妊娠中毒症 後遺症は生涯続く可能性も・・・!

妊娠中毒症 後遺症はあるのか?
あるとしたらどんなもの?
いつまで続くの?

妊婦さんじゃなくても、
女性なら気になりますよね・・・。
実際どうなのか、まとめてみました。

view2066

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは

  • 高血圧、尿タンパク、むくみ(浮腫)のうちの1つ、もしくは2つ以上の症状が見られ、それが妊娠前から持っている症状でないものを妊娠中毒症といいました。しかし現在では産婦人科学会により名前も妊娠高血圧症候群に改められ、むくみは項目から外されています。むくみは妊婦さんの約30%に見られすぐ妊娠中毒症に結びつけるのが間違いだとされたからです。しかし定義から外されたことを危険に思う専門家も多いようです。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
  •  




     妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の“後遺症”

  • 後遺症

    高血圧の家系、高齢出産、重い妊娠中毒症だった人の中には出産後も高血圧が続いたりタンパクが漏れたりすることがあります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
     

    遺伝も関係してるんですね~。

  • 妊娠高血圧症候群の大部分は、分娩をしたあと12週間くらいで、高血圧の症状はおさまり、原因が妊娠によるものですから、胎児害ないことになると、それだけで原因がなくなりますから、出産後の回復は早いとされています。しかし、一時的とは言え、高血圧の症状になったわけですから、あとに引く事もあり、一部の妊娠高血圧症候群の方は、尿に蛋白が混じっていたり、高血圧の状態が治らない事もあります。それが数ヶ月から1年以上続く場合も見られ、これらのことを妊娠高血圧症候群の後遺症と呼びます。
    出典 :妊娠高血圧症候群の後遺症
     

    1年も続く可能性が・・・。

  • 出産後、後遺症として子宮の上に横20センチ、縦7センチ、深さ8センチほどもある大きい大きい血腫(血の固まり)ができてしまいました。中毒症の人は血腫が出来やすいけれど、ここまで大きい人は珍しいそうです。外見は内出血のようにどす黒いのですが、一時はおへその下の部分が全部真っ黒に見えるほど大きく、触ってみると岩のように固く、感覚がありません。退院後、日常生活で若干無理をして動いてしまったことで血腫がさらに大きくなってしまい、後日分娩室に連行されて部分麻酔をかけ、血液を抜きました(ToT) 。血腫が蓄えていた血液はその時点で約1リットル。そのせいで医師によれば「男性だったらまっすぐ立っていられないほどの数値」というものすごい貧血にもなりました。おかげさまで現在(2003.4)血腫はかなり小さくなりましたが、触ると固く、やはり感覚はありません(半年くらいで体内に吸収されてなくなるそうです)。
    出典 :コワイコワイ妊娠中毒症のおはなし。
     

    血腫ができちゃう人も。物凄い貧血になったみたいですね・・・大変です。

  •  

    赤ちゃんへの影響としては、妊娠の途中でへその緒からの血液の供給が不十分になって酸欠状態で産まれてきたり、非常に早い時期に緊急帝王切開になったために未熟な状態で産まれてきたりした場合は、その後も何らかの後遺症を残してしまうことがあります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/301930/

  • 赤ちゃんへも影響が。注意しないといけませんね。

  • 生活習慣病の高血圧になりやすい

     

    妊娠中に重症化した場合には、産後も高血圧や尿タンパクが続くことがあります。入院が長引いたり、外来に通いながら経過を見たりしていきます。通常、遅くても産後2ヶ月くらいで完治しますが、それ以上続く場合は内科的治療が必要になってきます。また次の妊娠でも妊娠高血圧症候群を発症する可能性が高くなるというリスクも。さらに将来、生活習慣稜の高血圧になりやすいともいわれているのです。

    引用)http://kyapobaby.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

  • 次の妊娠でも・・・それはちょっと困りますね。

  • 低出生体重児で生まれたり、将来、生活習慣病になりやすい

     

    妊娠高血圧症候群は赤ちゃんに栄養や酸素が届きづらくなってしまう病気なので、早産で抵出生体重児で生まれる可能性が高くなります。その場合NICUへ入ったり、入院生活が長引いたりすることが。また将来、メタボリック症候群や生活習慣病にもなりやすいといわれています。さらに、女の子の場合、その子が妊娠した際に妊娠高血圧症候群を発症する確率も高くなります。

    引用)http://kyapobaby.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

  • 自分だけじゃなく、子供、孫の世代まで影響を与える可能性があることを理解しておく必要がありますね。

  • 後遺症に苦しまないよう、妊娠高血圧症候群にならないよう注意が必要です。

  •  

    「妊娠高血圧症候群」の症状・程度にもよると思いますが、お医者様の行った処置をお伺いしました。一番多かったのは、「食事療法」(55%)。一番簡単なようで、毎食続けるのは難しいもの。食事の回数を減らさず、間食を避けて、減塩・高タンパクのものを食べるよう指示を受けるようです。次に多かったのは「自宅安静」(20%)。疲労やストレスを避け、症状の悪化を抑えるためのようです。3番目に多かったのが「管理入院」(9%)。自宅安静が難しい重度の場合に、指示されるようです。そして「薬を服用した」(8%)、特になし8(%)、血圧を下げる薬(6%)と続きました。

    引用)http://www.combibaby.com/c/980/

  • なってしまった場合の基本的な治療は「食事療法」
    つまり、普段の食生活をきちんとしていれば、
    防ぐことが可能な病気でもあるようです。