒い冬もお出かけいっぱい。
冷えと寒さで風邪をひかないように、あたため対策バッチリで冬をエンジョイしましょう♪

view429

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寒い冬でもイベントいっぱい!

  • イルミネーションや

  • 冬の遊びでも・・・

  • 効果的にあたためるポイント

  • 着ぶくれは嫌だけど、冷えて風邪をひかないように

  • 冷え対策には「3つの首」をあたためる

  • 冷え性対策に昔から「3つの首を温めるといい」と言われているのをご存じでしょうか?
    3つの首とは「首・手首・足首」のことです。

    なぜ3つの首を温めると冷え性対策になるかというと、首・手首・足首は体の中でもくびれている部分にあたるので皮膚の近くに大きい血管が通っているからです。

    --------------------------------------------------------------------------------
    体は血液を循環させることで体温を維持していますが、ここの部分を冷やしてしまうと体に流れる血液が冷えてしまうので体も冷えてしまいます。
    しかし逆に温めることで血液が温まり冷えを予防することができるのです。

    出典 :冷え性対策には3つの首を温める | 女性のための冷え性対策法
  • 頭を支える首

     

    最近ではマフラーだけでなく、ネックウォーマーやスヌードも主流に

  • 足首

     

    スカートでもパンツでも、レッグウィーマーをオシャレに重ね履き

  • 手袋

     

    手首までしっかりガードで

  • お腹を温める

  • 「冷え」といえば手足。確かに心臓から遠いところから「冷え」の症状が顕著になってくるわけですが、だからといって手と足だけケアするのではなく、お腹もきちんと温めたいところ。
    冷えることによって、まずは内臓を守るべく血液は腹部に集まりやすくなります。
    つまりお腹が冷えていたら、手足にまでなかなか血が巡ってくれません。それゆえしっかりお腹を温めること。
    出典 :元気通信|特集記事
  • 腹巻

     

    薄手でアウターに響かない、オシャレな腹巻が増えています。腹巻+カイロで!

  • カイロの貼り方

  • 貼るカイロを効果的な場所に

  • カイロはおヘソの下あたり、下腹部に貼りましょう。
    おヘソの下というのは丹田と呼ばれ、精気が集まり気力を充実させるところだと言われています。
    ここを温めることで、交感神経を刺激し、基礎代謝が高めることでダイエット効果もアップします。

    出典 :3/3 冷えを解消!内臓温めダイエット! [定番ダイエット] All About
     

    まずはお腹に

  • カイロを貼るとよいといわれている場所は、肩甲骨の間。
    このあたりには、『風門(ふうもん)』というツボがあるのです。
    このツボ、“風邪(ふうじゃ)の門”が縮まったもので、昔の人は風門を風邪の入り口と考えていたようです
    出典 :【コラム】カイロを使った風邪予防、カンタン温活のススメ【冬の体調管理】 | メルマガ制作・コラム作成は「コトバの、チカラ」
     

    風邪の予防にも貼りたい風門

  • おしりカイロ

  • 仙骨には左右4つずつ穴が開いていて、ここに上から上髎(じょうりょう)次髎(じりょう)中髎(ちゅうりょう)下髎(げりょう)というツボがあります。
    このツボは冷えや婦人科系疾患の時に使うツボで、ここを温めると骨盤内の血流が良くなります。
    また、足に行く血液は骨盤を通っていくので、足の血流も良くなります。

    出典 :寒くなってきたときの必需品 | 身(心)体相談所
  • 新定番!鼻呼吸で冷えを予防

  • 冷え予防の新定番?

  • 冬の間、特に強く意識したいのが口からではなく、鼻から呼吸をすること。

    鼻から空気を吸うと、「副鼻腔」という鼻の周りの空洞にいったん空気が取り込まれてから肺へと入っていくので、冷たい空気がダイレクトに体内に入ることがなく、冷えを予防できます。

    また、鼻から呼吸をすると、鼻の毛や構造がフィルターとなって、風邪やインフルエンザなど、ウイルス系の病気にかかりにくくなるというメリットもあります。
    出典 :一度覚えたら、ひと冬冷え知らずの体!簡単冷え取りテク♪ | crostyle BEAUTY通信 | クロスタイルビューティ
  • しっかり防寒で、あたたかい冬を・・・