あなたは大丈夫???気になるアルコール依存症の症状まとめ☆☆

アルコールが大好きだけどもしかしたら依存症???と考えてる人におすすめの情報をまとめてみました!!
自分の周囲の気になる人の事もチェックしてみてください!!

view309

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルコール依存症とは???

  • アルコールは、依存性薬物の一種である。依存性とは、薬物を摂取することによって様々な問題が出ているにもかかわらず、その薬物を止めることができなくなる性質のことである。麻薬、覚醒剤、シンナー、マリファナ、コカイン、睡眠薬、抗不安薬、鎮痛剤などにも、依存性がある。
     アルコール依存症は、アルコールの持つ依存性によって発病する。耐性、飲酒行動の異常、離脱症状が、主な特徴である。
    出典 :【森岡クリニック】第1章 アルコール依存症とはどんな病気か
     

    アルコールにも依存性があるので注意が必要です!!

  • どんな症状が出てくるの???

  • 渇望と飲酒行動

     

    本来、飲酒してはならないような状況でも感じることがあるような強い飲酒欲求を「飲酒渇望」と呼ぶ!!

  • 飲酒行動は「コントロール障害」と表現されます。飲み始めの時のつもりより、時間的に長く飲んでしまう、量を多く飲んでしまう、などが頻繁に認められます。コントロール障害の典型は連続飲酒です。
    コントロール障害の最も大切なポイントは、長期に断酒していても、再飲酒すればほどなくコントロールできなくなってしまうことです。これは再発準備性とも呼ばれ、依存症の最も重要な特性のひとつです。
    出典 :アルコール依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 離脱症状

     

    離脱症状は、古くは禁断症状と呼ばれ、中枢神経がアルコールに依存している証拠とされている!!

  • 通常、血中アルコールの濃度がゼロになる前から症状が現れます。 表2のように、軽~中等度の症状では自律神経症状や精神症状などがみられます。重症になると禁酒1日以内に離脱けいれん発作や、禁酒後2~3日以内に振戦せん妄がみられることがあります。前者は入院患者さんの約10%に、後者は約30%に既往が認められます。
    出典 :アルコール依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 主な離脱症状!!

     

    重症な症状が出てきていたら要注意です!!

  • 自分で簡単に出来るチェックがあるので調べてみるのもおすすめです!!

  • 男女差や年齢差で症状が違うのがアルコール依存症の特徴です!!

  • アルコール依存症は、性・年齢により症状等に差が認められます。まず、一般に若年アルコール依存症では、精神医学的合併症の有病率が高く、アルコール依存症の早期発症の原因のひとつになっています。高齢者の場合には、肝障害、脳血管障害などの身体合併症や、認知症などを伴っていることが多くみられます。 一方、アルコール依存症は男女でも差がみられます。体重あたり同量飲酒しても、女性の肝障害が重症化しやすいことはよく知られています。また後述するように、男性に比べて女性の方が短期間でアルコール依存症に発展する傾向があります。
    出典 :アルコール依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • どんな人があるコール依存症になりやすいのか???


  • アルコール依存症になりやすい人の特徴は、「飲んでも顔などが赤くならず、二日酔いしにくい人」「酔うと気分がよくなる人」などがあります。つまり、アルコールに強く飲酒を好む人のほうが依存症になりやすいのです。
    出典 :どんな人が依存症になりやすいか@アルコール依存症の症状と治療方法
     

    周りにも気付かれにくいかも!!

  • 逆に、飲みすぎるとすぐに気分が悪くなったり吐いたりしてしまう人や、酔って気分が悪くなったり暴れてしまったりしたときのことをよく覚えている人などは、アルコール依存症にはなりにくいといわれています。
    出典 :どんな人が依存症になりやすいか@アルコール依存症の症状と治療方法
     

    これでは依存症にはなれません・・・

  • 困ったら医師に相談するなどしてアルコール依存症を改善しましょう!!