目指せ!美肌で美人になる方法

やはり美人に美肌はつきものです。美肌を手に入れれば、美人になれるのです!

view269

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビ・シミといった肌トラブルで悩んでいる時は、まず栄養バランスがとれた食生活をしているかどうか、食事バランスを確認しましょう。

    ビタミン・ミネラルは身体の代謝に必要な物質にも関らず、体内では合成できません。
    つまり、食事などで摂る事が必要不可欠な栄養素なのです。

    特に、肌と深く関係している栄養素はビタミンA、B,C,E、鉄、亜鉛です。

    出典 :肌に大切なビタミン&ミネラル
     

    美肌はバランスの良い食事から。

  • 規則正しい睡眠習慣の人なら、眠ってから3時間から4時間後に最も皮膚の細胞分裂が盛んになります。

    トータルでも細胞分裂に要する時間は6時間と言われています。
    就寝時間がバラバラだと、体はリズムを作れず細胞分裂もスムーズに行われなくなるので、その微調整の時間も考えると7時間睡眠が最良といえるでしょう。

    出典 :美肌再生時間
     

    肌の再生時間も考えましょう。

  • 成人の望ましい睡眠時間は7時間だそうです。
    アメリカ・日本で約110万人の人を調査したところ、健康被害が少ないのは7時間寝ている人なんだそう。その他、以下の美容面からみても7時間睡眠は信頼出来る数字です。

    出典 :美肌再生時間
     

    7時間睡眠が良いみたいですよ。

  • 睡眠

     

    高級な美肌コスメを使っているのに、たった1日の睡眠不足でお肌は荒れしてしまうのです!

  • そばかす

    小さな点状のシミが鼻を中心に左右対称に広がる。
    多くは遺伝のため、親、祖父母などの家族にそばかすがある場合は、美白化粧品などの効果があまりありません。
    思い切って皮膚科の治療や、レーザー治療などを受けた方が早いでしょう。
    出典 :シミの種類と特徴・原因
     

    そばかすは、上手に見せれば可愛いですけどね。

  • 発疹後色素沈着

    肌荒れが治ったあとに出来るしみ。
    肌荒れを繰り返さなければ、だんだんうすくなります。
    美白スキンケアで対処可能です。

    出典 :シミの種類と特徴・原因
     

    肌荒れを繰り返さないように日頃のケアをしましょう。

  • 炎症性色素沈着(摩擦・こする沈着)

    かゆみや赤い炎症を起こした部分に出来るシミ。
    かぶれ、ニキビ、やけど、かみそり負けなど、化粧品や日常でふれたりするタオルやブラシ、枕などでも、長期間肌を強くこする事で生じます。
    早く取り去りたいなら、ピーリングなどを皮膚科でしてもらうのが安心確実です。
    初期段階のシミなら自力で美白ケアをしましょう。
    もちろん日焼けには気をつけて…。
    出典 :シミの種類と特徴・原因
     

    美肌にゴシゴシは厳禁です。

  • 老人性色素斑

    境目がはっきりした円形のシミ。だんだん色素が濃くなる。
    老人という単語に、つい自分とは関係ないと思ってしまいがちですが、
    実はシミで悩む人の大半がこの老人性色素斑だとか。20代から30代で悩み始めるひとが多いそうです。
    日焼けや生活習慣によるものが大きいので、美白化粧品などで初期段階のものは解消できます。
    何にせよ、気をつけていればそれだけの効果があるので作らないようにする事が肝心です。

    出典 :シミの種類と特徴・原因
     

    初期の対策を心がけましょう。

  • 私達に出来る美白成分チェックは化粧品の裏書きを読むこと!
    これしかありません。
    以下で紹介する美白成分は、
    厚生労働省が認可した、医薬部外品として認めた効果のある美白成分です。
    出典 :シミ・美白が気になる人の基本プラン
     

    最近も化粧品会社の怖い実例がありましたね。しっかり自己責任で裏書はチェックしましょうね。

  • 紫外線を防止しよう

     

    日焼け止めクリームなどを基本に、その他の日焼け防止アイテムも利用して下さい。外出中もこまめに日焼け止めを付け直したり、ファンデーションを付け直すだけでも日焼け防止効果があります。

  • 刺激を与えないお手入れと、生活を目指してください。
    ゴシゴシと皮膚をこするように洗顔したり、タオルで拭いたり、マッサージをしたり、汚い枕で寝ていたり・・・
    これらの行動はすべてシミの原因です。
    気が付かないで習慣化している場合が多いので、まずは自分の生活スタイルを見直してください。
    洗顔用のタオルと枕を肌に優しいオーガニック・コットンやシルク100%の製品にかえるだけでも肌へのストレスは軽減されます。

    出典 :シミ・美白が気になる人の基本プラン
     

    肌に刺激を与えるのはやめましょう。

  • 乾燥は全ての肌トラブルの原因となります。
    メラニンの生成を抑えるためにも、うるおいでガードされた強い角質層を作りましょう。
    角質層が乾いてしまうと、バリア機能が弱くなりシミを作りやすくなります。

    化粧水で水分を満たし、うるおいを保持出来る美容液やクリームで、しっとり肌をずうっとキープできるように心がけましょう。

    出典 :シミ・美白が気になる人の基本プラン
     

    乾燥は大敵です。

  • 肌のターンオーバーが正常でないため、小さな毛穴周辺の角質が厚くなってきます。
    すると皮脂は出口を失い詰まってきます。
    溜まった皮脂(コメド)は毛穴に押し込まれやがて膨れ上がってきます。
    この時点で気付く人はまれだが、ニキビが出来やすい時期や、行動パターンをとってしまったら、注意深く、出来やすい場所をケアします。
    この段階で危機感を持って対処していると、悪化を防げます。

    【対策】
    ・正しい洗顔~洗顔料が自分にあっているものか見直しも必要。
    ・ニキビ用化粧品を使うと治りも早い。
    ・ピーリング成分の入った石鹸を日常的に使うと、かなり改善される。
    出典 :ニキビの種類と対策
     

    ニキビの悩みのある人は、ちょっと試してみてください。

  • 乾燥して角質の水分が失われた状態は、小じわ・ちりめんじわを作る原因となります。
    この現象は歳を重ねた人だけでなく、小学生などの子供にも見られる現象で、
    冬場から夏へ、また、うるおいが肌に戻るようになると、自然と消えてゆくものです。
    もちろん、若くもないのにケアを怠ってしまえば、もとに戻る事はないでしょう。

    出典 :しわの原因
     

    乾燥はしわの原因となります。

  • 口元のしわやたるみは虫歯や歯の噛み合せが影響しているケースがあります。
    なので、歯の健康だけはなく、お肌のためにも歯科診療は大切です。

    しかし、美容・審美専門の歯科医院はおすすめしません。

    表面的なところは、綺麗に見える様にしてくれますが、歯は土台が重要なので表面的な治療は後々、後悔します。

    出典 :口元のしわ・たるみ対策-良い歯科医の見つけ方
     

    口元のシワは歯が影響している場合もあります。

  • 紫外線は肌の乾燥を引き起こすもとです。
    さらに、皮膚表面の乾燥が著しくなり、紫外線の刺激を受けると、その影響は真皮層にまで達します。
    紫外線は真皮にあるコラーゲン線維を固くする作用があります。
    又、コラーゲンを分解する酵素に作用するため、コラーゲンが減少してしまうのです。
    真皮の成分である、ネット状に張りめぐらされたコラーゲン・エラスチン線維は切れ切れになってしまい、真皮に凹凸や溝が出来た部分から崩れて、結果的にたるみとなってあらわれます。

    出典 :たるみの原因
     

    紫外線はたるみの原因にもなります。