避妊具アリでも危険!「梅毒」症状と検査まとめ

梅毒というと昔の病気の代名詞のようですが実は未だに存在します。そして感染力がとても高いのが特徴です。妊娠中にかかると赤ちゃんにも影響が出るため必ず調べておきたい検査です。症状と検査まとめました。

view5536

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦さんも調べますが

  • 妊娠中に母体が梅毒に感染していると、赤ちゃんが先天性梅毒になる危険性がありますが、最近は妊娠初期に行う採血で必ず梅毒の感染の有無を調べるため、先天性梅毒もほとんどみることはなくなりました。
    出典 :梅毒の症状、原因、治療法 [感染症] All About
     

    妊娠初期に調べるのですから、妊娠前に感染していた場合は危険です。

  • 症状は四段階にわかれています

  • まず、梅毒に感染してもすぐに症状があらわれるわけではなく、3週間ほど潜伏期間があります。ですので、感染してから3週間ほど経つと梅毒の症状があらわれてくるんです。
    出典 :簡単にわかる梅毒の症状の調べ方について
     


    潜伏期間は知らなかった!

  • ■ 第1期
    感染から約3週間後に、原因となるTreponema pallidum subspecies pallidum(以下T.p.)が侵入した局所に、小豆大~そら豆大の軟骨のようにコリコリしたしこりが出現します。これを初期硬結と言います。初期硬結はだんだん周囲に広がって硬くなり、中心に潰瘍ができて「硬性下疳(こうせいげかん)」と呼ばれるできものになります。いずれも痛みなどの自覚症状はありません。男性では陰茎、女性では小陰唇や大陰唇に発生することがほとんどです。

    しこりができてしばらくすると、足の付け根のリンパ節が腫れてきますが、押さえても痛みがないのが特徴です。

    これらの症状は放置しても2~3週間で自然に消えて、約3ヵ月後に第2期の症状が出るまで無症状となります。そのため、全く無症状で梅毒に感染した状態を保っている時期が存在することになります。
    出典 :梅毒の症状、原因、治療法 [感染症] All About
     

    えー、無症状となってしまったらわかりにくい…

  • ■ 第2期
    T.p.が血液に乗って全身にばら撒かれた状態。感染から約3ヵ月後に、様々な性状の発疹が全身に出現します。
    出典 :梅毒の症状、原因、治療法 [感染症] All About
  • 発疹が手や足とかに

     

    出ています。

  • ↑ これでもグロくない画像を探したんですけどね。。。

    梅毒で検索すると「なんじゃこりゃああ!」なエグイ画像が沢山…

    コレが梅毒の現実です。

  • ■ 第3期
    感染から3年以上経って、皮下にゴム状の腫瘍ができてくることがあります。現在、第3期梅毒はほとんど見ることはありません。
    出典 :梅毒の症状、原因、治療法 [感染症] All About
     


    薬による治療のおかげでココまで来ることはまれです。

  • 梅毒に感染してから3年~10年くらいの状態のことを「第3期」といいます。昔は治療方法が確立していなかったので、ここまで病気が進行していたそうですが、近年では抗生物質の発達のおかげで、ここまで症状が進行することは稀だそうです。
    出典 :簡単にわかる梅毒の症状の調べ方について
  • ■ 第4期
    梅毒による血管の炎症や神経の障害による進行性の麻痺などが現れます。第4期梅毒も、現在ではほとんど見ることはありません。
    出典 :梅毒の症状、原因、治療法 [感染症] All About
  • 心臓、血管、神経、目などに重い障害が現れ、最後には死に至ります。
    出典 :梅毒感染@梅毒の症状はココをチェック!
  • 梅毒の原因は?

  • 性行為には

     

    必ず使いたい避妊具。

    しかし梅毒はそれすらも…

  • 梅毒の感染ルートは大きく分けて3つあります。

    性行為感染、母子感染、血液感染の3つのルートです。

    HIVの場合と同じようにも見えますが、梅毒の方が感染力はとても強いです。

    コンドームの使用でHIV感染はかなり防げるのに対して、梅毒はコンドームを使用しても感染を防げないケースがあります。
    HIVはキスでは感染しませんが、梅毒はキスで感染することがあります。

    梅毒はたった1回の性行為やその類似の行為(オーラルセックスなど)でも感染します。
    梅毒は1回の性行為で感染する確率は30%もあるといわれ、HIVに比べてケタ違いに高い感染率です。

    梅毒は感染すると発症と潜伏を繰り返し、早期に見つけて治療を行えば完治します。
    ただし、発見が遅れて重症化すると治療に要する期間が長くなり、症状も重くて大変です。

    あなたに梅毒感染の心当たり、初期症状らしい自覚症状があれば医療機関で検査することをオススメします。
    出典 :梅毒感染@梅毒の症状はココをチェック!
     


    避妊具をつけてもダメだし、

    オーラルセックスも危ないの!?

  • 梅毒の予防法は?

  • コンドームを毎回初めから正しく使うことが最も有効な予防法です。

    梅毒に感染しているとHIVへの感染率が高くなり、またHIVに感染している人は梅毒にもかかりやすいため、どちらかへの感染が確認されたら必ずもう片方の検査もしておいた方がベターです。
    出典 :梅毒の症状、原因、治療法 [感染症] All About
     

    コンドームが予防法とされていますが、絶対ではありません。

  • 梅毒の検査方法

  • なんか手足に発疹が…性器にも出てる…

    自覚症状のある方は是非とも検査しましょう。

    パートナーが居たら感染しますよ!

  • 【COOL★SHOP】「結果が早く 病院に行かない 性病検査キット」を紹介します。⇒ http://t.co/99RVkeRkzA #淋病 #クラミジア #梅毒 #カンジダ #トリコモナス
     

    性病検査キット。

  • 自分でできる性病検査「宅配ドクター」性感染症検査キットの ご紹介です。 エイズ・梅毒・クラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナス・子宮けいがん検査が誰にも知られず自宅でできちゃうんです。 http://t.co/In7JUMXXGl
     

    HIVが入っているのはポイント高い。

  • 自宅でできる性病検査 エイズ・HIV、梅毒、B・C型肝炎採血の仕方 - YouTube

     

    性病検査は病院で受けるもの…と思っていましたが、

    最近では三人に1人が自宅で採血キットを使って行っているそうです。

  • 梅毒の治療

  • 治療:ペニシリンはTpの細胞壁の合成阻害により殺菌的に作用し、 いまだに耐性の報告もないため、 第1選択薬剤である。現在ベンジルペニシリンベンザチンは顆粒のみ発売されているため、 アモキシシリン(AMPC)やアンピシリン(ABPC)などのペニシリン製剤等も用いられている。有効血中濃度を0.03U/ml以上に少なくとも10日間維持する必要があると言われている。ペニシリンアレルギーがある場合には、 テトラサイクリンやマクロライド系の抗菌薬を使用する。内服期間は、 I期では2~4週間、 II期では4~8週間で十分である。しかしIII期では8~12週間を要する場合がある。なお、 キノロン系抗菌薬には感受性がない。

    治療開始後数時間で大量のTpが破壊されるため、 皮疹の増悪、 発熱、 悪寒、 全身倦怠感や頭痛などの症状を呈することがある。これはヘルクスハイマー現象と呼ばれ、 一過性である。



    治癒判定:治療によってTpは殺されるが、 梅毒血清反応における抗カルジオリピン抗体の完全な陰性化は起こらないか、 起こるとしても長期間を要する。治療効果判定にはSTSの抗体価を定期的に観察し、 抗体価の絶対値ではなく、 減少傾向があるかどうかをみることが重要である。病期に応じた十分な治療を行った後は、 一般に臨床症状の持続や再発がないことと、 STSを数カ月おきに検査して、 定量値が8倍以下に低下することを確認し、 治癒と判定する。治療後6カ月経過しても16倍以上を示す時は治療が不十分であるか、 再感染であると考えられるので再治療を行う。またHIV陽性者でもSTS値の低下が不十分なことがある。

    国立感染症研究所・ハンセン病研究センター 石井則久
    伊東皮フ科クリニック 伊東文行
    出典 :dj2661.html
     


  • 絶対!ではありませんが、

    コンドームは非常に有効な予防手段です。

    性行為には避妊具を必ずつけましょう。

    生? ダメ、絶対!