睡眠外来ではどんな病気の治療をしているのですか?

最近睡眠外来の病院が増えてきましたが、実際どんな病気の治療をしているのでしょうか?

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠外来とは?

  •  

    まずは定義です。

  • 睡眠外来は、不眠症等の睡眠障害を改善するための治療を行っている睡眠治療の専門の医療機関 です。
    出典 :睡眠の障害は睡眠外来で改善しよう!あなたのかかりつけの睡眠外来の探し方 | iGotit
     

    従来は神経科や心療内科で治療していたのを、睡眠だけに特化したものが睡眠外来だそうです。

  • どんな病気が睡眠外来での治療の対象なのですか?

  • 入眠障害

    布団に入っても中々寝付くことが出来ないというパターンの不眠症です。 この症状に悩まされている不眠症患者は最も多く、「早く眠らないと明日に差し障る」と考えてしまうことで、より深刻な不眠症になってしまうことが多いようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    いろいろ考えると余計に眠れなくなるんですよね。

  • 中途覚醒

    眠りについたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう症状が中途覚醒です。 生活リズムの乱や、飲酒、ストレスが原因となることもあるようです。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    原因は様々あるのですね。

  • 熟眠障害

    充分な時間眠りについているはずなのに、朝起きてみるとどうもすっきりしない。体が疲れたままの状態にある。そんな症状が熟眠障害に分類されます。 日中睡魔に襲われる事が多い人は、実はこの熟眠障害なのかもしれません。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    私もなかなか疲れがとれないので、かかっているのかも。

  • 早朝覚醒

    朝早く目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない症状が、早朝覚醒に該当します。ご年配の方が年をとって早起きになった、というのは良く聞く話ですが、これは加齢と共に睡眠パターンが変化しただけで、早朝覚醒には該当しない場合が多いようです。

    身体は疲れているのに早起きしてしまって、もう一度眠ることが出来ないといった場合は、早朝覚醒を疑ったほうがいいのかもしれません。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    歳をとって早く目が覚めるようになっても、それは早朝覚醒では無いということです。

  • レストレスレッグス(むずむず脚)症候群

    夕方から夜間に脚がむずむずして眠れない、じっとしていられない。
    出典 :スリープ&ストレスクリニック 品川区 大崎駅 睡眠外来 睡眠時無呼吸症候群 心療内科 精神科 ストレス うつ病
     

    最近よく聞くようになりましたね、これは。

  •  

    ずっと気になって眠れないのですよね。

  • 睡眠時無呼吸症候群


    睡眠時無呼吸症候群は 、気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です 。
    症状は激しいイビキや起床時の頭痛 、日中の眠気 、倦怠感などがあります。
    また高血圧や脳卒中 、心筋梗塞などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります 。
    出典 :豊橋メイツ睡眠障害治療クリニック/成人の睡眠時無呼吸障害
     

    これは命にかかわりますから、早急な治療が必要ですね。

  •  

    これにかかっている人はすぐに病院へ行きましょう。

  • 過眠症

    過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態です。
    出典 :過眠症とは|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
     

    ナルコレプシーはこの過眠症の一形態のようです。

  •  

    これもれっきとした病気ですので、居眠りばかりしている人はこの病気を疑ってみましょう。

  • 周期性四肢運動障害

    睡眠中に蹴るような動作を繰り返す
    出典 :スリープ&ストレスクリニック 品川区 大崎駅 睡眠外来 睡眠時無呼吸症候群 心療内科 精神科 ストレス うつ病
     

    これも病気なのですね。

  •  

    朝起きると布団を着ていない方はこれにかかっているのかも。

  • 睡眠外来でやっている主な検査

  • パルスオキシメータ

    睡眠中の体の中の酸素濃度を測定する機械です。酸素濃度の低下の回数より大まかな睡眠中の無呼吸の存在を推定する事が出来ます。


    終夜睡眠ポリグラフ検査 (PSG検査)

    睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーなどの多くの睡眠障害の診断に必要な検査となります。
    体の様々な箇所に電極・センサーを装着して眠って頂く検査です。
    睡眠中の脳波、心電図、筋電図、呼吸状態、血液中の酸素飽和度などが測定できます。尚、各種センサー装着時に痛みを伴うことはほとんどありませんのでご安心ください。 また、小さなお子様でも検査可能です。


    反復睡眠潜時検査(MSLT)、MWT(覚醒維持検査)

    昼間の眠気の強さを測定する為の検査です。
    ナルコレプシーなど過眠症の診断の為に行う検査で通常終夜睡眠ポリグラフ検査の翌日に行います。終夜睡眠ポリグラフ検査と同じ電極を装着した状態で指示された時間帯にお昼寝をしていただきます。
    出典 :豊橋メイツ睡眠障害治療クリニック/睡眠検査について
     

    長い時間かかる検査もあるのですね。