喋れない赤ちゃんとのコミュニケーション「ベビーサイン」のススメ

赤ちゃんの思いをうまく理解することが出来ない…ママやパパならそんな経験、たくさんありますよね。実はそれをちょっと解消できる育児法があるんです。「ベビーサイン」で親子のコミュニケーションを楽しんでみましょう~。

  • MUMMY 更新日:2013/09/10

view756

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ベビーサインって何?

  • まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと、手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションする育児法です。
    出典 :Baby Signsとは? | NPO法人日本ベビーサイン協会
     

    アメリカではじまった育児法です。日本では10年ほど前から知られるようになったそう。

  • しかもとっても簡単です。 あなたの普段の語りかけに手の動き=ベビーサインを添えるだけで、
    赤ちゃんも自分からお手てでおしゃべりできるようになるのです。
    出典 :Baby Signsとは? | NPO法人日本ベビーサイン協会
     

    そう、とっても簡単なのがいいんです!

  • ママやパパにとっても、赤ちゃんが「何で泣いているのか?」や赤ちゃんが 「何をしたら楽しいか」や赤ちゃんが「好きな食べ物は何か」など、 赤ちゃんが考えていること、感じていることを赤ちゃんがするベビーサインを通じて理解することができます。
    出典 :ベビーサインとは | ベビーサイン辞書
     

    赤ちゃんの「何」がわかるようになるのが最大のメリット。ママも育児が楽しくなるのはもちろんのこと、パパも育児参加がしやすくなりますね~。

  • ベビーサインはいつからはじめるべき?

  • ベビーサインはいつから始めても基本的に問題はありません。
    出典 :ベビーサインはいつから始めるの? | ベビーサイン辞書
     

    新生児の頃からはじめる人もいるとか…。

  • 研究者の意見には多少の違いがありますが、6ヶ月から9ヶ月のあいだに始めるのがよいという意見が多いです。6ヶ月を過ぎて手や指の動きを充分にコントロールできるようにならないと、赤ちゃん自身がサインを返せないという理由です。
    出典 :Q&A | NPO法人日本ベビーサイン協会
     

    確かに半年を過ぎると、手で細かいことができるようになってきますよね。

  • ベビーサインはどうやって赤ちゃんに教えるの?

  • ベビーサインを赤ちゃんに教える時に一番大切なの事は、 サイン(動作)と一緒にそのサインの意味を教える人が声に出すことです。 例えば「おっぱい」というベビーサインを赤ちゃん教える場合、 牛の乳を搾るサイン(動作)をしながら、ママは声で「おっぱい」と赤ちゃんにサイン(動作)と声を一緒に教えます。 そうすることで、赤ちゃんはより興味を持ってママのするサイン(動作)を見てくれます。
    出典 :ベビーサインの教え方 | ベビーサイン辞書
     

    ママが声を出しつつサイン!これを赤ちゃんが覚えるまで根気よく続けることがポイントです。

  • 基本のベビーサインの例

  • おっぱい

     

    おっぱいのベビーサインの手の動きは牛の乳を搾るように手をグーパーして絞り下ろします。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/01.html

    一番最初に覚えさせるのにぴったりですね!

  • ねんね・眠い

     

    両手を合わせて頬の下にくっつけます。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/17.html

  • おむつ

     

    下腹部を両手でポンポンとたたく動作です。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/10.html

  • だっこ

     

    両手を前に突き出す。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/18.html

    うひゃーかわいい!

  • もっと(足りない)

     

    両手の指先を軽く閉じたまま、トントンと触れ合わせます。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/06.html

    おっぱいとあわせて覚えさせたいですね~。

  • あつい

     

    手をひっこめる。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/08.html

    不快な感情は伝えてくれると助かりますね。

  • 冷たい・寒い

     

    握った両手を肩の高さで小刻みに震わせます。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/09.html

  • 痛い

     

    両手の人差し指の先をツンツンと合わせる。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/15.html

    これもわかるとママはだいぶ助かるんじゃないでしょうか。

  • おいしい

     

    片手で頬を2、3回軽くたたきます。

    出典:http://babysigns.op-gt.com/dictionary/04.html

    離乳食をはじめて、このサインをしてくれたらママはとっても嬉しい♪

  • こんなにたくさんの動作、親が覚えられないんですけど…

  • ベビーサインは基本動作に忠実である必要はありません。 要は、親子で通じるサインであれば何でも良いのです。 だから、ベビーサインの種類は赤ちゃんの数だけあると言っても過言ではありません。
    出典 :ベビーサインの種類 | ベビーサイン辞書
     

    なるほど!親子でわかりやすくてやりやすいサインを作れるといいですね♪